ホーム » 癌(がん)

大丈夫。家族が癌でも気持ちが明るくなる本2冊 | 妻の胃がんを通して

「家族が”がん”の告知を受けてしまった。。。」
そんなあなたのために、これを書いています。
もし、今、気持ちが暗く落ち込み、不安でいっぱいなら、朗報かもしれない。

少しでも、気持ちを「前向きに、ポジティブに」「暗く考えないように」なりたいなら、この先を読んでいただきたいのです。





わたしの家内は「胃がん」を告知された。
 ⇒妻が胃癌の宣告をされた | 告知された家族として

はじめは、家内もわたしも「なんでうちが?」「この先どうなってしまうのか?」という不安で毎日がとてもつらかった。。。

家内は入院したが、わたしは子供もいるし仕事もあるので、見舞いながら今まで通りの生活を続けなくてはいけない

「仕事のこと・家内のがん・子供のこと・先の見えない不安」を一度に考えなくてはならない追いつめられた状況。
そんなときに出会った、本当に良かった本「2冊」を紹介します。


この本のおかげで、日々のつらさが確実にラクになった


がんになってしまた大切な人を支えなくてはいけないあなたのための「本」


1冊目はコレ
 ⇒『くよくよしない人の~』 (楽天ブックス)


正直、いままでこの類の本を読んで「気持ちがラクになった!」という試しがない

ほとんどの本は、1回読んだら、イヤ、半分読んだらゴミ箱行きのものがほとんど。

そもそも(ガンになってしまった本人はもちろんだが)その家族は、「なんで●●が、ガンになってしまったんだろう!?みんな健康なのに。。。」
「誰も、自分の気持ちなんて分かってくれない」
「この先の人生、ズーっと、この不安がつきまとうのだろうか。。。支えていけるだろうか。。。」
「もし、万が一の事があったら。。。」


そんな考えがグルグルと頭の中を駆けめぐり、その事が頭から離れなくなる

少なくとも自分はそうだった

ところがこの本は、そんな「混乱した不安で暗くなってしまう頭の中」が、読み進めていくうちに整理されていくのがよくわかる


もちろん、
本を読めば、ガンが治るわけではない

しかし、

あたえられた「今」に、ベストをつくすしかない現状に少しでも向かい合えるようになるために、少しでも前に進んでいけるように。
その助けにはなるはず。


気持ちが暗く落ち込んでしまうときにページをめくっていくと「こう考えればいいのか」「こういう見かたもあるのか!」という気持ちを前向きにしてくれるヒントが、本のあちこちにちりばめられている。





「がんになってしまった」

この事実は変えることができない


つらい。。。


つらいが、しかし、その事実を、今は、「自分側」からしか見ていない。
1つの方向からしか見えていないのだ。


その事実を「反対側から」または「真横から」
または「真上から」見下ろしてみると、「そうなのか。。。イヤ、そうかもしれないな」と、まるで違うとらえ方が、表裏一体で存在していた事に愕然とする


そんな驚きの連続だった


この著者は、精神科医(故人)であるが、どこにも小難しい理屈など書いていない。
とにかく、読みやすい。わかりやすい。

本の苦手な人も安心してほしい。

また、
「気」だの「パワースポット」だの「波動」だの、いわゆるオカルト的なものは一切書かれていないので念のため。

そういうものが「キライ」という方にもオススメ。





自分の場合だと、
とにかくがんの告知を受けてからというもの、気持ちが暗くなり、人と話すのもイヤになってしまい、それでも仕事にはいかないといけないし、子供の前で暗く落ち込んではいられない。

それに反してカラダは鉛のように重い。
ちょうど、熱を出した時のように「重だるい」のだ。

その「重だるい体」で、這(は)いつくばるように職場へ向かった事を思い出す。

そんな通勤の電車の中でバイブルのようにいつもバッグに入れ読んでいた。


本をサッと開いたら、どこから読んでもよい。

ストーリーなど無いのだから、今の気持ちにあてはまるところから読むといい。

家内が入院している病院に行く時も「暗い顔」はしていられないので、この本を読んで気持ちを上向きにしてから「ヨシッ!」と、病室に入って行ったことを思い出す。


「心配性」のあなたには特にすすめたい。


とにかく、500円ちょっとで買えるのだから、一度、手にとって読んでみてほしい。

きっと、今より
少し元気に
少しラクに
カラダが軽くなっているはず。


わたしがそうだったように。。。

病気になってしまった家族、大切なひとを支えなくてはいけない立場の人の気持ちは分かるつもり。

分かるだけにオススメしたい本なのです。

ぜひ、一読を。


追記: やっと見つけた、「がん患者さんを支える人」専用の本があります。

まるで暗いトンネルの中をさまよい歩くように、「どう支えてあげればいいのか分からない」と、迷い、悩む日々ならぜひオススメしたいので手にとってページをめくって下さい。

読み進めていくと、暗闇のなかに光が差し込んで出口が見えてきます。
「支え方」「接し方」「かける言葉」が分かります。“自信”を持って接することができる。本当に良い本です。

