ホーム » 夫婦仲

タグ「夫婦仲」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

夫婦仲を良くするコツは夫婦喧嘩を利用すること

夫婦仲を良くするコツはあるのでしょうか?
夫婦の問題は、わたしの知り合いからも良く聞きます。



「とにかく性格が合わない。考えが真逆なので、なにかあるとすぐ喧嘩になる」

「気遣いがまったくない。ただの同居人」

「金使いが荒すぎる。あれじゃ、いくらあっても足りなくなるよ」


とにかく出るわ出るわ・・・

あなたも、相手には不満がいっぱいですか?

あまりにたまってしまい大爆発すると、「離婚」ということにもなりかねません。

ちょこちょこガス抜きしないと大変なことになってしまいます。相手の機嫌のいい時にでも「私は、僕はこう思うんだけど」と、「気遣いながら」言ってみてはどうでしょうか?
もちろん「わかった。早速なおそう」なんて事にはならないでしょうが、「いちおうこういう風に思っている」ということは相手に伝わります。



それだけでも、少し気持ちが落ち着きませんか?



「イヤイヤ、うちはそんなこと言おうもんなら大ケンカだ」という方もいるでしょう。

では、ここはひとつ、「少しだけ努力」をしてみませんか?



たとえばこう言うことです。



縁あって夫婦となったわけですから、ひとつくらいは「共通の趣味」あるいは「好きなこと」「興味あること」があるはずです。
夫婦というのは「2人である事に向かっている時」は波長があってくるものです。イヤ、合わせようとすると言った方が正しいかもしれません。



知人に、リストラから自宅で自営業をはじめた方がいます。

この夫婦、とにかく喧嘩ばかりしていまして、「なんで結婚したの?」と何度も聞いたことがあるくらいです。
憎しみ合いながら(笑)生活しているように見えていました。

ところがある日、夫がリストラされてしまいました。
大ピンチです。

はじめはののしりあっていた2人も、「こんなことしてる場合じゃない」と気付いたようです。
背水の陣で個人事業をはじめたのです(サイトを作成したり、iPhoneアプリを作成する会社のようです)
もちろん社員は奥さん一人です。

こうなったら隠し事など出来ませんし、喧嘩ばかりしている場合ではありません。とにかく生活費を稼がないといけないのです。
とにかく必死です。



しばらくたった頃、お宅にお邪魔しましたら、以前とは雰囲気が変わっていました。もちろん夫婦間の。
2人に聞くと、色々なヒントが聞かれました。
「ためて爆発ではなく、小さな喧嘩をチョコチョコしていく事で、かえって相手の考えが分かってきた。」
「生活していくのに必死だったから、逆にお互いが一つの方向を向けた」
「相手がいないと仕事にならない状態だし、逆に、取引先やお客様から相手(妻や夫)のことを褒められるので、自然と相手をみとめるようになった」


ということでした。

まあ、この夫婦はちょっと極端かもしれませんが、ヒントはたくさんあるかと思います。

夫婦けんかは、決してマイナスばかりでなないのですね。



■小さなガス抜きをちょこちょこしていく事で、大爆発しないで済む。
■なんでもいいので共通点を見つけ、なるべく同じ方向を向く時間を長くする。
■妻が、夫が「何を考えているのか分かる」事で、冷静に話し合うことができる。
■奥さんの長所、才能をあえて見ていく。旦那さんにも同じく。




うまく夫婦喧嘩を利用していきたいものですね。




夫婦関係を良くする方法 | 4つのよくある間違い【夫】編

「夫婦仲を新婚時代のラブラブへ戻したい!」と、悩んでいるあなた。
今回は「男性、夫」へ向けての、
「夫婦関係をラブラブにするための修復・改善方法」と「4つのよくある間違い」です。

