ホーム » 離婚・夫婦関係

妻が離婚を考え始めたのはこの時

ある日突然奥さんの口から出てくる「離婚」の2文字。
あるいは夫婦喧嘩のときか・・・
メールか・・・
手紙か・・・・

いずれにしても、いざ言われると慌てふためいてしまうのが男です。
顔は平静を装ってますが、心の中は・・・

いくつになっても女性の気持ちというのは理解しにくいようです。

思い返して下さい。

奥さんが離婚を具体的に考え始めたのは「こういう時」なんです。

以下、奥様方の声ですよ。


■「私に無関心?やさしくなくなった」
仕事に疲れて帰宅して、やっとビールを飲みながらTVを観ているとき。
または、
楽しみな趣味に没頭しているときに、
奥さんから、近所のママのグチがはじまりました。

あなたはどうしますか?
「とりあえず聞いているフリをするけど、内心、はやく終わってほしい。時間がないのに・・・」
「そんなのいちいち気にすんな。こっちは仕事で疲れてんのに」


こういう態度でいると、奥さんはきっとこう思っています
「やさしくない。聞いてくれない。自分にはもう関心がないのかな。私の存在ってなに?私はただのお手伝いさん?」



■「子供から手が離れて2人っきりの時間がイヤ」
家のことには協力的で、怒鳴ることもなく、育児もやってくれるパパ
でも、「子供が大きくなって出ていった後、この人と2人っきり」と考えると
つまらない。というかうっとうしく感じてしまう。

趣味も合わないし、仕事仲間はいても特に友人といえる人もいないようで。
私は私で友達と会ったりしたいのに、いちいちついてきそうな気が・・・
先のことを考えるととても憂鬱になってしまう。



■何も協力してくれない夫
結婚前はやさしくてマメだったのに、子供ができてからは横になったまま何もしなくなった。
リモコンさえも私に取らせる始末なので、当然、育児も非参加。
こちらが子育てで疲れているのに、やっと子供を寝かしつけたらセックスを要求してくる。
妊娠中はそれを言い訳に断れたけど・・・・

最近は、「仕事で遅くなる」と言ってるけど、居酒屋で時間をつぶして帰ってくるのがミエミエで。
せめて嘘をつかないで本当のこといってくれればいいのに。
今は、愛情がまったくなくなってしまった。



■とにかく手が掛かり、自己中な夫
脱いだものはそのまま、歯ブラシもそのまま、玄関チャイムが鳴れば「お~いだれか来たぞ!」、「電話だぞ!」
子供じゃないんだから、自分のことくらい自分でやってほしい。
「子供ができてからはオレの事は何もしてくれなくなった」というけど、じゃあ、少しは育児に協力して!と言いたい。
カラダは一つしかないんだから。

さらには、わたしが熱を出して寝込んだ時も、会社から帰ってくると
「メシは?」「悪いけどレトルトでも温めてくれる?」「はぁ~?」と、逆切れ。
子供が大学を卒業したら、本気で離婚を考えてます。




他にもあるわあるわ・・・
「浮気」「束縛する」「不潔」などなど


どうですか?思い当たるフシはありますか?

では、こうなってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

新婚当時のようにラブラブとはいかなくても、せめて普通の夫婦関係でいる方法は?


他人の夫婦喧嘩 | 原因と仲直り方法

夫婦げんか、原因はさまざまですが、本人同士にとってはけっこうな問題ですよね(汗)

ほかの家庭の「喧嘩の理由」は何なんでしょうか?
「解決方法」もあわせて調べてみました。


■原因・理由

  • 経済的なこと。要は「金がない!」

  • 浮気や嫉妬

  • 妻の行動に対して。たとえば「帰りが遅い」「戸をバタン!とうるさい」「子どもを騒がせてうるさい」「家事を何もしない」「ごろごろしてる」

  • テレビのチャンネル争い

  • 約束破った。たとえば、「子供と遊ぶ約束したのに帰ってこない」

  • 頻繁に“求めて”くる。自分は淡白なので苦痛





他人の喧嘩の原因もさまざまです。
では、どうやって解決、解消しているのか?


  • 旦那が求めてきたら頭痛や腹痛、具合の悪いふりをします。

  • 離婚はしたくないので自分の思いをのみこむ

  • 旦那が謝るまで待つ(笑)むこうが謝り私が許す。謝らなかったら?離婚です

  • 悪かった方が謝るので歩みよりかな

  • 3日間ぐらい口をきかない。そのくらいで怒りも冷めて気持ちも冷静になり、なんとなく『ゴメンネ』と。

  • 翌朝、旦那が出勤のときにチュウをして仲直り

  • 喧嘩をするのは労力の無駄。育ってきた環境が違うので仕方ない

  • 歩み寄りと我慢!

  • 子どもを連れて実家に帰り、一切連絡をしないでいると旦那が謝ってくる




最後に。
一番「なるほど~」と思ったのはこの言葉でした
『夫婦は鏡のようなもの。旦那が笑えば奥さんも笑う。奥さんが怒れば旦那も怒る』

子供がいる方は、よ~く子供のことを考えてみてくださいね。


次は夫婦円満なかよしのコツです。


タグ /

離婚したら子供はどうなる?

