ホーム » 子ども

思春期「学校に行きたくない」理由とは?中学生の親の接し方

6年間でゆっくり変化していける小学校と違い、中学は急激に世界が変わる。

違和感ありありの制服

まるで大人のような上級生

とつぜん現われた「先輩・後輩」という関係

クラスになじめない

などなど、子供たちに立ちはだかるカベはさまざまだ。

カラダの変化も急激に訪れ、自分でも対処が分からない。。。
親から見ても、子供の急な変化についてゆけずに戸惑う。。。

いったい何が違ってきたのか?

まずは、本人の「こころ」が変化してくる。

「親が見ているボク(わたし)は、ほんとうの自分じゃないんだよ。いいかげん子供扱いしないで」
「悪いとは思うけど。。。なんか、イライラする」


と、本人も理解できない感情の渦のなかで、つい、周りに反抗したり、乱暴な言葉で自分の成長を訴えたり、友達と歩調を合わせる為に親にぶつかったり。


■親に一番家にいてほしい時期はいつ?


中学生にもなると、親に対する口のきき方も変わり、態度も急変。笑顔も減り”つれない”そぶりも多くなる。いわゆる「こどもこども」しなくなるのだ。

それは自然な事なのだが、そこで親が「だったら、ほうっておこう」となったり、子供の言葉にこちらが傷ついて感情的になってしまったりすると、今度は困ってしまうのが思春期の子供。

こちらは「大人」なのだから、「自分もこうだったな」と、大きな器で受け止めたい。

中学生のカウンセラーに統計をとると「親に一番家にいてほしい時期はいつか?」に対し「中学1年生」という回答が最も多かった。

それくらい、この時期の子供は心が追い詰められやすく不安定。心とカラダの変化に本人もついてゆけないのだ。コントロールできないでいる。


■弱音が言えるか


そんな時、思春期の子たちは言葉にはしないが助けを求めている。

生活の中に「それ」を見極めるヒントが隠されている。

  • 表情

  • 聞いている音楽

  • 見ているテレビ番組


などなど。。。

また、「知りたいから・気になるから」といって、勝手に子供のカバンや机の引き出しなどを見てはいけない。

これは厳禁。

子供は「見られた」ことに気づき、親は信用を失う。

子供は自分の所有物ではない。個々の人間である。

しかし、子供が弱音を吐きたいときでも、親が普段から
「がんばれ」
「ちゃんとしなさい」
では、言いたい事も言えなくなってしまう。


いざ、弱音を吐きたいとき、悩みを話したいときに話せない。
つらいとき、苦しい時に安心して話せる家族が、子供の心の支えになる。

「弱音を吐けばちゃんと受け止めてくれる」

この安心感で子供は学校で足を踏ん張れる。「家庭」という土台がゆらいでいては、しっかりと足を踏ん張れない。

「あなたの世界に深入りはしないけど、話したい事があるならいつでも聞いてあげるから」というスタンスか。
もちろん、危険な時はカラダを張ってでも止めなくてはいけない。



自分の中学時代を振り返れば、つらいこと、不安なこと、叫びたい事で一杯ではなかったか?

中学生くらいの思春期の子供は追い詰められやすい。物事を短絡的にとらえがちなのだ。まだまだ大人のように全体の成り行きを見定めながら判断するなんていう事が出来ない。

だからこそ、先にあげたようなスタンスで接する事が大切ではないだろうか。

言葉で伝える事が難しいなら、常にそういう心構えでいることが大切。そうすれば、自然に会話の中にそういう言葉がちりばめられる。子供もそれをキャッチする。

そう、中学生は「ちょっとの安心」が欲しいのだ。


■あなたはこんな悩みを抱えていませんか?


なぜ、中学生になると急に無口になるのか

「同じ苦労を子供にはさせまい」という思いが通じない

子供が悩んでいる。どう接するべき?

思春期の子供との会話のコツとは?

「成績が何番か」ではなく「どんな子か」で見ないと幸せが離れてゆく

子供との絆が切れてしまったようだ


すべてここに書いてある。
 ⇒Q&Aこころの子育て(楽天)


「Amazon」「楽天」両方でユーザー評価が高いので購入したが、Q&A形式でとても読みやすいし、自分の気になるところや関心のあるところから読めるので読んでいて負担にならないし、疲れない。
もし、興味があればどうぞ。「まず、親自身がのびのびと」との願いのこもった書だった。




