ホーム » スポーツ

オスグット用の膝サポーターを使ってみた!効果があったのはコレ

うちの子(中学生)は、バスケットボールをやっている。

先日、「ひざの前が痛い」と言い出した。
見てみると、
「ひざのお皿の下の骨」が出っ張ってきている。


「これはオスグッド病だ!」と、ピンと来た。


「陸上」「バレーボール」「サッカー」をやっている子に多い病気。


念のため、整形外科でレントゲン検査。


診断の結果、やはり「オスグッドシュラッター病」だった(オスグッドシュラッテル病とも言う)

治療としては、
シップをして「安静が大事」とアドバイスされた。
「悪い病気じゃないから成長期が終われば自然と治るから」とも。

こちらも多少知識はあったので、「オスグッドに良いとされている事」は行った。


■オスグッドの治し方とは


  • まずは、激しい運動は休ませる

  • 急性期はアイシングを数分間だけ

  • 普段はお風呂でよく温めること(血液がめぐることで患部に栄養や酸素が送られ回復が早まる)

  • 太もものストレッチ(短時間の正座でも良い)



しかし、本人は
「まだ痛い」と。(そんな急には治らないよ~。とは言ってもアセるか~^ ^;)


確かに「安静」と言われても、試合も控えているし・・・「今回だけでも試合に出たい!」と。。。

そこで、
「一時的に痛みを軽減できるようなサポーターがあれば」と思い、色々調べてみると。。。

あるサイトで
「実際に病院でも採用され、効果をあげているサポーター」があるという。
 ⇒なぜ一瞬でオスグッド病の痛みがとれたのか?膝の成長痛に効くサポーター


こちら、
「実際に病院でリハビリを担当している方」が、書いているサイトらしい


このサポーターの値段、確かに「安い」が、作っているメーカーに信頼性があることは知っていた。


ということで、早速、買いに行ってみた!


しかし、
小さなスポーツ店には置いてなく、大型スポーツ店でやっと見つけた。


値段は ¥1,404(定価)


たしかに安い・・・
これで痛みがとれるなら万々歳だけど。。。。


手に取ってみると小さくて
「ほんとにこんなもので効くのかな?」と疑ってしまう。正直。


子供も、完全に疑っている(笑)


しかし、実際に膝に付けてバスケをやった息子からは、
「これ、全然違うよ!これならバスケできるわw」と、喜びの声


「ジャンプしても痛くない?」と聞くと
「うん、だいぶ違うよ」


結構、感動らしい。


本人が言うには、ちょっと「きつめ」に巻くのがコツなんですと^ ^


ただ、上記のサイトでは”きつく”巻くことは推奨していない。


したがって、練習や試合のときだけ「一時的に”きつく”する」のがよいと思う。


それでも痛い場合は「アイシング」ですこしラクになるらしい


ちなみに、
整形外科などでサポーターをつくると、オーダーなので「ウン万円」などの値段になってしまうからご注意を。


もちろん、
「サポーターを付ければ運動をしてもいい」ということではなく、サポーターもアイシングも、あくま で「一時しのぎ」


オスグットは、膝蓋靱帯の付着部(お皿の下)が、大腿や膝周辺の筋肉に引っ張られて過度の力がかかり、剥離(はがれるような状態)するために起こる。


だから骨が盛り上がってくる。


この炎症が一時的におさまって痛みが引いているだけで、治ったわけではないから、基本は運動をひかえることが大切になる。


とは言え、
「とにかく試合などの大事な時だけでもいいから痛みを止めたい」という場合は、かなり便利


小さいから携帯もできる。


追記:その後、さすがにハードに使う日々でヘタってきたので、我が家はネットで2個目を購入。リピしている。子どもも常にバッグに入れているらしい^ ^


タグ /

テーピングテープの種類 | わかりやすい説明

テーピングに使うテープの種類は
患部の位置、ケガの具合、手法によって異なる


たとえば幅が適切でないと
固定力不足になったり、逆に
動きを制限しすぎてしまうことになる


■粘着 非伸縮性テープ

関節の固定、動きの制限、圧迫に使う
幅の例:指 19mm  足首 38mm  ひざ 50mm


■粘着 伸縮性テープ

関節の動きに合わせて伸び縮みするので
筋肉の動きの大きい部位に使う

また、血管や神経の圧迫が心配な場合や
非伸縮性テープでは違和感のある手のひらや、足の裏などにも。

幅の例:指 25mm 足首 50mm ひざ 75mm


■アンダーラップ

皮膚が刺激に対し、かぶれなどの反応をおこしてしまう人や
アレルギー体質の人に巻く。
長期間のテーピングで肌があれてしまった場合にも
皮膚を保護してくれる


■粘着スプレー

テープの粘着力を強め汗などによるゆるみの防止
テーピングの作業スピードを上げるときに


■リムーバースプレー

粘着スプレー、テープの粘着物、ワセリンなどを取り除くもの
テープをはがすときには、テープの上から直接スプレーするが
そのほかの場合は、皮膚に直接スプレーする


■スポンジラバー

皮膚や腱の保護や衝撃をやわらげるために使う


■ワセリン

患部の皮ふを保護するために塗る


タグ /

テーピングを巻く前の注意事項

テーピングの効果を上げるために
これから行うスポーツなどの力学的特性、体型、ケガの程度
などからテープを貼る位置、方向、強さ、幅、枚数などを
よく考え、もっとも効果的な巻き方、貼り方を選ぶこと