気持ちの整理がつかない中でも、それでも今は家内を支えられ、2人とも"笑顔"でいられるのです。
このページで紹介している2冊と合わせて、バイブルのように常に携帯していつでも見られるようにしています。

もしあなたが、
「大切な人に笑顔になってほしい」
「不安でいっぱいのあの人を支えなくてはいけない。力になりたい」
「がん患者さんとの接し方、かける言葉が分からない。なんて声をかけたらいいの?」
「前向きになってもらいたい。どうすればいいのか?」

思い当たるなら、
どうすればいいのか?ここに全て書いてあります。

読み進めていくほどに吸い込まれ、「目からうろこ」でした。。。
もっと早く読んでいればよかった。。。
 ⇒暗いトンネルから抜け出せた!本人が、自分で「それでも私は幸せなんだ」と気が付いてくれる接し方とは?







2冊目は、
 ⇒『胃を切った人の食事』(楽天)


こちらは、がん患者の家族ではなく、
「胃がんになってしまった、そのご本人へ」おすすめする本。


我が家の場合は、胃を「全摘」だったので、その不安たるやすさまじいものがあった。

「胃がなくなるって。。。食べられなくなる!?」「生きていけるの!?」という、とてつもない不安が襲ってくる。


普段、あたりまえに「食べている」生活を続けていると、“食べること”のありがたさが、まったく分からなくなる。

それどころか、世の中は、
「●●ダイエット」
「いかにして食べないか」
「こうすれば食欲をなくすことができる」
などと、正反対のうたい文句が無神経に並んでいる。

もし、本当に食べられなくなってしまったらどうするのだろうか?

病気になって、はじめて身にしみるのだろう。。。


話がそれたが
ネットで「がん」の事を調べると、必ずと言っていいほど気持ちが落ち込む


「再発」「転移」などの言葉が無神経に平然と並び、ただでさえ、そういう「病名の文字」を目にするだけでも気持ちがズーンと暗くなってしまうのに、こんな所を見続けていると不安と落ち込みしか残らない。


ある意味「無法地帯」である。

無法地帯を、病気で悩んでいる本人に解放したらどうなるか?

もちろん、それをも受け入れて割り切って見られる人はいいかもしれない。

だが、家内は正反対な性格だ。

クヨクヨと落ち込んでしまう気質だけに、この無法地帯を見せる事は出来なかった。
落ち込んでしまうのが分かっているから。。。


しかし、この本はそんな家内にも安心して手渡せた。


とにかく、胃を切った人や全摘した人に対して「希望の言葉」が並んでいる

イヤ、
その他の本が、あまりにも配慮にかける本が多いからそう感じたのかもしれない。

「胃が無くてもこんなものが食べられるんだ!」と、うれしくなるに違いない。

希望の光が見えてくる。

巻末には「胃がん」の総論が書いてあるが、これも患者本人に見せても気持ちが落ち込まない安心な記述。


この本を家内に手渡した時の笑顔が忘れられない。

救われたような気分になったものだ。

「ほら、こんなものも食べられるようになるんだよ!大丈夫だよ^ ^」
ようやく、2人で笑い合えた瞬間だった。

胃がんの手術をして「食事について不安」な人にはおすすめ。



長くなりましたが、少しでも前向きになれる手助けになれば幸いです。



タグ / 家族

妻の胃癌で分かったこと | 腸内細菌が減ると癌になりやすい

家内は胃がんで「胃」と「脾臓(ひぞう)」を全部摘出した。
 ⇒妻が胃癌の宣告をされた | 告知された家族として

胃が無いので、食べたものは「腸」が消化吸収してくれる。
 ⇒大丈夫!胃がん全摘出しても術後は普通の食事がとれる

今までは「胃」と「腸」が役割分担していたものが、これからは全て「腸」がひとりで働かないといけない。

こうなると、いままで以上に「腸さん」(我が家では尊敬の念を込めてこう呼んでいる)に対して、自然におもいやりを持つようになる。

もはや「生命線」ともいえる“腸さん”に良いことは、積極的に取り入れるようになった。

また、“腸さん”のことをよく調べるようになった。

そこで分かったこと。


■腸内細菌とガンの密接な関係とは


ネズミのエサにヨーグルトを14%加えると、そのネズミの寿命は約8%延びて長生きしている。

死因が「がん」のネズミも減少した。

ヨーグルトを食べていたネズミの「腸内細菌」は、ふつうのエサのネズミより善玉ビフィズス菌が約10倍も多かったという。

また、
肝臓がんになりやすい実験ネズミの75%は肝臓がんになっていくが、同じく「ビフィズス菌製剤を入れたエサ」を食べさせると、肝臓がんになる確率が46%にまで下がった。

「腸にビフィズス菌が増えると発がんが抑えられる」という研究結果。


■スーパーで買える「乳酸菌の多いヨーグルト」はコレ


ちなみに、一般的に売られているヨーグルトのなかで乳酸菌の多い商品名は、

  • ダノンの「ビオ(BIO)」 (乳酸菌は BE80)

  • 森永の「ビヒダスBB536」 (乳酸菌は ビフィズス菌BB536)

  • メグミルクの「ナチュレ恵」(乳酸菌は ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株)