効果あったよ!幼児・子供の走り回る音にはこの【防音専門マット】

下の部屋へ「子供の足音」が響くので、走り回るたびに怒っていませんか。。。。

「走らないで!!」

でも、子どもは走りたいものだし、そのたびに怒るのもかわいそう。
何より怒っている自分に自己嫌悪。。。イライラ~!
asioto.jpg

ホームセンターなどで市販の
「防音マット・カーペット」
「防音シート」
「コルクマット」
「ジョイントマット」

などを買ってきて敷いてはみたものの、ほとんど効果なく、がっかりした経験を持っているのは我が家だけではないはず。


うちの子が小さい時も同じだったので、あなたの悩みは痛いほど分かります。。。


ここで、我が家で効果があった「最終兵器」をご紹介。
いくつも試してやっと見つけた商品。

友人にも教えたところ、とても感謝された。


その商品は、以下2つ。


⇒マット内部に空間があるので効果的に床の衝撃音をカット「防音マット」(楽天)

まずはこの↑↑防音マットを敷いて(できれば「10mm厚」がおすすめ)
その上にコチラの↓↓カーペットを敷く。

⇒音を気にする生活とおさらば!防音専門店の【洗える】静音カーペット「静床ライト」(楽天)


必ず「重ねて」使用する。


そこが「コツ」


カーペットは洗えるタイプなので「こぼしちゃった!」や、トイレトレーニング中の家でも安心。


こちらの「1歳児~2歳児の夜泣き」でも紹介した、2種類の効果的な「防音シート」なのです。


この組み合わせが、試行錯誤の末、我が家で見つけた【最強の組み合わせ】



■「上の階」や「斜め方向の部屋」にも響く足音



子供の走り回る足音は「上の階」や「斜め方向の部屋」にも響く(意外に知らない人が多い)


以前、マンションの音の問題で悩んでいたときに実際に走らせてテストしたので間違いない。


木造の集合住宅はもちろんだけど、鉄骨鉄筋のマンション(←住んでいた)でも同じ。


ここを知らない人が多いのでやっかいなのです。


つまり、
気が付かないうちに色々な家庭に迷惑をかけている可能性があるということ。


「音のトラブル」で引っ越さないといけない状況にまで追い詰められてしまう人もいるのだから、決して軽く考えてはいけない。


また、
普段は静かに遊んでくれる子も、お友達が来ると、どうしても走り回ってしまう。


わが子なら怒る事もできるけど「お友達」となると遠慮してしまい、強く怒れない。トホホ。


「せめて今だけ。。。うるさくてゴメンなさい(> <)」と、大目に見てしまう。。。


そんなストレスも軽くなるかもしれない、この2つのマット。
ぜひ、お試しを!



夜間救急のウラ事情

赤ちゃんや乳児、幼児をお持ちの方なら1度はお世話になる「小児救急医療」ですが、
前回「小児科の上手なかかりかた」に続いてチェックしておきたいと思います。




まず、基本的に、少しでも「具合が悪いかな?」と感じたら、昼間の早めに小児科を受診しておきましょう。

「あたりまえでは?」と思われるかもしれませんが、
意外に、熱があったり咳き込んでいるのに夜になってから救急で受診する方が多いのです。

もちろん、色々な事情があるかと思いますので「そうはいかない」というママも多いでしょう。

しかし、実際に医師に聞きましたが、
夜間の「外来の当直医」は持ち回りの当番制で行なっている所がほとんどです。

専門の医師に運良く当たればいいのですが、ほとんどがそうはいきません。
さらに言えば、「カン」で診察、診断をしている医師も多いのです。

”医師”とは言っても、自分の専門外のことは詳しくない場合がほとんどです。

医師が診察中に「ちょっと失礼」と席をはずしたら要注意!
ウラで、医学書を見て「この症状だと何の病気かな??」と、その場で文献で確認する医師もいるのです。
さらにヒドイ場合は、ベテラン看護師に
「先生、これは●●病ですよ」と助言を受ける医師までいるのですから呆れます。

もちろん、法的には違法ではありません。
皮膚科の先生が内科の患者を診ても問題はないのです。
医師免許があれば、基本的には診られます。

あくまで”法的”にはです。

受診したことのある方ならわかるかと思いますが、
とりあえずの処置をされて「明日、必ず●●科で診てもらってください」と、念を押されます。
”自信”がないからです。

実際、新人の医師などはハラハラしながら夜間の当直を行なっているのです。
「難しい患者が来なければいいな~」と、夜が明けるのを待っているのです。
これはドクターから実際に聞いた話しです。