効果は強力です!が、ハンパな気持では読まないで下さいね(笑)
「本当に改善修復したい!」という方だけお読み下さい^ ^



さて、
だれにも新婚時代はあったわけです。

「これがバラ色って事か~」と、ラブラブの毎日がありました。。。。

やがて結婚して毎日毎日一緒に生活していくと、あの頃の新鮮な感覚はどこかへ消え失せ、ただの同居人に。

「別に”こいつ”じゃなくたってよかったんだ」
「もう一回結婚するとしたら、この女みたいな性格は絶対やめよう」
「またこの話かよ!ったく・・・」
「細かい事いちいちうるせ~よ」
「あの娘(元カノ)どうしてるかな・・・久しぶりに会いたいなぁ~ムフフ」


・・・なーんて、昔の彼女のことまで考えが及んでくるわけです。

その子は、たぶんあなたの事は忘れてる・・・・・



まあ、とにかく、現実問題として、今の夫婦関係を修復しないといけないわけです。
男ですから、色々な物をしょっていますからね。

仕事での立場や、子供の事などなど・・・・我慢も多いです。
男もつらいのです。

そのために、「夫が間違いやすい夫婦仲の改善方法」です。

おそらく、あなたもやってしまっている。。。


■多くの男性が間違っている、夫婦仲の修復・改善方法


1:会話に結論はいらない。「聞いてくれる」という安心感


会話は、夫婦関係の基礎を築きます。
基本的に夫(男性)は「理論的に」会話を進めていくものです。
一方、妻(女性)は、「感情で」話をします。

だからスレ違いも起きやすく、その反面、気付きもあります。

夫婦関係が冷え切っているときは、
「露骨にイヤな態度」
「嫌味にしか聞こえない」
などの会話になりがちです。

ここで大切なのは、妻に
「話を聞いてくれている」
「気持ちをわかってくれた」
と、思ってもらうことです。

具体的には、会話の中に
「わかるよ」「大変だよね」と、相槌を打って下さい。
「理解、共感」してあげるのです。

すると女性は安心して会話を続けられます。
「聞いてくれている^ ^」と感じるからです。
そこで「妻の本心」が見えてくる事も多いものです。

しかし、時には心ない言葉を浴びることがあるかもしれません。
あなたに対する不満やグチです。

ここで男性は「じゃあ、こうしよう」と、”解決方法”を提示してしまうことが多いのです。

「解決方法」はいりません。

ただ、理解し、聞いてあげることです。
それでいいのです。

それが無いまま、不満がつのっていくと、最悪、「離婚」ということになってしまいます。



2:「感激されるプレゼント」のコツとは


この方法は「外出があまり好きではない」という奥さんには使えません。

強引に推し進めても
「私の気持ちなんてわかってないし、理解しようともしないんだから!」と、逆効果にもなりかねませんので。

自分の奥さんがどちらのタイプかわからないという方は、今までの会話の足りなさだと思います。

これは、「特別なデート」または「旅行」のプレゼントです。
ラブラブのころは、一生懸命計画を練って出かけましたよね?
あれをやるのです。

そして、奥さんに「わたし、お姫様?^ ^」と、思ってもらえるように努力します。

ひとりよがりではダメです。
「相手がどうしたら喜んでくれるのか?」と、あくまで奥さんのために計画します。
「特別な非日常」をプレゼントするのです。

マイペースな男性は気をつけてくださいね。


旅行や食事などがオススメですが、他に奥さんが喜ぶもの(趣味のもの)があればそれもいいでしょう。

食事の場合は「雰囲気重視」で選んでくださいね。
「この値段でこのボリューム!」なんてものを喜ぶのは男性だけです。
「お姫様」はそんな食事はしませんよね?

計画はケチってはいけません。
「お姫様」になってもらうのですから。
ここでケチると女性はスグに見抜きます。男性が考えるより、女性のカンは鋭いものなのです。

今までの奥さんの行動や言葉をよ~く振り返って、「相手がなにを望んでいるのか」を第一に考えて計画することが大切です。


3:プレゼントに添える強力な「ある物」とは


では、「外出が好きではない妻」には何をプレゼントしたらいいのか?