どれも「生きて腸まで届く」商品ではある。

しかし、

さらにその後「長く腸に留まり」「乳酸菌のエサとなるオリゴ糖が入っている」となると、
このプレーンヨーグルトと、megumiヨーグルトだろう。
↑↑それぞれ【楽天の最安値】が表示されます↑↑


■人間も同じような結果が


東京大学・筑波大学の泌尿器科では、人間にビフィズス菌製剤を投与すると、膀胱がんの再発が30%抑えられたという報告をしている。

多くの発がん物質は、腸内細菌の「悪玉菌」によって生成されるからだという。

逆に、善玉ビフィズス菌が減ると、悪玉菌の勢力が強くなり、腸の中では食べ物のカスが腐ってインドールやスカトール( ← 腸から吸収され健康を害する物質)が増える。

同様に、ニトロソ化合物(発がん物質)やアンモニアなども作られてしまう。


■これを増やせば発がんを抑えられる


腸内のバランスを良好に保っておけば発がんの可能性は減り、さらに老化も遅らせることができる。

詳しく知りたい方はこちらを
 ⇒腸内環境を良くする食べ物と悪化させる食べ物 | これが悪化の原因

参考までに、腸内細菌のほとんどは「大腸」に生息している。


■アレルギー患者さんの腸内環境は?


アレルギー性の疾患を持っている方は、善玉菌であるラクトバチルス菌が少ない。

また、アレルギーの出現率で見ると、抗生物質などを服用し腸内細菌叢が崩れた子供たちが高いと言われている。


■善玉菌は増えすぎもダメ


よい働きをする善玉菌だが増えすぎも良くない。

関節リウマチ膠原病(こうげんびょう)になり易くなってしまう。
これは、リンパ球のヘルパーT細胞(T2)が作り出す物質の違いによるもの。

だから、乳酸菌や発酵食品を多くとり、腸内環境のバランスを保つことは「免疫力」の面でも大切なことになる。




タグ /

癌患者に対する家族の接し方 | 言ってはいけない2つの言葉

自分の家族がガンになってしまうと(患者本人はもちろんだが)その家族までも精神的なプレッシャーにつぶされそうになる

家族は「第二の患者」とも呼ばれ、家族自体が悩み落ち込んでしまったり「うつ病」になってしまうことも多い

そんな中、いったい患者本人に、なんと声をかけたらいいのだろうか?


まず、ひとつめに大切なことは、
ときに、「何かを口にする」とか「声をかける」とかではなく、あえて見守ることも必要な時があるということ。

たとえば、本人が「死にたい」などと言い出すと、
そういう言葉に慣れていない周りの家族はとまどい「そんなことを言っちゃいけない」と、そのおもいを上から押さえつけてしまったり、「なんでもっと前向きに考えられないのか?」と本人を責めてしまったり

確かにそれはそうなのだが、
本人からすれば「あぁ、自分の気持ちはわかってもらえないんだ」と、孤独感を感じてしまう

この「孤独感」はとてもつらい


なにか声をかけなくても、アドバイスをしなくてもいい時がある

「死にたい」と泣いても、それは”本当に死んでしまいたい”というより
”自分のつらさ苦しさをわかってほしい”という意味の裏がえしの時も多いのだ


ただ、ひたすら聞いてあげるべきだ


もちろん、
あまりマイナスな方向にいってしまうときは軌道修正も必要だが、基本的には「聞く」というスタンスが大切ではないだろうか。

しかし、

いくら「聞く」とはいっても、以下のように言われたときはどうコミュニケーションをとったらいいのか?

「なんで自分がガンなの?なんで私なの?」
「わたしの人生って、意味があったの?」
「死んでしまうの?」
「もう、治療をやめたい」
「来年、生きてるのかな・・・」


以前の僕なら、困ってしまい暗くなり、こちらが疲労困憊してしまった。。。。

そんな時、ある本を見つけた。

はじめはそれほど期待はしていなかったが・・・・

読み進めていくうちに、”目からうろこ”状態になった。

そこには、
著者が 1000 人以上の終末期の方と関わって、実際に行ってきた聴き方(具体的に何をすべきか?)が、書いてあった。

がん患者さんの悩みの「聴き方」というのはあったのだ。

ただ、やみくもに聞けばいいのではない。


だから、

今の僕は、「どうしたらいいのか?」が分かります。


「どうしたらいいのか?」、具体的に書いてある良書はコレです。
⇒楽天ブックスへ(最短で翌日到着)


この本について、僕なりのレビューを書きました
 ⇒これが、がん患者を支える接し方 | 家族の私がやってる傾聴サポート


著者は「緩和ケア医」

いまでも、分からなくなったら目を通し「聴き方のバイブル」としています。

この本があったから、共倒れにならずに済み、家内を支えられたと言っても過言ではないのです。

もし、知りたいのであれば、ぜひチェックをオススメします。

「大切な人に笑顔になってほしい」
「不安でいっぱいのあの人を支えなくてはいけない。力になりたい」
「がん患者さんとの接し方、かける言葉が分からない。なんて声をかけたらいいの?」
「前向きになってもらいたい。どうすればいいのか?」


