ホーム » 痛み

頚椎ヘルニアとは | 意外な原因

頚椎椎間板ヘルニアとは何か?

  • 頚椎→首の骨

  • ヘルニア→首の骨と骨の間にあるクッション材(大福のようなもの)が、わきにはみ出し、神経などを刺激して色々な症状を引き出す

  • どんな症状?→手のしびれ、力が入らない、首・肩・腕の痛み、頭の向きによって痛みやシビレが出る、めまいや吐き気、人によっては、便秘など・・・



病院で原因を聞くと「年のせい」「何か負担がかかったんでしょう」など、はっきりしないことが多いです。

人間の頭はボウリング球くらいの重さがあり、あの細い首だけでそれを支えます。

ですから、その重い「頭の位置」が、かなり重要です。

正常な姿勢であれば首は「最小限度」の力でボウリング球を支えられます。

それが少しでもズレると、つまり前後左右にズレると、

それだけ首に余計な負荷がかかります。



つまり「姿勢」に原因があることが多いのです。



たとえば、

パソコンを長時間続けて、肩や背中のコリ、張り、痛み、目の痛みなどを感じたことはありませんか?


これはあきらかに姿勢が悪い(頭の位置が悪い)からです。

ディスプレイを覗き込むような姿勢になりますから、ほとんどの方が頭が前方に落ちます。

携帯も同じですね。

いわゆる「猫背(ねこぜ)」も同様です。




上記のような場合、姿勢を改善すればよくなってしまう場合がほとんどです。

これがひどくなると、椎間板が薄くなったり、ヘルニアの状態になったりで、腕にもシビレなどの症状が出始め、やがて排尿障害も引き起こす場合があります。




では「良い姿勢」とは?



頚椎は、横から見ると前方にむかってゆるやかなカーブを描いています。弓なりですね。

頭が前方に出てしまうと、このカーブが失われ頚椎や、その椎間板に大きな負担がかかります。

軽いカーブを描いた理想的な位置は、横から見たときに

「耳の穴」と「肩の一番の尖端部分」が直線で結ばれる位置です。



自分で見ることは難しいので、知り合いにチェックしてもらいましょう。


頚椎症 / ストレートネックの治療

これは頚肩腕症候群という大きなくくりに入ります。

首~肩~腕の痛みや痺れの原因が、首の骨や椎間板などの軟部組織にあるものです。

「ストレートネック」という病名はありませんが、そうなっている状態を総称して呼びます。

その名のとおり「まっすぐな首」ですが、
意外に知らない方が多いのですが、首の骨は少し前湾しています
この前湾がなくなり真っすぐになってしまうと、腕やカラダに「痺れ(しびれ)、痛み、知覚異常、頭痛、視力低下、耳鳴り」などの症状が現れます。



首の骨である頚椎は、7つの骨からなり、左右方向には真っすぐですが前後方向には彎曲しています(前方に凸)
頚椎のなかには「脊柱管」というトンネルがあり、そこを脊髄が通っていて、
7つの骨が連結する部分には椎間孔という穴があり、血管と神経が通っています。


この神経が支配するのは、おもに「頭部~腕部」なので、
首になにかの異常があると、この領域に「痛みやシビレ、知覚麻痺」などが起こるのです。




整形外科に行くと、レントゲン検査ののち「鎮痛剤、ビタミン剤、末梢血管拡張剤などの投薬」「けん引などの理学療法」「温熱療法」または「手術」という治療になります。

一方、接骨院や整骨院、ハリ治療などでは東洋医学の考えを持って治療するところが多いようです。
手術などには否定的な意見が多いようです。



ですから、
「できれば手術はやりたくない」
「薬を飲みたくない」
という方は、整体や接骨、ハリ等の治療院をおすすめします。



たとえば、頚椎の骨が変形してしまったらそれを戻すことはできません。
しかし、症状を改善することはできるのです。
椎間板の変性も同じです。
椎間板がつぶれていても何の症状も出ない人もいるのですから。