今回は「離婚のときに問題となる子供のこと」です。


離婚が決まったら、子供は必ず夫婦のどちらかが育てて行かなければいけません。
これは法律で定められています。
つまり「親権」を定めるということですね。


しかし、現実にこの問題に直面したとき、
離婚の話し合いがもつれたり、あるいは
子供の将来、今後の生活、子供がかわいそう
などの理由で離婚を思いとどまる方も多いのです。
また、相手から離婚を拒否されることもあります。


ある検証によると「離婚は男性の寿命を11年も短くする」とのことですが、それだけ強烈なストレスがかかるのです。
むりもないことですね。
事実、離婚によって「うつ病」になってしまった男性が知人にいますので。。。。



話を戻しましょう。

実際に離婚するとなると、こどもを育てていく「親」をどちらかに決めなければいけません。
ここでしっかりとした手順、話し合いをしなかったために、後々、憎しみを持ったあらそいに発展してしまうケースが
あります。


よ~く考えてください。こうなった時に一番困ってしまうのは誰でしょうか?
そう、「子供」です。
こどもからすれば、どちらも「親」です。その二人が憎しみ争い合っている姿を長期間見せていては、子供の成長、性格にも影響を及ばしかねません。
そうでなくても、とても傷ついていますし、仲の良い友達とも別れてしまうこともあるでしょう。そういった負担を子供に背負わせないためによ~く話しあっておくことが大切です。


別居するにしても同じです。
話し合いがない中で一方的に別居に入ってしまうと、同居していない側の親が家庭裁判所などを通じて子供の引渡しを求めてくるなど
とにかくゴタゴタしてしまいます。


しかし一方で「話し合いなんかできない」という状況もあると思います。
そういう場合は、家庭裁判所に申し立てを行い、どちらにするかハッキリさせる方法があります。

■監護者の指定・・・別居中に子供の監護を自分にするよう求める調停、審判

■子供の引渡し・・・上記に自分がなった上で、自分の方へ子供を引き渡してもらう手続き(監護者に指定してもらわないと引渡しを求めることはできません)



いずれにしても、結論が出るまでには数日というわけにはいかず、1ヶ月単位での時間がかかってしまいます。


参考記事「離婚についての相談先」


タグ / 離婚子供

夫婦仲を良くするコツは夫婦喧嘩を利用すること

夫婦仲を良くするコツはあるのでしょうか?
夫婦の問題は、わたしの知り合いからも良く聞きます。



「とにかく性格が合わない。考えが真逆なので、なにかあるとすぐ喧嘩になる」

「気遣いがまったくない。ただの同居人」

「金使いが荒すぎる。あれじゃ、いくらあっても足りなくなるよ」


とにかく出るわ出るわ・・・

あなたも、相手には不満がいっぱいですか?

あまりにたまってしまい大爆発すると、「離婚」ということにもなりかねません。

ちょこちょこガス抜きしないと大変なことになってしまいます。相手の機嫌のいい時にでも「私は、僕はこう思うんだけど」と、「気遣いながら」言ってみてはどうでしょうか?
もちろん「わかった。早速なおそう」なんて事にはならないでしょうが、「いちおうこういう風に思っている」ということは相手に伝わります。



それだけでも、少し気持ちが落ち着きませんか?



「イヤイヤ、うちはそんなこと言おうもんなら大ケンカだ」という方もいるでしょう。

では、ここはひとつ、「少しだけ努力」をしてみませんか?



たとえばこう言うことです。



縁あって夫婦となったわけですから、ひとつくらいは「共通の趣味」あるいは「好きなこと」「興味あること」があるはずです。
夫婦というのは「2人である事に向かっている時」は波長があってくるものです。イヤ、合わせようとすると言った方が正しいかもしれません。



知人に、リストラから自宅で自営業をはじめた方がいます。

この夫婦、とにかく喧嘩ばかりしていまして、「なんで結婚したの?」と何度も聞いたことがあるくらいです。
憎しみ合いながら(笑)生活しているように見えていました。

ところがある日、夫がリストラされてしまいました。
大ピンチです。

はじめはののしりあっていた2人も、「こんなことしてる場合じゃない」と気付いたようです。
背水の陣で個人事業をはじめたのです(サイトを作成したり、iPhoneアプリを作成する会社のようです)
もちろん社員は奥さん一人です。

こうなったら隠し事など出来ませんし、喧嘩ばかりしている場合ではありません。とにかく生活費を稼がないといけないのです。
とにかく必死です。



しばらくたった頃、お宅にお邪魔しましたら、以前とは雰囲気が変わっていました。もちろん夫婦間の。
2人に聞くと、色々なヒントが聞かれました。
「ためて爆発ではなく、小さな喧嘩をチョコチョコしていく事で、かえって相手の考えが分かってきた。」
「生活していくのに必死だったから、逆にお互いが一つの方向を向けた」
「相手がいないと仕事にならない状態だし、逆に、取引先やお客様から相手(妻や夫)のことを褒められるので、自然と相手をみとめるようになった」