思い当たるなら、具体的な方法がここに全て書いてあります。

この本で支えて"笑顔"にしてあげて下さいね。





ふたつめに、

「そんなこと考えてもしかたないだろう」とか
「少したのしいことでもやって気分転換した方がいい」などもやめてほしい。


がんになってしまった本人からすれば
「自分の話、グチは聞きたくないんだ」と、心を閉ざしたくなってしまう

もちろん、なんでもかんでも
「そうだその通りだ」「わかるわかる」では、
「この人は自分の話を聞いていないな」と、かえって落ち込んだり、怒りにつながってしまう


これは大切なことなのだが、
ガンになってしまった方の「こころ」は、
「この不安な気持ちや苦しみを分かって」という気持ちと、
「この気持ちは他人には理解できるはずがない。なった本人しかわからない」
という、相反する気持ちが常にあるのだ



だから、言っていることが二転三転する。
1日の中でも気分がコロコロ変わり、明るくなったりズドンと落ち込んだり、昨日は「白」と言っていたのに、今日は「黒」と言ってみたりする。

そういう言動につながってくる。


本人が、一番、自分の心を分からなくなっているのかもしれないからだ


そして、
本人が、自分の気持ちや希望などを口にしたら「本気」で聞いてあげる。


家族も疲れてしまうが、
そうやって”ひとごと”ではなく、おもいを共有することでお互いに「強く」なっていけるのだから


■「10分でいいから悩みを聞いてほしい」


早川一光という医師がいる。

診療所や医療の充実に明け暮れ「わらじ医者」と慕われた人物。
老化や認知症の本も書き、講演なども精力的にこなしてきた。

しかし、
平成26年、本人に血液のがんである多発性骨髄腫が見つかる。

そこからは、自宅で抗がん剤を続けながらの闘病生活。

今まで多くの人をみとり死について講演してきたはずだった。
しかし、自分ががんになるとそうはいかなかった。

心を取り乱し、最期のことをあれこれ考えてしまい、眠れない。食事も食べられなくなってくる。
「はじめて、『病気の人の気持ち』『死ぬ怖さ』が分かった」


そんな早川医師が、同じ医師でもある長年の友人に言った言葉。

自分が患者になってみて 、たどり着いた結論は・・・・


「10分でいいから患者の悩みを聞いてほしい」だった。



これが、がん患者を支える接し方 | 家族の私がやってる傾聴サポート

「気分が塞ぎ立ち直れない家内を、どうやったら笑顔にできるのか?」
「なんとか前向きにしたい!」
「毎日毎日、不安が消えない」
「八つ当たりがひどい」
「もう、共倒れ。。。どうすればいいのか分からない」



かつて、出口の見えないトンネルのように悩んでいた苦しい日々。

僕は、あの本と出会っていなければ、今でも同じような時間を送っていたと思う。


大切な人を“笑顔”にしてあげられる本 ⇒楽天ブックス(送料無料・最短で翌日到着)


あなたが、同じようにがん患者さんの精神的ケアやコミュニケーションに悩み、「なんて声をかけたらいいのか?」と苦しんでいるのなら、このページは少しの助けになるはずです。




以前、
「がん患者さんを“支えなくてはいけない方”のための本」
「胃がんになってしまった“ご本人へ”おすすめする本」
を紹介した。
 ⇒大丈夫。家族が癌でも気持ちが明るくなる本2冊 | 妻の胃がんを通して


これには反響がかなりあり、少しでもお役にたてなのなら幸いです。


しかし、やっと見つけたのです!!

がん患者さんを、どうやって支え、なんて声をかけたらいいのか?、どういう態度をとればいいのか。
その具体的な方法が書いてある良書。

僕と同じような境遇の方にどうしても紹介したくて、居ても立ってもいられなくなり、この記事を書いています。



■大切な人が、「私は幸せなんだ」と気付いてくれる本



「がんになって不安でいっぱいのあの人を支えなくてはいけない。力になりたい」というあなた。
「本人に前向きになってもらいたい。何をしてあげられるのか?」と悩んでいるあなた。
「癌患者さんとのコミュニケーションが分からない」という方。


お願いします。ぜひ、読んでください。
イヤ、(生意気ですが)読むべきだと思います。


大切な人が、「私は幸せなんだ」と気付いてくれる本は、コレです ⇒楽天ブックスへ(送料無料・最短で翌日到着)


何より・・・・わたし自身がこの本で救われたので。


■どんな本なの?