ベタですが「物品のプレゼント」となります。
ただ、ここでのプレゼントは普通のプレゼントとは違います。
「妻を大切に思う気持ち」を表すものです。

オススメは、やはり、宝石や貴金属、洋服などです。

宝石というと「高い!」というイメージがあるかもしれませんが、実店舗じゃなくてもネットで検索するといくらでも手の届きそうな宝石はあります。
ただし、かわいい包装は忘れないように。
 ⇒楽天でジュエリーネックレスの【最安値】を見る

ここに「手紙」を添えましょう。もちろん「直筆」です。

メールやLINEでのやりとりがあたりまえの今だからこそ、直筆で書いた手紙というのは心に響きます。
強烈に相手の心を打ちます。

男性は、「字がヘタだから」と敬遠する人が多いですが、大切なのは「ていねいに書く」ことです。
「雑」に書くからヘタになります。
一度、”ゆっくり”心をこめて書いてみてください。

また、
「この前、欲しいって言ってたよね」などの一言があれば、
「私のこと見てくれている」と、かなりポイントは上がります。

ここでも大切なのは、
「相手がなにを望んでいるのか」を第一に考えることです。
その結果、もしかしたら「楽器」かもしれません。
「花束」かもしれません。
「コンサートのチケット」かもしれません。
それはそれで結構です。

「キミのことはとても大切な存在」ということが伝われば。


4:感謝の気持ちの表し方のコツは「●●」


最近はネット通販でも「ショップの評価」などが標示されますね。
評価が高ければ「買おう」「信頼出来る」という感情が生まれます。

あなたの「奥さん」からの評価はどのくらいだと思いますか?
あまり考えたくない事かもしれませんが、人間は無意識に他人の「評価」というものをしています。


夫婦でも同様です。
妻からの評価が高ければ、それだけ「信頼感」「一目置かれる」「尊敬」というものを得られます。

「愛とは尊敬」とはだれかが言った言葉ですが、やはり男であれば奥さんから1つや2つは尊敬される何かをもちたいものです。

それは「人間的に尊敬できる」というのが一番の理想ですが、
「いまさらそんなこと出来るわけない」と思いますか?

確かに努力は必要ですが、方法はあります。

まず、
奥さんの「負担になっていること」をいくつかあげて下さい。
「掃除」「食器洗い」「料理」「育児」なんでもいいです。

次に、そのなかであなたが出来るものを考えます。

「食器洗いが大変そうだから食洗機を買ってやろう」という考えはいけません(上記のプレゼントではいいかもしれませんが、ここでは違います)
親孝行ではなく「妻孝行」なのですから、「君が今まで大変な思いでやってきた事に感謝してる」というスタンスです。

では、食後の「食器洗い」に決めたとします。

ここで大切なのは「継続」です。

とにかく続けることです。

1週間や2週間はだれでも出来ます。

1ヶ月、2ヶ月と続けるのです。

やったからといって「優しい言葉」や「お礼」などの見返りを期待してはいけません。

感謝の気持ちなのですから。

それだけコツコツ続けていくと、はじめはバカにしていた奥さんも、今までのあなたとの違いに気づいてきます。

「もしかしてこれは本物・・・?」と。

人間とはそういうものです。

自分に尽くしてくれる人には好意を持つものです。

でも、たいていの夫は、ここまで来る前に挫折してしまいますが。

それだけ「おもい」が真剣ではないのでしょう・・・・


夫婦仲を改善する方法

夫婦関係の修復方法をタイプ別に考えていきます。
「妻が離婚を考え始めたのはこの時」で、大きく4タイプに分けました(もちろんこの他にもたくさん理由はあります。DV、性の不一致、他に好きな人ができた、浪費癖などなど)

まずは、このパターン別に見ていきます。

■「私に無関心?やさしくなくなった」
■「子供から手が離れて2人っきりの時間がイヤ」
■何も協力してくれない夫
■とにかく自己中な夫



まずは1つ目の「無関心」

これは言い方を変えれば「安心感」ではないかと思うのです。
夫が奥さんに対する安心感です。
安心しているから言わなくなる。話さなくなる。
まあ、思春期の男子とその母親のようなものでしょうか。