指先のしびれ | 手根管症候群

「指がしびれて、ほうっておいたらだんだん痛みも出て来た・・・」

こんな症状に悩んでいる方に多いのが
「手根管症候群」である。


雑巾がしぼれなかったり、パソコンのキーボードもうまくたたけない。


包装の仕事や、レジ打ち、ゲーム、編み物などで、手先を駆使すると手関節のトンネル部分で腱が何度も伸び縮みする。
やがて手根管内の圧が高まり神経が圧迫されてしびれや痛みを引き起こす。


中高年の特に女性に多い。


「手根管」とは、手の関節を構成する手根管と、屈筋支帯という靭帯に囲まれたトンネルのこと。


中には神経や腱が通っている。
この神経は小指以外の指の感覚を支配しているので、指のしびれや痛みが出る。


他にも、
透析療法や、慢性関節リウマチによって手根管に異物がたまったり、
糖尿病や甲状腺機能亢進症の二次兆候として神経が過敏になって起こったり、
妊娠や閉経で女性ホルモンのバランスの崩れでおきたりもする。


治療は普通の手根管症候群であれば、手をできるだけ安静にして、寝るときに簡単な装具で手関節を固定し、
消炎鎮痛薬や神経を再生させるビタミン薬などを服用することで一ヶ月くらいで良くなる。


治らないときは、別の病気も考えられるので、別の整形外科で診てもらったりするなどして対処する。


神経麻痺により筋肉がやせ細ってくるなど、手根管症候群が進行した場合は手術も視野にいれる。


手根管を切り開き、内圧を下げれば症状は良くなるが、直視下手根管開放術では、再発の確率が15%ほどある。
現在は、再発率1%以下の方法もある(USEシステム)ので、よく聞いてみることも大切。


手術は20分程度で終わり、もちろん日帰りできる。




ウォーキングはやめておけ!

正しいウォーキング方法などを調べる前に「やってはいけない人」「注意しなければいけない事」などを知っておきましょう。
整理してみます。


■病気・疾患を持っている方
高齢の方、高血圧症、心臓病で治療を受けている方は目標心拍数が制限される場合があります。
必ず主治医に相談してください。
また、食事の直後に行うと体の血液が不足して心臓に負担がかかりますので注意しましょう。


■準備運動
特に普段から運動不足の人は、急にはじめると体がびっくりしてしまいます。
ふくらはぎやアキレス腱あたりは、よくストレッチを行って筋肉や腱などをよく伸ばしておきましょう。
突然歩きはじめ、怪我や故障といったトラブルも実際に報告されています。
ウォーキングで怪我してしまっては本末転倒です。
ウォーミングアップ、ストレッチは「必ずやるもの」ものと思っていて間違いありません。
高血圧の方は、特にウォーミングアップを念入りに行ってください。


■体調を考慮
どんな人でも、体調が悪い日はあります。
「睡眠不足」「熱っぽい」「頭痛」「めまい」「食べてない」などの時には、
思い切って休む、あるいは歩く距離を減らすなど、ご自分での調整が必要です。
強い空腹は不整脈を誘発することもあります。


■水分摂取
体内から水分が出ていくのは汗だけと思われがちですが、呼吸でも出て行きます。
水分が減ると血がドロドロになり、血栓(血管がつまってしまう)ができやすくなってしまいます。
水、スポーツドリンク(塩分も摂取できる)などで水分補給を欠かさないように。
低血糖の方はアメなども持ってち歩くようにしてください。
特に真夏の炎天下には必須です。


■天候
夏の炎天下は避ける。
早朝や夕方にウォーキングしましょう。
帽子や吸汗性、速乾性にすぐれたものを着用します。

それでも具合が悪くなった場合は
日陰で休み、水分補給して、首筋、両脇、太ももの内側を冷やします。
それでも具合が改善しないときは、ためらわず救急車や病院へ行くなどして下さい。
手遅れになってしまうのが一番怖いですから。