著者は、緩和ケア医。

以下、本分より

「がん」だけではなく、「悩んでいる人・困っている人」を支えてあげたい方に一番適している本。
「支え手」になるために必要なのが傾聴力(けいちょうりょく)なのです。
「この力で支えられない人はいない」私はそう思います。
私が働いている緩和ケアチームは「傾聴」の達人集団です。
特に初回面談から、いきなりその方のこれまでの人生を語ってくれることがあります。そんな話を一度もされたことがない方がです。
それが「傾聴力」のすごさなのです。




著者(緩和ケア医)は、かなりの自信で言い切っている。

しかし、
わたしは素直に、「この“傾聴力”を身につけて妻を支え前向きにしてあげたい」と思った。



■この本ってスゴイな!と思ったところ


一般的に「傾聴(けいちょう)」とは、「相手の話をじっくり聴いて共感を示し相手を理解する」という意味。

しかし、ほかの本とは違い思わず「う~ん!」と、うなってしまったその理由とは、
ただ、「聴いて共感して相手を理解する」だけで終わらないところ。

あるポイントにしたがって聴いてあげると、やがて相手は聴いてくれている人を通し、いつのまにか自分自身と対話し最終的に患者本人が答えを導き出すのだ。

人から「こうだよね?」と説得されて出した答えと、
自分自身で納得して導き出した答えは、天と地ほど違う。


その人の話を(悪い話や不幸な話も)傾聴していくと、その人の中で「あるもの」が見えてくる。

その「あるもの」がカギ。

そのカギを生むための9つの質問とは?

詳しくは本を読むと分かるが、「あるもの」には「その人の人生の意味」が含まれ、今、病気であっても「幸せ」と思える何かが生まれている。

「傾聴」にはそういう力がある。

そこまで具体的に買いている本はなかなか見当たらない。


また、
聴く側の人も、 相手の悩みが深ければ深いほど、聞きこんでいくうちに一緒に暗くなってしまったり、疲労困憊して出口の見えないトンネルに迷い込んでしまったような気持ちになってしまうこともしばしば。

そうならないための方法も、ここに書いてある。

さらに、
傾聴力では解決できない場合(うつ病など)は、どこで判断したら良いか?
その見分け方も教えてくれる。
自殺などの悲しい結末にならないために、必ず知っておきたいことなのだ。

だから、

これを正しくマスターして、「まるで綱渡りのような毎日。いつ落ちてしまうか不安でたまらない」という気持ちで過ごしている家内を支えたいと、本気で思ったのだ。

傾聴力を“自分のもの”として使いこなせれば、家内をいつでも“大きな器”で支えてゆける。これは心強いではないか!

幸い、著者は「最後まで読んでくだされば必ず使えるようになるはずです。」と、言っている。

何か、明るい光が差し込んできたような思いがした。


■この本の欠点は?


内容はすばらしい。

ただし、スイスイ読み進めていける訳ではない。

やはり内容が深いだけに、じっくり理解しながら読み進める必要がある。

「ん?」と思うところは、少し手前に戻って再度そこから読んだりと、一文一文をお腹に落として読みすすめないといけない。

もう少し文字を大きくしてカラーにして図解などを入れていたら読み進むスピードも上がるだろう。

しかし、それは求めすぎなのかもしれない。

わたしは何度も読み返しているが、2回目以降は読むスピードが劇的に上がっている。

しかも、“新しい発見”もある。はじめての時と比べて理解度が増している。

読んで実践して自分の物にしてしまえば・・・・
これはもう、【一生使える財産】だ。

大切な人と自分を結ぶ、「目に見えない宝物」

ここまでの内容を書いてくれれば、もう、値段に対しておつりを払いたいくらい。安すぎる。



■ここからは、自分なりのレビュー



「 あなたのレビューはいいから、自分で買って読んでみるよ」という方はコチラからどうぞ
 ⇒楽天ブックスへ(送料無料・最短で翌日到着)




  • この本では、まず「苦しみ」を4つに分解する(聴き手が聞き出してあげる。)
    分解した4つのものは、互いにからみ合い悪循環にもなり、より苦しみが増してしまう。
    この4つを聴き手が把握してあげる。
    すると、「苦しみの原因は何なのか?」が明確に見えてくる。
    そこに、安心感が生まれ解決に向かいやすくなると言う。
    そしてこの方法は、「自分自身の苦しみ」にも「他人の苦しみを知ること」にも使える。


  • 「人の苦しみ」という“見えないもの”を、視覚的にとらえていくので分かりやすい。
    ばくぜんとしていた「苦しみの姿」というものがクッキリ見えてくる。


  • 会話中の「沈黙」が、あえて必要な理由とは?
    がん患者さんとコミニュケーションをとろうとして「沈黙」になってしまうことはないだろうか?
    気まずい雰囲気になりがちな沈黙が恐くて、どうでもいい事を思わずしゃべってしまう事がある。



“沈黙”は、傾聴していくなかでとても大切なもの。
それなのに、自らそれを“つぶして”しまっている。
「沈黙」という空間は、悩み苦しむ人の「とても大切な考える時間」なのだ。

「その時間を、こちらが“つぶして”しまう事は避けたい。」と、著者は言う。

そして、それは、
「もう死にたい」
「私の人生の意味は何なのか?」
という、どう答えていいのか分からない問いかけの答えを見つけるための大きな手がかり、ヒントになる。
「沈黙」は大切なのだ。
その“具体的な方法”がこの本で分かる。



■「生きてる意味がない。死にたい」・・・あなたならどうしますか?



ここまで読んでくださった方へ、最後にひとつ質問を。

あなたの大切な人(がん患者さん)に、以下のような言葉を投げかけられました。
あなたなら、どうしますか?