「私は母親じゃない!!」と、いいたいところですが、
おおむね、男性は「言わなくても分かるだろう」という考えがあるものです。
また、「多言する男は男じゃない。必要なことだけ言えばいい」みたいな美学も持っています(最近の10代はまた違うようですが)
女性からすれば「なにそれ??」って感じでしょうが、そういう生き物です。男は。


恋愛中は、もともと面倒くさがり屋の男も、フラれたくないからマメになる。これは科学的にも証明されています。
で、安心してしまうと「あたえる」事をしなくなり「あたえてもらう」ばかりになるということですね。


このパターンで悩んでいる女性は、おおむね「自分自身に自信がない」という方が多いものです。
心のどこかに「夫に好かれていないのでは?」という不安がありませんか?
それがイライラの原因につながっているのでは?


こう変えてみましょう。
まず、ポケットに入る小さなノートに「自分の良いところ」を書き出して下さい。
「悪いところ」ってスグ出てきますが、良いところって結構悩みます。
いつもノートを携帯して思いだしたらスグにメモします。少しずつ書き出せるはずです。
友人や親に聞いてもいいでしょう。


完成したら、それを何度も見返します。
「わたし」ってなかなかの人間じゃないですか?
自信を持ってください。
人間、自信を持つと「余裕」が生まれます。うまく出来なかったことも不思議とできちゃったりします。
すると「輝いて」きます。ポジティブになってきます。


次に、「今日は仕事どうだった?」と疲れて帰って来た旦那さんに話しかけてみてください。
言いにくいのなら、「いつも大変ね。ありがとね」と、声に出してみてください。
はじめは「何いってんの?」と、失笑れるかもしれません。
でも続けます。自信を持って。


ある日変わるはずです。
仕事のことをポツリポツリでも話してくれるようになるでしょう。
男がお金を払ってまで飲み屋の女性のところに行くのは、話を聞いてなぐさめてくれるからです。
そうやって聞いてくれる人のはなしは「聞ける」ものです。


妻の話も聞いてくれるようになっていきます。


いくら努力してもそうならないのなら、
また、無視がひどくなっていくのなら、
そのときは「離婚」を視野に入れていくのも選択肢のひとつです。



2つめ。

「2人っきりの時間がイヤ」
一般的には「良い夫」なのです。
でも、なんか違う。
「ちゃんと説明してくれ」と言われてもうまく言えない。自分自身でも「ナゼ」なのか解らないから。


もしかしたら、女性側が「悪いのはわたし」と思っているのでは?


でも、よ~く考えてみてください。
イライラしたり起こったりしてしまうのは、妻が悪いのでしょうか。
いけないことなのでしょうか?
よ~く、自分のこころを掘り下げてみて下さい。
「ナゼ、イヤなのか?」
「どうしてほしいのか?」
「では、そうしてもらうにはどうするべき?」



おそらく、このパターンの旦那さんは話せば聞いてくれるハズです。
自分自身のまとめた考えを、素直に話してみてはいかがでしょうか?
そのときには「よくわからないけど、とにかくイヤなの!」という言葉は出ないはずです。
きちんと整理できているのですから。


とにかく男性は理論的に話してもらいたいものです。そういう社会で生きているのですから、頭の考え方も理論的にできます。
ですから、理屈で納得すれば行動してくれるはずです。


ポイントは「付き合ってた頃は、こうだったよね~あれ、好きだったな~」というように、
男性をほめながら話してみて下さい。
基本的に男性はプライドが高いですから、決して悪い気はしないハズ。


一緒に出かけるのがイヤでも、お酒を飲みながらでも良いと思いますよ。
アルコールは会話の潤滑油ですから。ただし飲み過ぎて悪たれをつかないように。



ちょっと長くなってしまったので次回に続きます


先頭へ戻る