ホーム » 2014年02月

部屋探しのコツ3つ★あなたの条件にピッタリの「賃貸物件」の選び方

自慢ではないが、我が家は数多くの賃貸で引っ越しをしてきた


もちろん、新築マンションの購入経験もある


おかげで、
「一番安い引越し業者の選び方」や
「いかに安く引っ越しを終わらせるか」など
我が家なりのノウハウを得ることができた


ここでは
引っ越し先でいかに良い物件を見つけるか?をまとめてみた
ぜひ、あなたの物件探しに役立ててほしい


■「小さな地元の不動産屋」が本命


たとえば引っ越し先の土地勘が無い場合(多少知っている地域でも同じだが)
あなたは、どんな不動産屋に入るだろうか?


自然と、「きれいで」「入りやすい」不動産屋に入ってしまうと思う
いわゆる「数多くの支店がある大手」である


担当の店員も、感じのいい人が多いので
「ここで決めてしまおうか?」という気にさせられる


しかし、ここが盲点である


今後の自分の日常生活のために、
無駄足を減らして一刻も早く「目指す物件」を見つけるには
昔から地元に根付いた不動産屋をさがすべきである


古くからある地元の小さな不動産屋だ


最近は、不動産屋だけがアクセス権を持つサイトで
全国の不動産屋が物件情報を共有しているので
どこで探しても同じ物件が出てくる


「この部屋、前も見たな~」という感じである


特に上記のような大手の業者ばかり回っていると
それを痛感する


ところが、
地元の不動産屋しか持っていない物件というのは
けっこうあるのだ


一番いいのは、
大手チェーン店の不動産屋に、いったん入り物件をさがしてみる


見つからなければ、店員さんと話をするなかに
「ところで、このあたりで多く物件持っているところって、どの不動産屋ですか?」
または、
「この辺で、昔からやっている不動産屋ってどこですか?」
と、聞いてしまうことだ


わたしの経験からすると、
以外に教えてくれるのものだ


教えてもらったお店に実際に言ってみると
「なるほど、これはお客さんが入りにくい店構えだ」
というところが多い。。。
基本、こういうお店は避けるよな~というカンジ
古いし、お世辞にも清潔感があるとはいえない


しかし、
これは「食わず嫌い」である


これで希望にピッタリの物件を見つけたときは
とてもうれしかった


契約を済ませれば、不動産屋側だってうれしい


そんなタイミングで、店の社長に聞いてみた


「こんな物件、いくつもお店回りましたけど見つからなかったですよ~^ ^」と、聞くと


「そうだろ!?うちは、ネットになんか出してないからね」
と、ドヤ顏


なるほど、そういうものか


■条件をまとめたメモを持参する


不動産屋からすれば、
「なんとなくこんな条件」では、良い物件を提示できるはずがない


それどころか、相手は営業のプロである
「希望に合うかも?!」と思い込ませ、変な部屋をあてられたらたまったものではない。。。


ここは、はっきりと「自分にとってゆずれない条件」を
箇条書きで書き出し、携帯などの連絡先を記載したメモを持っていくべきである



良い物件がみつからなければ「ここに連絡下さい」と、
メモを業者に渡せる
もちろん、相手の名刺をもらうのを忘れずに


この名刺に、気づいたことや
見学した部屋などを書き留めておくと
後で便利である
このメモのおかげで決まった時もあった


1~3月のハイシーズンなら、なおさらチャンスは広がる
部屋を借りたい人も多いが、逆に部屋が空くのも多い時期だ


無駄足にしないために、いくつも伏線は張っておいた方がいい


■不動産屋を信用してはいけない


不動産屋も、当然ビジネスなので
「売れ残りの物件」を出したくはない


条件の良い物件というのは、何もしなくても契約されていくもの


しかし、逆の物件も存在していて
そういうところは、何とかして契約させたい


ここで使われるのが「連続内見」である


はじめに「これは厳しいだろう」と思う物件を見せてから、
さきほどの「人気のない部屋」を見せられると、人間、不思議なもので
「悪くないかも?」と思ってしまう


その心理をついた手法である


ここでも役に立つのは、上記の
「住みたい条件をまとめたメモ」である


心がグラついたら、必ずメモを見よう!


口車に乗ってはいけない!
あなたの住みたかった場所は、本当にそんなところなのか?
もっと何軒か回れば、希望の物件に巡り合えるかもしれないのに。。。。


特に、疲れている時や、引っ越し日が迫って焦っている時に
こういうミスを犯してしまうので注意したい


最後に、


新しい部屋探しに「あきらめ」は厳禁である!


粘り強く探せば、必ず、希望通りの物件に巡り合えるという事を
たくさんの引っ越しから教訓として得た


毎日の生活の基盤になるところである。
変な妥協はしたくない。


大丈夫!がんばって!!


喉のつまり感は逆流性食道炎なの?ストレスから喉が苦しいことも

逆流性食道炎の症状として、のどの詰まった感じがよく知られている


食道に胃酸が逆流すると、胃酸の消化力を防ぐ機能がない食道の粘膜には炎症がおこり
嚥下障害(えんげしょうがい)や、のどのつまり、
飲み込む時につかえるような感じがみられる


完治すれば、喉のつまり感は解消されるが
しかし、
一口に「喉のつかえ」といっても様々な病気が考えられる


たとえば、「ポリープ」が原因で喉に詰まり感が出る事もあるし
精神的な悩み(ストレス)で起きる事もある


内科的な薬を飲んでも解消されないときはこれらを疑う事もある


安定剤や睡眠導入剤を飲んだら治ったという人もいるが
安易にこれらの薬を飲む事はすすめられない


一度は内科などの専門医の診断を受け、相談して
必要なら精神科専門の医師を紹介してもらうべきであるが
安定剤などは内科でも出せるため、
必要のない人にまで安易に処方されることもあるので注意したい


幸い、安定剤で喉のつかえが治ったとする


すぐに薬をやめられれば問題ないが
即効性があるクスリなだけに、
「これは便利」と、そのまま使い続ける人も多いと聞く


はじめるのは簡単だが、なかなかやめられなくなる人も多いのだ


飲むと良く眠れるからと飲み続けると
辞める決断がなかなかつけられなくなる


もちろん寝るために毎日アルコールを飲むよりはいいが
安定剤も、一度飲み始めるとなかなか止められなくなるので
あくまで「喉のつかえ」のために飲むと決め、
治ったらきっぱりと辞めるべきである


いずれにしても、
喉のつかえ感は、内科的な要因ばかりではなく
精神的な部分からくることもあるので
あまりいつまでも「つっかえる感じ」が取れない場合は
一度、相談してみるといい



先頭へ戻る