「生きる意味が見つからない。もう死にたい」
「来年、生きてるのかな・・・」
「もう、治療をやめたい」
「こんな状態で生きてる意味が無い」



・・・あなたなら?




相手をおもって一生懸命考えて下さい。



・・・考えましたか?



ちなみに、
以前の僕なら、こう言っていました。


やさしく、「生きる意味は誰にでもあるよ」と。



しかし、これは“良くない例”

そこで 話が終わってしまう。

そして、その言葉は同時に、

「困っちゃうしつらくなるから、そんな事言わないで」
「あなたの苦しみは私には分からない」

と、答えていることを意味している。


相手は敏感に察知し(医療現場ならば)もう二度と相談してくれる事は無くなるという。

心を閉ざされてしまったのだ。




では、どうしてあげればいいのか?

その方法が、読んでいくとよく分かる。



僕と同じような境遇で悩んでおられる方は、購入してハンドブックとしていつでも手元においておいて下さい。
とても心強いし、安心感があります。

「もっと早く読んでおけばよかった!」と、僕と同じことを思うはずです。


■まとめ


自分なりに精一杯、「力になりたい」「支えになりたい」「聞いてあげて少しでもラクになってもらいたい」と思っているのに、相手が元気にならない。
あなたも、そんな経験があるのでは?

これを読むと、「本当の聴き方」というものが分かる。

それを「自分のもの」にできる。

著者は言う。「言葉は治療なのだ」と。

苦しみ悩む方に、必ず“できること”がある。
苦悩する方を“支える方法”がある。

著者が 1000 人以上の終末期の方と関わって、実際に行ってきた、
『悲しみが多い時間を過ごされている方の人生の道程を“輝かせる”本』です。



大切な人を“笑顔”にしてあげられる本 ⇒楽天ブックス(送料無料・最短で翌日到着)


僕はこの本と出会っていなければ、今でも「どうしたらいいのか?」分からず、暗いトンネルの中のように悩み苦しい時間を送っていたと思う。



タグ /

癌治療の民間療法・代替治療は有効なの?見分け方と陥りがちな間違い

前回、
 ⇒「まどわされない!ネットで見つけた癌の治療方法は本当に効くのか?」
の、続きです。

わたしの家内は「胃がん」になり、胃と脾臓(ひぞう)を全摘してしまった。

「なんとかしたい!」
必死にすがりたい一心でネットを検索すると、たくさんの癌(がん)治療方法が目に入ってくる

それは本当に正しい選択なのだろうか?
とても高額な治療費を払ってでも行う価値があるのだろうか?


ここでは、

・だまされないで見極めるために知っておきたいこと

・ネットで探す時に陥りがちな間違いとは?

を、解説していきたい。





■治療方法を見極めるために知っておきたい3つのこと


1:医師の推薦はあてにならない

いわゆる「キャッチコピー」だけを読んでおどらされるのではなく、冷静に、根拠、理由を確認する。

選ぶ際、ここは時間を掛けたいところ。

「●●医師も推薦!」
なんていう「根拠」では、何の証拠にもならない。

その医師は、販売会社にお金で雇われて宣伝しているだけ。

悲しいことだけど、お金に目が眩んで「広告塔」になっている医師も実在している。

一例として、
がん治療効果をうたった商品の販売を手助けしていたとして東京医科歯科大学名誉教授の医師が書類送検されている(2014.3.10)

この医師は
「他人の研究」をコピーして書いただけの研究結果で、4年以上も違反に荷担し1千万円以上を受け取っていた。

また、
ある「がん放置療法」を唱える医師は「150人の患者さんに試した結果、有効性を確証した」と言っているが
これは前回の記事で書いた、セレクション・バイアスそのもの。

やはり、公平性、信頼性に疑問が残る。



2:詐欺師のやり方とは

基本的に人間は「生(せい)」や「死」を連想させる言葉や情報はどうしても見過ごすことができないもの。

こちらを不安にさせてお金を払わせるテクニックは詐欺師や霊感商法の常套句

いかにも、こちらが「間違った治療方法を行っている」ような錯覚を起こさせ、「早く私のところへ来て下さい」と手をこまねいている。


もう一度、冷静に「患者の声」を読んでほしい。


書いてあるのは、

「ここまで改善されました!」
「この先の未来が明るくなりました」
「体調が良くなったので良かった」
「海外旅行にも行くことができました」

という「主観的」なことばかりで、

「病状の経過」「医師の診断」などの「客観的」な状態は書いていない事がほとんど。



3:なぜ広告を出しているのか?

ネットで検索すると沢山の広告が目にとまる。

しかし、基本的に、
「広告を出している」という時点で「お金を儲けようとしている」行動ではないだろうか?

もちろん例外はあるが、
広告主は癌という病気を「利用」して、商売をしようとしている。

あなたのガンを治してあげたいから、
あなたのためを想って「紹介」しているのではない。


「ビジネス」という方向から見ると、がん関連の商品、サービスは、高額でも売れる。

それはそうだろう。
命がかかっているのだから。

売れるから、
そこには多くの販売者が群がり、「いかに売るか?」にしのぎを削っている。

つまり、
こちらの心理をうまく利用して商品を売る計画を練っているのである。


また、もちろん、
広告を出すにも、お金がかかっている。

広告を出す位置は、目立つ所にあればあるほど高額だ。

検索結果の1ページ目に表示される広告などは、皆、かなりのお金を払って表示させている。

なぜ、そんなにお金をかけて広告を出すのか?