逆に、冬に気を付けたいのは厚着です。
歩いているうちに身体は温かくなってきます。
そこで厚着をしていると汗をかき、その汗で体温を奪われ冷えてしまって体調を崩すこともあります。
対策として、歩く前にウォーミングアップをして、あるていど体を温めておいたほうがいいでしょう。
手袋はOKです。


■時間
起床直後は、心臓に負担をかけます。
起きて1時間くらい後、ストレッチからはじめてください。




タグ /

ウォーキングで膝(ひざ)が痛くなる

少しでも代謝がよくなれば・・・と、ウォーキングをはじめる方、多いですね。
高血圧、糖尿病、痩せる(ダイエット)、内科ですすめられた。。。などなど、目標はさまざまですが、

わたし自身、「お腹ポッコリ」を解消しようとウォーキングをはじめた一人ですが、
ちょっと待ってください!!

むやみにウォーキングをはじめるのはオススメしません。



わたしはウォーキングを初めて1カ月くらいから”ひざ”が痛くなってしまい、知り合いの整形外科を受診しました。
そこで整形外科のドクターに色々聞きましたが、
わたしと同じように、
ウォーキングをはじめてから膝(ヒザ)が痛くなってしまい来院する方が後をたたないそうです。


内科の先生は「歩け歩け」とすすめるし、一般的にも、「ウォーキング」イコール「健康」というイメージが定着していますが、
「膝の専門家」である整形外科の観点から見ると、それは決して手放しですすめられる方法ではないと言っていました。


実例を出して説明していきます。


「少し前からヒザが痛くて・・・」
と、受診された68歳の女性。

聞くと、「内科で、なるべく歩くようにすすめられた」と。
たしかに体重もオーバーぎみである。

ひざを診せてもらうと、水がたまっている状態。

本人は「はじめてしばらくして膝が痛くなってきたが、運動不足だから痛むのだと思い、さらに歩き続けた」と言う。
その結果、水がたまり、正座も出来なくなってしまった。

一度は膝の水を抜いて楽になったものの、また溜まってしまい痛みがひどくなったといいます。



整形のドクターは「正反対のことをしている人が多い」と、なげく。
「膝に負担がかかり続け、関節の中に炎症が起きると、関節水腫といって”水がたまった状態”になります。
つまり、炎症がおきて水がたまり、その結果、痛みを感じてしまう状態です。
そこへ、「さらに歩け」と、膝に負担をかけ続けたら、とれる痛みもとれなくなってしまいます」



とくに「太った方は要注意」と言われました。
歩いているときは体重の約3倍の重さ(!)がひざに集中的にかかってきます。
70キロの方ですと、なんと”210キロ!”にもなります。
ほとんど”力士”レベルです(汗)
a0002_000863.jpg
ですので、どうしても歩きたい方は「水中ウォーキング」がオススメだそうです。
水中なら、体重による負担はほとんどなくなります。
公共のプール施設なら、1回数百円で利用できますので、一度地域の施設に問い合わせてみるといいですよ。


わたしは、東京在住ですが、仕事帰りに施設に行き「水中ウォーキング」やってます!
もちろん、膝は痛くなくなりました(まだ、初期段階だったからよかったのかもしれませんが・・・)


膝の水を抜くことについては、
「今の若い先生は、とにかくスグに膝の水を抜くが、抜いて一時的にラクになっても、また動いて膝に負担がかかって水がたまり「また痛くなっちゃいました」と泣きついてくる患者さんが多い。
まずは、ご自身の生活をみかえり、できるだけ膝の負担を減らして、ひざを休ませてあげることから考えないといけない。
そういう治療を推奨する先生なら、膝をしっかりさせる体操もご存じのはずだから、一度相談するといいですね。」


ご参考にしてくださいね。




タグ /

先頭へ戻る