ホーム » 2013年01月

リサイクルインクカートリッジは使えるのか?

PC用プリンターの値段は非常にお手ごろになっている半面
肝心のインクの値段が高いと多くの人が訴えている


まあ、メーカーとしても
プリンターより消耗品で儲けを出そうとしているのだろうが
インクは何度も何度も買うだけに
なんだかソンした気分になるもの


そんななか現れたのが
「リサイクルインク」なるもの。


リサイクルだけに値段は正規品を大きく下回る


下回るが、問題はその品質


かなり以前より
「使えない!」
「プリンターが壊れた」
「色がにじむ」
「色が変色してくる」
と、さんざんの評価だったリサイクル品


わたしも以前使ったことはあるが
かなり前だったため
品質も今よりかなり悪かった


プリントされた写真の色合いが
見た目にも「おかしい」と感じられたくらいだ


1年くらいアルバムに入れておいたものを
現在確認すると
色合いの不自然さは以前にもまして大きい


こりゃ使えない


その後はまったく使うことなく
正規品を買い続けた


しかし、
ここにきてもう一度使う羽目になった


先日、急ぎでプリントした写真
本当に急いでいたので
途中でインクが無くなってしまった時
はなれてる家電量販店ではなく
すぐ近所の
いわゆる「カメラ屋さん」へ行き
購入しようとしたが。。。


希望のBCI-321Mが品切れ


在庫が無いか聞くと、店主が
「コレいいですよ」と出してきたのが
「キャノン用リサイクルインクカートリジ」と書かれた
エネックス株式会社の「リ・ジェット」というリサイクルインク


以前の経験があったので
「いや~こういうの前に使ったんですけど色合いがおかしくて」
と言うと


「でしたら、ぜひコレ、使ってみて下さい。うちでも使ってるんですけど
おすすめです。色合いも自然でそん色ないです」と。


ほんとかいな?
と思ったが、なにせ時間が無い!


今回だけと考え購入


帰って使ってみると
色合いは確かに純正とほぼかわらず自然


カメラ屋の店主のお勧め品なので
しばらく使ってみようと思う


店の信用もあるし
変なものは勧めてこないだろうとの判断だが
どうなるか・・・・


分かり次第アップしていきたい。


お年玉付年賀状のかんたんな当選番号選び出し方法

今年も年賀状の当選番号を調べる時期が来た


我が家へ来た沢山の年賀状の中から
当選番号を調べる作業が待っている


これが結構面倒である。


昔は数字の端から端まで見ていたが
時間もかかるし
目もつかれるわい!


とはいえ、
いちおう期待しながら調べるので
あまり適当でも結局見直すことになり。。。


最終的にたどり着いた方法があり、
人に教えると結構好評!


短時間でしかも疲れない。
しかも正確。


その方法とは・・・


たとえば今年なら以下の番号だ

1等:957503
2等:294651  346247  111316
3等:下4けた 5635
4等:下2けた 70 29


これをまともに見て行ったら
そりゃ疲れる。


ポイントは「下一けた」


この一けただけ書きだして
はがきと照らし合わせる。

少ない順から並べて
0.1.3.5.6.7.9である。


はがきをどんどんめくりながら
この一桁を見ていく。


同じ数字が出たら
そこではじめてきちんとした当選番号を確認。


この方法なら
あっというまに終わるし正確だ。


浴室乾燥機は乾かないぞ!ドライバー1本で改善

我が家のお風呂には
浴室乾燥機が付いている。


付いてはいるが
これがまったく役立たず。


脱水の終わった洗濯ものをかけて
スイッチを入れ4時間運転。


それでも乾きが悪い。


おかげで雨の多い月は
電気代が(@_@)!!


もともと浴室乾燥機は
お風呂の中全体を乾燥させて
乾かすというが、
それ、
かなり効率悪い。


だって、
出てくる温風を
直接洗濯ものに当てれば
早く乾くのに。


と、思い検索すると、
なんだ!
同じ思いの同志が多いではないか!


みんな、色々工夫しているのう。。。


では!ということで、
ドライバー1本持ち出し、
とりあえずカバーを外す。


ほうほう、
中身はこうなっておるのか。。。


とりあえず
フィルターを掃除。


カバーの中も掃除機をかけ、
いよいよメインのルーバー部分(風の吹き出し部)


よ~く見ると
ルーバーの方向が洗濯側ではなく
浴室側を向いていることを発見!

なんとぉ!


それではと、ひっくり返して
逆に付けると。。。付いたではないの!


早速、カバーを戻し、試運転。


おおおお~


洗濯ものが温風にたなびいているではないか!


で、結果は。。。。


ハイ!
乾きが良くなりました!


みなさんも、
一度外して確認してみては?


先頭へ戻る