その分の見返り(お金)が入るからではないのか?


どうか、その療法に飛びつく前に冷静になって考えてほしい。

彼らはあなたのカラダの事など考えていないのでは?



気をつけたいのは、
インターネットで調べていると「ある情報」を見つけて「これはあまり知られていない、お宝情報なのではないか?」と、まるで「宝物」を見つけたかのような錯覚に陥る事があるという事。

そして、この錯覚は書店でめぐりあう「出版物」にも多い。

ちなみに、
本を出版するメリットは、

  • 社会的信頼度が上がる

  • 取材やセミナー講師により収入を得られる

  • 印税が入る


など。

1,000円程度で出版をすれば多くの人の目に触れるし、何より世間的に影響力を持てるようになる。

「本を出版しているなら信頼が置ける」
「本を出しているくらいだから、この人の療法は本物だ」


そう思われることで何かと商売がやりやすくなる。

しかし、それが「本物かどうか?」はまったく別の話。

いったい、
その情報が「どんな考え、おもわく、もくろみ」で発信されているのか?

「お金儲けのため」なのか?

それとも、
「あなたの体のため、命のため」なのか?

きちんと見極めたい。



■ だまされないための3つのヒント


1:信頼できるサイトを軸に探していく

個人的に、信頼のおけるウェブサイトを5つ。

⇒NPO法人キャンサーネットジャパン
(がんに関する情報サービス)


⇒臨床研究(試験)情報検索
癌の最新治療の臨床研究(試験)や
治療薬開発の内容が検索できる
上部の検索窓に「胃がん」などと入力し「検索」をクリック。
最新治療の臨床試験に参加することも可能


⇒がん情報サイト
(日本で唯一、米国国立がん研究所(NCI)とライセンス契約し
世界最大、最新のがん情報の日本語訳サイト)


⇒乳がん情報ネット
(もしかして乳がん?という方から、治療後の療養生活までの
不安や疑問に応えてくれるサイト)


⇒がん情報サービス
(国立がん研究センターのウェブサイト)



上記サイトの使い方のヒントとして、
サイト内の情報”のみ”ではなく、サイトの中に散りばめられている「外部サイトへのリンク」をたどって行く。

正しい場所は、ほとんどの場合「リンク」という道でつながっている。

つまり、
正しいサイトからつながるリンク先というのは、
信頼度の高いサイトであることがほとんど。


リンクを掲載するには、リンク先の情報を確認してから掲載するものだから。

ひとつのサイトには数多くのリンク先が掲載されているから、それだけでもかなりの情報量になる。

また、
商品を売ろうとしているウェブサイトはサイト作成会社に有料で依頼している事がほとんど。

こうなると、「作る側」もプロなので、
サイトを読めば読むほど(これなら治るんじゃないか?!)と、こちらの気持ちにつけ入るような魅力的な文章・構成になっているのでまるで「麻薬」のように、その方法を試したくて試したくて仕方がなくなってしまう。

このような場合、ひとりで先走りしないで、第三者の意見も聞きながら慎重に考えたい。



2:こんな性格の人は要注意!

これは「探す側の人」の問題だが、

物事、なんでも「正しいのか?間違っているのか?」を分けたがる性格の人がいる。
「白か?黒か?」と。

医療とは「あいまい」なものなのに、その中間の「グレー」では気が済まないのだ。

つまり、治療においても
「効くか、効かないか」
「良いか、悪いか」をハッキリさせたがるので
逆に、
「今までの、このような常識は間違い!命を縮める!
本当は、この方法が正解!医者の言いなりは危険!」というような
「断定した意見」に流されやすい「もろい」一面も持っている。


「熱しやすく、冷めやすい」という人も同じ傾向かもしれない。


また、「健康志向の強い人」も、「そんな食生活だから病気になるのだ。もっと、こういうのを摂るべき」などと強要しがち。

こういった人こそ、冷静に判断してほしい。

どうか、だまされないでほしい。

そして、たとえ見つかっても、
あなたにとって最善の治療なのかどうか?「やってみないと分からない」というのが真実。

「医療」とは、
白黒つけにくい、非常に曖昧なもの。


なぜなら、
相手は機械ではなく人間だからである。


一人ひとり、病状も体質も性格も違う。

機械のように、「このパーツが悪いから新品に交換してハイ完了」とはいかないのだ。

マニュアル通りにも進まない。


結局のところ
「完璧な判断方法」は、ない。

毎日毎日がんと向き合って35年の「ゴットハンド」と呼ばれるスーパー外科医でさえ“がんという病気には絶対がない”と本音をもらしている。


なぜ、医療とはこんなに”不確か”なのか?


