ホーム » においの悩み

口臭やニオイの原因と治し方

「人と接近すると口のニオイが気になってしまう・・・」

「口臭で悩んでいて、何事にも積極的になれないです」

「体臭や汗のニオイをごまかすため香水をつけたり、時間をかけて体を念入りに洗ってしまいます」

「何度も歯を磨いたり、ガムなどでごまかしたり・・・」


などなど・・・ 
臭いを気にしている方の悩みはとても深刻です。


口のなかには100種以上の細菌がいて、とくに「歯周病菌」から発生するガスには要注意!です。

いつのまにか歯周病になっていたり、みがき残しや、舌の表面の舌苔(ぜったい)細菌をそのままにしている人はけっこう多いです。
これらを改善するだけで一気に口臭が少なくなる場合もありますよ。

口のなかに細菌が繁殖しにくいようにするには「だ液」の分泌が必要です。だ液には殺菌作用があるからです。

緊張した場面で口がかわいてくると口臭が気になることがありませんか?
これは交感神経のはたらきでだ液の分泌がおさえられるからです。

口のにおいが気になったら、水を飲んで、キシリトールガムなどを噛んでだ液を増やしましょう。


歯周病による口臭
歯周病菌が出す、メチルメルカプタンなどはニオイのもとになります。

副鼻腔炎
副鼻腔に炎症が起きて膿がたまる病気。これによって臭うこともあります。

呼吸器系の病気
扁桃腺や気管支の炎症などでも口臭のもとになります。
のどの痛みやせきがあったら呼吸器科を受診してみましょう。



こうして解決!


■専用の舌ブラシで舌苔(ぜったい)を除去■
舌苔とは、舌の表面に白い苔状についた細菌、白血球、食べカスのかたまりです。
これを専用ブラシで取り除きます。
人に会う前に行うといいですね。
でも、やりすぎには注意して下さい。キズをつけてしまうと味覚に影響をあたえてしまいますので、必ず専用ブラシを使用しましょう。


■マウスウォッシュを使う■
これは、手軽に入手できますが、ポイントは「ノンアルコール」です!
アルコールは口のなかのかわきの原因になりますので必ずアルコールフリーのものを選んで下さい。


■キシリトールガムを噛んで、だ液を増やす■
個人的に試したのですが、有名な”あの”キシリトールガムより、「コエンザイムQ10」がはいった商品のほうが効果がありました。
コエンザイムQ10は、加齢臭の原因とされる活性酸素を防ぐ働きがあるのです。



タグ /

あぁ!臭いがひどくなる歯磨き粉!歯磨きで口臭が消えない原因

あなたが毎日行なっている「歯磨き」の工夫で、かなりの口臭予防、臭いを防ぐ事ができるのをご存知ですか?

ポイントは「歯磨きのタイミング」と「歯磨き粉選び」


■朝、起きてすぐの口中は細菌だらけ


睡眠中は唾液がほとんど出ないので、口の中で口臭を発生させる原因の嫌気性菌の繁殖が盛んになる。
結果、起きた時には“お口の中が細菌だらけ”となってしまっている。

お口の中が乾燥しネバネバしている状態ではかなりの口臭が発生。
だから、起きたばかりはとても臭う。

対策は、「寝る前の歯磨き」で歯垢を取り除き細菌の繁殖を少なくすること。


■夕食後すぐならプラークの除去が可能


ここでの歯磨きの目的は、『プラーク(歯垢・細菌の塊)の除去』であり、食べカスを取ることではない。

食後”すぐ”の歯磨きは、食べカスの除去と同時にプラークの除去が可能。
口の中の細菌を減らし、寝ている間のプラークの増殖を最小限に抑えてくれる。

次に、
舌クリーナーで舌の食べカスを取る。

意外だが、食べかすが一番残るのは「舌」なのだ。
舌の表面はザラザラしているから当然かもしれない。

さらに、舌の表面には舌苔(ぜったい)がある。

舌苔とは、舌の表面に白い苔状についた細菌、白血球、食べカスのかたまり。

これを専用ブラシで取り除く。

人に会う前に行ってもいい。

でも、やりすぎには注意!
キズをつけてしまうと味覚に影響をあたえてしまう。
特にラバー製やシリコン製は力が入り過ぎて舌から出血してしまう人もいるので注意したい。


■これが、口臭を発生させる歯磨き粉


市販の歯磨き粉のおよそ8~9割に「発泡剤」として使われる”ラウリル硫酸ナトリウム”
これは、唾液も少なくなり口の中を乾燥させ、同時に粘膜を傷つける。

口が乾燥すると口臭が発生する。

市販のほとんどの製品に入ってしまっているが、あきらめないで探していると、ラウリル硫酸ナトリウムの入っていない歯磨き剤はまだ売っている。

ラウリル硫酸ナトリウムは、長期使用による発ガン性も証明されている(口の粘膜から成分が吸収されてしまう)


■ごまかすのではなく「根本的に」治したい!


