ホーム » グルメ

なぜ?ご飯やお米が酸っぱい!においを消したいならこの方法

「腐ってる!?」
お米を炊いた時に、そう感じた事はないですか?


■ご飯を炊いたら「味」も「におい」もすっぱい


先日、お米を10Kg頂いた。
コシヒカリだったので早速喜んで炊いてみたら・・・

「え!?すっぱい!」

まじまじとお米を見ても、特に異常(?)は無い。

しかし、まず、匂いが変。
食べてみると「酸っぱい味」がする。
家族に食べてもらっても、みんな「すっぱい!」と言う。

「腐っているのか?」と思ったけど、調べてみると・・・・


■腐っているのではなく「●化」だった


「水に原因がある」な ども言われているけど、どうも、そうではないみたい。


一番有力なのは「お米の酸化」


ただし、
「古い」という事ではなくて、精米してから時間が経つとこのような現象がおこるらしい。
※本当に腐って悪くなっているならこの限りではないのでご注意を!


■これが酸っぱいお米をよみがえらせる方法


原因は、「精米してからの時間経過」だから腐っているわけではない。


自実、我が家も10Kg完食したが、「お腹をこわした」「吐いた」などは一人もいない。
食べられることは食べられる。


しかし、味が「まずい」


「もう一度精米する」という方法もあるけど、近くに「精米所」「お米屋さん」が無い場合もあるし、あっても、お金がかかる。


わたしが試した一番かんたんな方法は、「冷蔵庫にしまっておく」だけ。


お米の袋のままでもいいし、大きめのタッパーに移してもいい。

数日、冷蔵庫に安置しておくだけで「アラ、不思議」
あの「すっぱさ」が、なくなっている!

お米を長期保存する時に劣化を防ぐため「冷蔵庫」は推奨されているので理にはかなっている。

しかし、「酸っぱさが取れた」というだけであって、
「おいしくなる」という訳ではないのでご注意を。


■もうひとつの方法。無酸素保存


さらに極めるなら、「無酸素状態にする」という方法がある。

なんか難しそうだけど、一般家庭でもかんたん。

これも試してみた。


穀物用脱酸素剤入りジップ袋ネルパックを使って、無酸素状態でお米を保存する。
もちろん冷蔵庫で。

やり方は、チャックを閉めるだけのジップ袋にお米を入れるだけ。
 ※脱酸素剤は、酸素を吸収し食品の変質を防止するはたらきがある

大きな「5Kgタイプ」もあるけど、「3Kgタイプ」の方がチャックを閉めるだけのジップ袋で女性でも力がいらないので扱いやすかったかな。

袋に入れて1ヶ月経ってもエアが入る様子は無し♪


女性でも扱いやすいサイズだし、袋に入れておくだけでかんたんに無酸素状態で保存できるので、
実はこちらを愛用中。

脱酸素剤の交換で再利用可能なのでリーズナブルだし^ ^



食欲不振や消化不良にはシソが良い理由

シソは昔から田んぼのあぜや畑の片隅に多く植えられていた。


手をかけなくても簡単に育つため
家庭菜園などでも人気がある。


さらに、
薬味、刺身のツマなどでもおなじみで
生活にとけこんだ野菜だ。


シソは漢字で「紫蘇」と書くが
これは、倒れた人も蘇生させた紫色の植物だ。という意味がこめられている。


また、ビタミンC・ビタミンA・カルシウムも多く
野菜の中でもトップクラスの栄養価なのである。


シソは昔から「7つの顔(効用)を持つ野菜」とも言われ
実に多くの薬効がある。


防腐作用は有名だが
これはペリラアルデヒドのはたらきによるもので、
刺身のツマにシソが使われる理由がここにある。


さらに、
胃液の分泌を促して
食欲不振や消化不良を改善、
胃腸を丈夫にするはたらきもある。


夏バテなどで食欲が落ちたり
冷たいものをとりすぎて
胃腸の調子がすぐれないなどのときには良いだろう。


また、
あの独特の香りの元でもある
ペリラアルデヒドは
神経の高ぶり、イライラを低減させるはたらきもあるという。


あの薄っぺらい葉っぱのなかには
これほど多彩な「顔」が隠されていたのだ。


バーガーキングとマックどっちが好き?

最近、バーガーキングによく行く。

引っ越したところが、
マックよりバーガーキングの方が近いのだ。

マックは好きなので
ちょっと離れてはいるが
時間かけても行っている。


まったく個人的な見解だが、
2つを比較すると、

ハンバーガーはバーガーキングの勝ち。

フライドポテトはマックの勝ち。

かな。。。


バーガー類については、
バーガーキングの方が「手作り感」がある。
また、
お肉も「焦げた香ばしさ」がほどよく感じられ、
これまた手作り感に拍車をかけている。


ボリュームもマックより上。


だが、
ポテトはいただけない。


フライドポテトに関しては、マック。


マックフライポテトは
あの
「塩加減」
「独特の風味」
「細さ」
で、知り合いでもファンは多い。


「ぶっといフライドポテトはイヤ」とも言う。


あのポテトが食べたいからマックに行く人もいる。


で、
結局どっちが好きか?となれば、
わずかの差で・・・


マック。


ちょっとした時間が空いたとき、
コーヒーでも飲もうと思い入るのは
きっとマックかな~


なぜなら、
サイドメニューが充実しているし、
コストの面でも。。。ねぇ~


でも、
ガッツリ食べたいときは
バーガーキング。
ですね。


バーガーキング(BURGERKING)食べてみた

今日のお昼にバーガーキングをはじめて食べた。


いつもはマック派なので、値段がちょっと高めに感じるが
ふつうはこんなものだろう。


食べたのはフィッシュサンドのセット。


マックで言えば「フィレオフィッシュ」みたいなもの。


いわゆるハンバーガーの「丸型」ではなく
リブサンドなどの「縦長」タイプ。


フィレオフィッシュと違い、レタスが入っている。
味は濃いめ。
ちょっと喉がかわくかな。


ボリュームはあるので男子にはいいかも。


店員さんの感じも良い。
ちょうどレジに並んでいるときにちょっとしたトラブルがあって、
順番で並んでいたはずなのに、初老の夫婦がいきなりレジに行って注文をはじめてしまった。
直前に並んでいた女性がどうするのかと思ったら、レジの女性店員に
「並んでたんですけど」と、ちょっとムッとして一言。


混んでいる時間でもなかったので、見逃す店員さんも店員さんだが、
その夫婦も・・・


まあ、年齢的に見て「いつも」こういうお店を利用するとも思えないので、
おそらくわからなかったのだろうが。


マックと同じように¥100のメニューもそろっている。
ホットスナックチキン、BKチーズビッッツ、BKソフト、アップルパイなど・・・


マックがあれだけの値段で出しているので、ほかのバーガーショップも追従せざるを得ないのだろう。


先頭へ戻る