テーピングを貼る部位をチェックする
・腫れや痛みのある時は原因をよく見極めテーピングしてようかどうか?を判断
・患部にキズなどがある場合は、粘着スプレーやテープを貼ったりすると傷を悪化させるので注意
・患部の皮ふがお風呂上り、シャワーのあとなどで毛穴が開いている場合はなるべく避ける


テーピング前に行う処理
・体毛を剃ると粘着性が高まり、はがすときも痛くない
・患部を石鹸やアルコールなどで洗い、水気をよくとる
・キズの上にテーピングを行うときはガーゼでおおってから貼る
・わきの下、膝のウラ、足の甲など、皮膚が弱いところはワセリンを塗ったり、ガーゼ、スポンジ、ラバーなどをあてがう
・アレルギーなどにより、すぐかぶれたり過敏な反応をおこすときはアンダーラップなどを巻いてから行う


テープを巻くときは
ねじれやしわなどが出来ないように。
患部の体型にそって体表面とテープのロールを
平行に保ったまま巻くこと


巻いた後は
テープが圧迫しすぎていないか確認
血管や神経にまで影響が出るのはきつすぎる


タグ /

そもそもテーピングとは何だ?どういうふうに使うの?

テーピングとは
カラダの関節や各部位にテープを貼ったり巻いたりすること


貼ることによって
関節を固定、骨格構造を保持したり
関節運動を制限して、その可動範囲内で運動を行う


また、肉ばなれなどでは
1か所に集中する力を圧迫により分散、痛みの緩和をはかる


けがをしたスポーツマンに行う
アスレチックリハビリテーションは
けがの回復と早期復帰を目的に行う


関節の動きを制限し
じょじょに解除していく
軽度のトレーニングにより患部と全身の筋力を
スポーツ可能な状態までもっていく


けがをしたら、本来は運動を中止し
安静をはかり治療に専念するべきであるが
実際には
試合続行や諸所の事情により
なかなかそうもいかない場合も多い


そういう場合は
専門医の診断を受けた後必要なテーピングを施し
試合などに臨む


また、
あまり知られていないが
野球のバッティングのフォーム矯正、
ゴルフのスイング、円盤投げのフォーム矯正にも有効だ


テーピングを用いると該当箇所の動きが制限されるので
正しいフォームで打つ・投げるなどの動作を行うことができる


やがてその動作フォームが身に付き体が覚え
正しいフォームへの矯正が完成する


正しいフォームでのスポーツは
けがの防止にもつながる


スポーツであちこち痛くなるのは
だいたいフォームが基本から外れている場合が多いからだ


タグ /

山登りの下りで太ももの筋肉が張る | トレーニングで筋肉を鍛えるべき?

登山の上りはスイスイ
下りではガクガクという人が多い


山に詳しい人に聞くと
下りの筋肉は、実際に何度も下山して鍛えるそうだ
数稽古だとも


ポイントはいくつかある


まずは、ゆっくり下る
数を重ねるごとに分かるというが
ひざを痛めないよう、あせらず
下りだからとサッサと歩かないで
時間をかけて下りるのだと


また、
とくに疲れると
膝を伸ばしたままドンと足を着く傾向があり
これがまた良くないと


結局は歩き方によるのか?


筋力が無くても以下のように歩けば
普通は歩けると


・重心を低く。ひざは軽く曲げ余裕を持たせた状態で、やや前傾姿勢
・着地はひざを伸ばさずにゆっくり着く
・大股は厳禁(歩幅を小さく)


ストックについては賛否両論あり


ひざには良いが正しい歩き方が分からなくなる
ダブルストックはコツがいるという


痛い時のみ使うなど
応用のきいた考えが必要


日常、自宅でできる
足あげのトレーニングで筋肉を鍛えることも有効


やり方は

1:床の上にあおむけに寝る
2:片方の足は膝を深く曲げ、もう片方はまっすぐのばす
3:両手は床の上に自然に伸ばす
4:伸ばした足をひざを曲げないようにゆっくり上げる
5:10センチくらいで5秒止める
6:床におろし、2~3秒休んで再びあしを上げる

ポイントはゆっくりと上げること
早くやってしまうと効果が半減する


先頭へ戻る