ホーム » 頚椎ヘルニア

タグ「頚椎ヘルニア」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

頚椎ヘルニアとは | 意外な原因

頚椎椎間板ヘルニアとは何か?

  • 頚椎→首の骨

  • ヘルニア→首の骨と骨の間にあるクッション材(大福のようなもの)が、わきにはみ出し、神経などを刺激して色々な症状を引き出す

  • どんな症状?→手のしびれ、力が入らない、首・肩・腕の痛み、頭の向きによって痛みやシビレが出る、めまいや吐き気、人によっては、便秘など・・・



病院で原因を聞くと「年のせい」「何か負担がかかったんでしょう」など、はっきりしないことが多いです。

人間の頭はボウリング球くらいの重さがあり、あの細い首だけでそれを支えます。

ですから、その重い「頭の位置」が、かなり重要です。

正常な姿勢であれば首は「最小限度」の力でボウリング球を支えられます。

それが少しでもズレると、つまり前後左右にズレると、

それだけ首に余計な負荷がかかります。



つまり「姿勢」に原因があることが多いのです。



たとえば、

パソコンを長時間続けて、肩や背中のコリ、張り、痛み、目の痛みなどを感じたことはありませんか?


これはあきらかに姿勢が悪い(頭の位置が悪い)からです。

ディスプレイを覗き込むような姿勢になりますから、ほとんどの方が頭が前方に落ちます。

携帯も同じですね。

いわゆる「猫背(ねこぜ)」も同様です。




上記のような場合、姿勢を改善すればよくなってしまう場合がほとんどです。

これがひどくなると、椎間板が薄くなったり、ヘルニアの状態になったりで、腕にもシビレなどの症状が出始め、やがて排尿障害も引き起こす場合があります。




では「良い姿勢」とは?



頚椎は、横から見ると前方にむかってゆるやかなカーブを描いています。弓なりですね。

頭が前方に出てしまうと、このカーブが失われ頚椎や、その椎間板に大きな負担がかかります。

軽いカーブを描いた理想的な位置は、横から見たときに

「耳の穴」と「肩の一番の尖端部分」が直線で結ばれる位置です。



自分で見ることは難しいので、知り合いにチェックしてもらいましょう。


先頭へ戻る