電話一本でwimax2+室内の電波が改善!屋内の圏外対策はアンテナ位置で

wimax2+ の「W02」を自宅の室内で「固定回線」として使っているが、電波が安定しない!(もちろん東京の23区なのでサービスエリア内)

圏外になったりアンテナが1本になったり。。。

結論から言うと、
基地局(アンテナ)の「場所と距離」を電話で教えてもらったら改善したのでその方法。

wimax2+ W02

いろいろな圏外対策をするが改善しない


色々調べた改善対策方法は以下だが、どれも「決定打」とはいかなかった。

  • アンテナを自作(なぜかあまり変わらないしインテリア的にもダメ)
  • 本体の置き方を「窓際・高い位置・さえぎる建物がない場所」へ
  • 本体は覆わない
  • 設定画面からWiFiチャンネルをAUTO以外にする

コレで改善した!


以下の情報をつかんだ。

  • 電波を送っている基地局(アンテナ)と、wimax本体の距離は近い方がよい。
  • 電波が届く線上に、建物などのさえぎるものを無くす。
  • 基地局(アンテナ)の方向の窓際に本体を置けば改善する。

しかし、

WiMAXでは「基地局の場所」を公表していない。

アンテナの場所を独自に調べているサイトもあるが、もちろん、公式の情報ではない。

しかも、古い情報だとアンテナが撤去されている場合もある。

契約時ではなくても教えてもらえる


wimax契約時に「自分の家からどの方角に基地局があるのか?」は教えてもらえる。

自分は契約時にそんなこと聞かなかったので、あきらめかけた。

しかし、ダメもとで契約のプロバイダへ電話。

「圏外になることも多いから基地局の場所を教えてほしい」

すんなりOK。

ただ、
「数日かかるので、後日折り返します」とのこと。


後日、教えてもらった情報は以下。

自宅から基地局の位置と距離。

自宅から西へ300m
自宅から東へ300m
自宅から南西へ400m

近いところから3つ、距離まで教えてくれた。

そして、この基地局は「WiMAXとWiMAX2+両方兼ねている」とも。

「ところで、300mという距離は、近いほうなの?遠い方なの?」
と、聞くと、

「そこまでWiMAXに聞いていないので分からない」と。

 ※距離のこと調べたら以下のよう(持ち運びできるタイプのルーターの場合)
  • アンテナの通信可能な距離は1km~3km(規格上)
  • 人口の多い地域は、上記より密集させている(おおよそ750mでひとつの間隔)


なんだ!けっこう近いじゃないか。。。

ということで、
自宅2階の「南西」の、なるべく高い窓際に本体を置いた。

電波が改善した


結果、見事に良くなった。

こんな事ならもっと早くやるべきだったな。。。

みなさんも、ぜひ試してみて下さいな。


タグ /

先頭へ戻る