患者本人からすれば、
担当医から一番欲しい言葉は「絶対に大丈夫!絶対に治る」という確信である。

もちろん、
医師だってそう言いたい。

しかし、言えない。

人間に【絶対】は無いからだ。


そう考えていくと、
「副作用が全くない」
「ガンが消える・治る」
という宣伝はウソということが分かる。

「天然」と、うたっているサプリメントや食品も、副作用が「必ず」無いわけではない。
つまり、
「天然」とは「安全」を意味しているのではないのである。


■「実際の体験」と「思い込み」


「実際の経験・体験」とは、何物にも代えがたい情報なので、実際にその療法を行った患者仲間の体験談も大切な判断材料となる。

可能なのは、「患者会」などの「横のつながり」

「重要な情報を持っている方」と、めぐり会う場合もある。

しかし、

たとえ有効な療法であっても「その人には効いたが自分には効かない」ということが起こりうる事も事実。

体質、年齢、性別 、病状など、それぞれに違うからだ。

また、
「効いているはずだ。」という思い込みも存在するので、全て鵜呑みにするのは危険。

なにしろ、かなりのお金をかけているので、他人に「効果がなかった」とは言えない(言いたくない?)人もいるからだ。

患者会などへの参加が難しい場合はネットを利用してみる。

たとえば、

東京近郊の方向けではあるが「NPO法人キャンサーネットジャパン」が行っている
このような ⇒がん医療相談もある。

金額は(あくまで「寄付」という形態での支払いだが)\ 3,000 程度からとなっている。


「Q&Aサイト」という手もある。

こういったサイトは「ひやかし」「ウソの情報」などは覚悟しないといけないが、まれに、実際の経験者からの情報が得られることがある。

⇒Yahoo!知恵袋
⇒教えて!goo
(個人的には「教えて!goo」の方が真面目な回答を得られる事が多いと感じる)



■ 治療法などをネットで探す時に陥りがちな間違いとは?


1:療法の押し売りにならないように

わたしの知人がガンになったとき、
一番イヤだったのは、友人や親戚からの「これ、効くらしいよ!!」という、たび重なる「薬・民間療法・食品」の押しつけだったという。

もちろんその人達は「よかれ」と思って言う。

しかし、当の本人はうんざりである。
というか、
ハッキリと嫌悪感を示していた。

「その高額な治療費はだれが払うの?あなたが払ってくれるの?」

「みんなで『これがいい』『アレが効く』だの 、もう疲れた。勘弁してほしい。」

こちらが勝手にどんどん突っ走ってしまい、肝心の患者本人を置き去りにしてはいないだろうか?

本人に「その気持ちに応えよう」と気がつかないうちにムリをさせてしまってはいないだろうか?

一旦、立ち止まろう。

一番大切なことは共に感じ、分かち合うこと。

患者本人が、たとえ「変なこと」を言い出しても、
まず一旦は、相手の言うことを受け入れてあげること。
たとえ不条理であっても。

そして、
それを共に感じ、分かち合うこと。

ただ、うなずいたり、手を握ってあげるだけでもいいではないか。

自分の気持ちを伝えるのは、それからである。

あなたは健康なのだから。



2:都合のよい情報だけを見ない

情報を得るということは、イコール、「事実を知る」ということ。

しかし、時として避けたい「事実」もある

とくに「がん」という病気に関しては多いだろう。

しかし、
そこを避けては真実の情報にたどり着けない。

自分に都合の良い情報だけを見ていては真実は見えてこない。


それは。。。とてもつらい事。


つまり、「それを受け入られる心」それだけの「覚悟」が、こちら(情報を探す私たち)にも求められる。

しかし、やはりそれでも一番つらいのは”本人”である。

つねに、「死」を突きつけられながら日々を過ごさないといけない、まるで綱渡りをしているかのような、その「恐怖・不安」が分かるだろうか・・・・・


大切な人のために、
必死で治療法を求める気持ちも、とてもよく分かる。

しかし、
患者本人の気持を理解して、受け入れ、見守り、支えることが何より大切でなないかと思う。


そして、
たとえ「効く」と言われている薬や療法でも、人によっては効かないことも現実にはある。

反対に、
「これは難しい」という患者さんが、再発や転移もなく回復、治ゆしたという実例もある。

この病気に「絶対」は無い。

絶対は無いのだから、
「やってみないと分からない」というのが正直なところで、これが、医療の一番難しいところでもある。





最後に

がんは、一瞬で命を奪う病気ではない。

人によっては何年も、あるいは、まるで何もなかったかのように「生(せい)」をまっとうする事さえめずらしくない。

そして、
がんになって、はじめて見えてくる世界がある。

今まで「あたりまえ」だった事が、実は「あたりまえではなかった」という事に気がつく。

「眠る」
「食べる」
「排泄する」
「笑う」
「歩く」
「話す」


すべてが当たり前ではない。

わたしは、家内のがんを通して、
「ガンになった」ということは、人生の中で「自分が生きていく意味、価値」「感謝の気持ち」を、見つめ直す時を頂いたのだと考える。

そして、そこを自分の中の軸にしたならば、

自分は何のために生きていく

誰のために生きていく

そこにとても大きな意味が見えてくる。

それは、がんになっていない人よりも、他の誰よりも充実した前向きな価値のある人生になるのではないかと考えている。


先頭へ戻る