ホーム » お年寄りの骨折

タグ「お年寄りの骨折」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

「お年寄り・老人の骨折」と「若い人の骨折」の違い

あなたは骨折したことありますか?


いきなり変な質問だが、
おそらく死ぬまで一生、骨折なんて無縁のままの人も多いかと思う。


ところが、やる人は1年に2回3回と骨折している。


本人に聞くと、
「厄年だから」
「おっちょこちょいだから」
なんて言うが、
治療にはかなりの日数を要する。


骨折をしたことのない人は、
1カ月くらいで完治するんじゃないか?と考えているようだが、
とんでもない。


1か月なんて、やっとギプスが外れたころで、
部位によっては、まだキプスをしているなんてこともざら。


老人ともなればもっとかかる。


ギプスを外す時期は若い人とそんなに変わらないが、
その後のリハビリが時間がかかる。


高齢者の骨折は意外に多く年々増加している。


整形外科に骨折で通っているお年寄りは
もしかしたら若い人よりも多いかもしれない。


骨自体がもろくなっていることもあるし、
年を取ってくると、歩くときに足が上がらないため
つまずきやすくなるのも要因のひとつ。


子供や若い人は、まだ身体に柔軟性があるので
転倒しても骨折までいかないことも多い。


一方、高齢者は骨はもろくなっているし、
身体や関節も柔軟性が無くなっているため、
ちょっと転んだだけでも骨折してしまうことが多い。


骨のつきも、再生力が落ちているので
若い人に比べれば遅くなるもの。


先頭へ戻る