そんなところへ、我が子を連れていきたいとはだれも思わないでしょう。

しかし、病気は待ってくれませんから、
緊急で夜間の受診になってしまうこともあるでしょう。
その場合は「とりあえずの応急処置のみ」だと心構えをして受診しましょう。
「小児科の上手なかかりかた」でも述べたように、子供の症状や普段の健康状態をメモを見ながらでいいので落ち着いて説明します。


小児科のかかりつけ医によっては、その先生の携帯など夜間の緊急連絡先を教えてくれる先生もいますので、
普段から、そういったドクター、小児科を見つけておくと安心ですね。

実際にうちの子供がかかった先生は、こちらから聞いたわけではありませんが夜間の連絡用携帯電話の番号を教えてくれました。
「何か緊急のことがあったらかけて下さい」と。

ご参考にしてくださいね。


小学生とチェーンメール

小学生でも携帯電話を持つ子が増えた


共働きや習い事などの事情があって持つ子もいれば
おもちゃのように買い与えられた子も多いという


いずれにしても
メールは多くの子が使っていると思う


いまでもあるらしいが
自分の携帯に突然こんなメールが届く


「受験合格のお守りメールです。合格してほしい友達にこのメールを送ろう。20人に送らなかったら、きみの合格は厳しいものになるよ」


なんて内容だ。


画像が送られてきて
「幸せになれる画像」などと言って
これもやはり他の人に送るような指示が書いてある。


いずれにしても
同じ内容を不特定多数の人に送るような指示が書いてあるのが
チェーンメールだが
こういうメールが来たら
すぐ削除して、他に送ることはしないことだ。


もっと最悪なのは
そういったメールに添付してある
ファイルだ。


このファイルを不用意に開封すると
ウィルス感染の危険がともなう


そのウィルスを
他人などに送ってしまったら最悪だ。


このようなメールで困ったら
「迷惑メール相談センター」(財団法人日本データ通信協会)のサイトを参考にしたい。


タグ /

小児科の上手なかかりかた

小児科の上手なかかり方、かかりつけ医について。

赤ちゃんや幼児は、自分の病状を大人のように上手く伝えることができませんよね。
その分、親であるわたしたちが1から10まで説明することになるわけですが、
小児科に慣れないうちは失敗も多いもの。
受診の前に
小児科の上手なかかり方をチェックしておきましょう。


良いかかりつけ医とは?
■近所である
近所であればママ友からの情報も入りますし、
なんといっても、高熱が出たり吐いたりしているのに長時間引きずり回してはかわいそうですし、
さらに悪化してしまうかもしれません。

■医師が正しい情報をゆっくり説明してくれる
ほとんど説明がないままお薬を出されて「ハイ終わり」や、一方的あるいは威圧的でこちらの話を聞いてくれない医師は論外です。
こちらから何でも話していける雰囲気であれば、普段の子供の状態や様子も分かってくれているはずです。
さらに細かい症状なども話していけるでしょう。
病院というところは、実際には「流れ作業で患者さんをさばきます」
なので、
医師や看護師などがそのまま「流れ作業的な対応」をとっている病院は避けたほうが賢明です。
忙しいなかにも「患者の話を聞く姿勢」のできている小児科なら
「かかりつけ医」合格です。


上手な受診の仕方
■準備
自宅を出る前にチェックしてください。
・保険証、医療証、診察券(以前のものでもかまいません)、母子手帳、おくすり手帳
・症状をメモしておく(診察室に入るとなかなか的確に説明できないものです)
・吐いたものがあれば、小さいパックで密封して持つ(写メでも)
・熱を計っていく
・子どもが気に入ってるおもちゃ(たくさん持つと、待ち時間にほかのお子さんと取り合いになりますので注意)

■待合室
・ぐずるまで、おもちゃは出さない(先に述べましたが取り合いになってしまいます)
・診察が終わるまでは、何も食べさせないのが原則です(正しい診断ができなくなってしまいます)
・おしっこをさせる前に受付や看護師さんに知らせる(尿を採る場合があるので)
・あまり苦しそうな時は遠慮せず申し出る。

■受診時
・持ってきたメモを見ながら的確に説明する(いつから→どんな症状で・・・という順に話したら、いったん医師からの質問や反応を待つ)
・説明をきちんと聞く(女性に多いのですが、一方的に話してしまい医師や看護師のはなしを聞かない方も多いです)
・必要ならば聞き返す(「今のはこういうことですか?」など)

以上をチェックしておけば、安心です。



最後に
ママがパニックになっていることが多いです(^_^;)
様子を良くわかっている人に付き添ってもらうといいですね♪
また、
あまり時間ギリギリの受診は控えましょう(緊急時は別です)
落ち着いたくわしい説明を得られないことが多いですので。



先頭へ戻る