ということでした。

まあ、この夫婦はちょっと極端かもしれませんが、ヒントはたくさんあるかと思います。

夫婦けんかは、決してマイナスばかりでなないのですね。



■小さなガス抜きをちょこちょこしていく事で、大爆発しないで済む。
■なんでもいいので共通点を見つけ、なるべく同じ方向を向く時間を長くする。
■妻が、夫が「何を考えているのか分かる」事で、冷静に話し合うことができる。
■奥さんの長所、才能をあえて見ていく。旦那さんにも同じく。




うまく夫婦喧嘩を利用していきたいものですね。




妻・奥さんを説得する方法

妻・奥さんを説得したい時、あるいは人を納得させたいとき。
コツというものがあります。
これを知っていると知らないとでは結果に大きな違いが生まれるのです。

だいたいの方が間違った説得方法をして失敗。その結果、納得してもらえず、夫婦喧嘩や不平不満をかかえてしまうことになります。




はじめに「説得に”失敗”する方法」から説明します。

これは、「説得したい」と思うあまり「自分の理由ばかりを一生懸命説明してしまう事」です。



「自分はこうだから買いたい」とか、
「迷惑かけないからやっていい?」など。

もっとひどいのは、
「これカッコイイだろ?買っていい?」
「見て見て!これ超かわいくない?ほしいな~」
って、よくわかりません(笑)

みんな自己中です。これじゃ、説得なんてできません。



じゃあ、どうするか?



説明するときの中心を「自分ではなく相手」にして下さい。
「軸」を奥さんに合わせて下さい。



「かっこいい」とか「かわいい」とか「上手くいくはず」とか、自分の価値観を押しつけても、だいたい断られます。
相手からするとよく分かりません。「自分勝手」「自己中」としか映りません。



具体的に説明します。



まず、時間のあるときに話して下さい。理由は後ほど説明しますので。

次に状況確認してください。女性は男性ほど理論的に考えられず、基本「感情」で動きます。

「なんかイヤ」「生理的にダメ」「よく分かんないケドお金ないからダメ」
とかならないように妻の機嫌のいいときに話します。
(ご機嫌をとるために”ケーキを買っていく”などはやめた方がいいです。いくらなんでも気付かれます)
あくまで「自然に」切り出して下さい。



話を切り出したら、妻の気持ちに共感して心をオープンにしてあげて下さい。
心が閉ざされていては聞けるものも聞けなくなります。
「そうだよね~」
「大変だよね~」
「わかるよ~」

など。

否定的な言葉は絶対にやめてくださいね。



ここで奥さんが「分かった」となればいいのですが、
まずそう簡単にはいかないでしょう。



断られたら「どうしてダメなのか」「なぜ反対するのか」を、相手の立場、気持ちになってよ~く考えて下さい。


ここ、大事です!脳に汗かいて真剣に考えます。


奥さんなりの都合や理由があって反対するのですから、それを理解しようとします。
ここで「ったく!」「またそれか!」など、感情的になっては駄目です。ここはこらえます。グっと!



都合や理由がわかったら、その理由をカバー出来るような「良い点」を話していきます。



それを買うことで、やることで、奥さんが「こんなに得をする」「節約になる」「経済的」「きれいになる」「子供のためになる」など。。。。




「自分がこうだから買いたい、やりたい」
という「自分」ではなく相手です。

「買うことによって、やることによって”奥さんは”こうなるよ。”家計は”こうなるよ。”子供は”こうなるよ」と、「妻の大切なもの」を主語にして話してみましょう。



この「良い点」は、多ければ多いほどいいです。
考えてください。
奥さんを納得させるだけの数を出して下さい。



あなたが得する理由はこの際、どうでもいいです。


もし、話の途中で奥さんが自分の話をはじめてきても、それを聞いてあげて下さい。
ここで男性は
「いや、今はその話じゃなくて・・・・・イライラ・・・・・早く終わんないかな・・・」
と、なりますね?



ここは聞いてあげて下さい。
おそらく、普段の不平不満が爆発するかもしれませんが、その「ガス抜き」が大事なのです。


聞いてあげる事で、奥さんの気持ちが落ち着いてきます。
よ~く聞いてあげるのです(だから時間のある時がいいのデス)



それでもダメなら、一度、素直に引きます(感じ良く)


ここで奥さんは「駄目な理由」を何度も何度もリピートするでしょう。納得していないのですから、言ってくると思います。
これも、男性は聞けないんですね(笑)
「もう分かったよ!しつこいな!」と、怒らないで下さい。
「そうだね」「そうするよ」と、素直に相槌を打ってくださいね。



次のチャンスを虎視眈々と狙うためです。



ここで喧嘩になってしまったらいけません。
計画の練り直しをして、またトライして下さい。



時期が変わると「あれっ?」と思うほど簡単に説得できてしまう時がありますので。


先頭へ戻る