普段飲む「水」で、根本的に口臭を消すことが出来る方法がある。

ちょっと値段は上がるが、こちらの⇒Auroraオーロラを飲みはじめて10日もすると、悪臭・不快臭の原因である、硫化水素・アンモニア・ヒスタミン・インドール・フェノール・スカトール・ニトロソアミンなどの悪臭が消失し、カラダの中から変わってくる。
「汗の不快臭が消えていく」「口臭が気にならなくなった」との体験も。

いつでもカンタンに水素水が作れるし、外出時には一緒に持っていけるので、これなら続けられる。


本当にスッキリした足のにおいを消すスプレー♪子ども・女性にも

『納豆と同じ臭いと言われて・・・』
『多汗症だと思うのですが足のニオイが・・・』
『お風呂に入ってきれいに洗っても臭います』
『臭わない人がうらやましい』


足が臭くて困っている人の救世主と評判のスプレーを試してみた。

家族みんなに効果があったので書き止めておこうかと。

その前に、「効く」と言われている方法をいくつか。


そもそも足のにおいのもとは、靴のなかの細菌が汗やアカなどを分解したときに出る物質。
中に熱がこもってしまい、湿り気がそのまま残って細菌が繁殖。においが強くなる。毎日連続で履くのは避けた方がいい。


■”シャンプー”で洗う解消法


ヘア用シャンプーは、足の臭いに効果的。
ゆびの間のアカや汚れをよ~く洗う。

靴下やストッキングのにおいにも効く。脱いだらすぐにヘアシャンプーで洗うとニオイもすっきり。

また、爪の間のアカは細菌の宝庫!
足のゆびにも爪ブラシを使い汚れを落とす。


■クツを乾燥させる


履きおわった靴は「乾燥剤」と「消臭剤」を入れておく。
湿ったままだと細菌がどんどん繁殖してニオってしまう。

基本的には、悪臭を放つバイ菌(悪臭菌)を繁殖させなければ良いのだけど。。。
この悪臭菌が増殖力が強く、なかなか死滅しない。

これまで色々な方法を試してきた方ほどわかると思うけど、なかなかニオイが取れないのはこれが原因。

・・・とは解っても、人間はわがままですから、
『めんどくさいのはイヤ』
『お金をかけたくない』
『でも、しっかり効いてほしい』


と、思うもの。


そこで!わがままをすべて満たしてくれる消臭スプレーがこれ。

 ⇒足臭専門店の【バイオdeデオドラント】(楽天)


使ってみての評価は、

■メリット

  • 効果は「楽天レビュー」が物語っている

  • 携帯できるのでどこでも使用できる

  • 女性も子供にも効果あった

  • 靴下を履く前に、直接足の裏にスプレーすると足も靴も臭わなくなった



■デメリット

  • コンパクトであるがゆえに、中身が無くなるのも早い

  • スプレーして濡れた感じがイヤな人も。。。




足が臭い、パンプス、ブーツ、スニーカー、ストッキング、レギンス、靴下の臭いに、我が家では今も愛用しています。

まあ、よろしければ(^ω^)o


タグ /

体臭や加齢臭はこうして解決!

体臭や加齢臭の対策方法です。

まさか体臭があるなんて・・・同僚に指摘されてびっくり

汗ジミで困っています・・・におっているのかも・・・?

あなたもこんな悩みがあるのではないですか?



本人にはとてもつらいものです。
いつも「におっているかも」と不安におびえています。



では、においの原因とは何なのでしょうか?

ズバリ、汗と細菌です。

たとえ夏でなくても、皮膚の表面は汗や脂で常にうるおい
外部の刺激から守ってくれています。
エクリン汗、アポクリン汗、皮脂などです。


これらは、それ自体ににおいはないのですが、
からだの外に出て細菌と結びつくと、ニオイが発生します。



そこで、こうして解決していきましょう!

■わきの下(アポクリン汗。これは特ににおいがキツイです)

わきの下は、とにかくスグふきましょう。
細菌の繁殖を防ぐため、市販の消毒アルコールを水で薄め、コットンに含ませとものでふくのが効果的です。
それをいくつか作っておき密閉容器に詰め、外出時に持って行くと便利です。

市販のデオドラント剤を買うなら、殺菌作用の高い銀イオン入りがおすすめ。

においの強い食べ物も控えましょう。
特に、ねぎ類、ニラ、らっきょうなどは体内に吸収されてもにおいます。
また、緑黄色野菜やヨーグルトで腸内環境を整えることも大切です。

最終手段としては、手術があります。
「わきが」の治療として、アポクリン汗腺と皮脂腺を取り除いてしまうのです。
30分ほどの時間で、自費が基本ですが、健康保険がきくこともあります。



■汗のにおい

毎日使っているボディソープのボトルに
殺菌効果のあるハーブや、ユーカリなどのアロマオイルを2~3滴加えてみましょう。
汗のにおいを消してくれます。

また、水分を多くとり、汗をサラサラにすることもポイントです。
水分の少ない人は、ミネラルの多いベタついた汗になりがちです。
汗がサラサラになると、カラダから早く蒸発しますから、細菌と結びつきにくい。
つまり、においが発生しにくいというわけです。

病院で「制汗剤」を処方してもらうことも出来ます。
塩化アルミニウムが成分ですが、わきの下用に濃度を調整してもらうこともできます。



消臭力が高い成分を配合雑菌の繁殖を防ぐ効果に加え
保湿成分のヒアルロン酸と、コラーゲンをプラスして登場したオススメの石鹸はこちらです。
こんなに安くて大丈夫なんでしょうか・・・?

ヒアルロン酸&コラーゲン配合!!!ミョウバン柿渋石鹸 ナチュラルクリアソープ




タグ /

先頭へ戻る