ホーム » 2017年07月

2017年07月の記事一覧(11ページ中1ページ目)

妻が離婚を考え始めたのはこの時

ある日突然奥さんの口から出てくる「離婚」の2文字。
あるいは夫婦喧嘩のときか・・・
メールか・・・
手紙か・・・・

いずれにしても、いざ言われると慌てふためいてしまうのが男です。
顔は平静を装ってますが、心の中は・・・

いくつになっても女性の気持ちというのは理解しにくいようです。

思い返して下さい。

奥さんが離婚を具体的に考え始めたのは「こういう時」なんです。

以下、奥様方の声ですよ。


■「私に無関心?やさしくなくなった」
仕事に疲れて帰宅して、やっとビールを飲みながらTVを観ているとき。
または、
楽しみな趣味に没頭しているときに、
奥さんから、近所のママのグチがはじまりました。

あなたはどうしますか?
「とりあえず聞いているフリをするけど、内心、はやく終わってほしい。時間がないのに・・・」
「そんなのいちいち気にすんな。こっちは仕事で疲れてんのに」


こういう態度でいると、奥さんはきっとこう思っています
「やさしくない。聞いてくれない。自分にはもう関心がないのかな。私の存在ってなに?私はただのお手伝いさん?」



■「子供から手が離れて2人っきりの時間がイヤ」
家のことには協力的で、怒鳴ることもなく、育児もやってくれるパパ
でも、「子供が大きくなって出ていった後、この人と2人っきり」と考えると
つまらない。というかうっとうしく感じてしまう。

趣味も合わないし、仕事仲間はいても特に友人といえる人もいないようで。
私は私で友達と会ったりしたいのに、いちいちついてきそうな気が・・・
先のことを考えるととても憂鬱になってしまう。



■何も協力してくれない夫
結婚前はやさしくてマメだったのに、子供ができてからは横になったまま何もしなくなった。
リモコンさえも私に取らせる始末なので、当然、育児も非参加。
こちらが子育てで疲れているのに、やっと子供を寝かしつけたらセックスを要求してくる。
妊娠中はそれを言い訳に断れたけど・・・・

最近は、「仕事で遅くなる」と言ってるけど、居酒屋で時間をつぶして帰ってくるのがミエミエで。
せめて嘘をつかないで本当のこといってくれればいいのに。
今は、愛情がまったくなくなってしまった。



■とにかく手が掛かり、自己中な夫
脱いだものはそのまま、歯ブラシもそのまま、玄関チャイムが鳴れば「お~いだれか来たぞ!」、「電話だぞ!」
子供じゃないんだから、自分のことくらい自分でやってほしい。
「子供ができてからはオレの事は何もしてくれなくなった」というけど、じゃあ、少しは育児に協力して!と言いたい。
カラダは一つしかないんだから。

さらには、わたしが熱を出して寝込んだ時も、会社から帰ってくると
「メシは?」「悪いけどレトルトでも温めてくれる?」「はぁ~?」と、逆切れ。
子供が大学を卒業したら、本気で離婚を考えてます。




他にもあるわあるわ・・・
「浮気」「束縛する」「不潔」などなど


どうですか?思い当たるフシはありますか?

では、こうなってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

新婚当時のようにラブラブとはいかなくても、せめて普通の夫婦関係でいる方法は?


自作で浴室乾燥機の風向きをコントロール

以前書いた浴室乾燥機は乾かないぞ!ドライバー1本で改善が、
さらにパワーアップ


上で書いた方法でも乾きは良くなったが
さらに乾きを良くするために
あることを思いついた。


引越しの時に自分で外したエアコンが
物置に眠っているが(リサイクル券買ったのにまだ運んでいないのだ)
エアコンの「ルーバー」を
浴室乾燥機の吹き出し口に付けてしまおうという作戦。


こうすれば
洗濯物に風が強力に当たるし
風向きも強制的に変更できる。


とりあえず古いエアコンから
ルーバーをはずしてみた。


やさしくやってもとれないので
ルーバーがわれないように
ニッパなどをつかって「バチン」と切ってしまった。


ルーバー部分は無傷なので使えそう。


かるくあてがってみると
サイズもピッタリ。


これはイケる♪予感


ホームセンターへ行って
固定する為の針金を購入。


もちろんサビないように
アルミのもの。


軽量だし曲げやすい。


今日は外したルーバーを洗ってきれいにした。


カビなんかもついてたから。


今度の日曜日にでも作業してみよ♪


上手く行ったらまた書きます。


頚椎ヘルニアとは | 意外な原因

頚椎椎間板ヘルニアとは何か?

  • 頚椎→首の骨

  • ヘルニア→首の骨と骨の間にあるクッション材(大福のようなもの)が、わきにはみ出し、神経などを刺激して色々な症状を引き出す

  • どんな症状?→手のしびれ、力が入らない、首・肩・腕の痛み、頭の向きによって痛みやシビレが出る、めまいや吐き気、人によっては、便秘など・・・



病院で原因を聞くと「年のせい」「何か負担がかかったんでしょう」など、はっきりしないことが多いです。

人間の頭はボウリング球くらいの重さがあり、あの細い首だけでそれを支えます。

ですから、その重い「頭の位置」が、かなり重要です。

正常な姿勢であれば首は「最小限度」の力でボウリング球を支えられます。

それが少しでもズレると、つまり前後左右にズレると、

それだけ首に余計な負荷がかかります。



つまり「姿勢」に原因があることが多いのです。



たとえば、

パソコンを長時間続けて、肩や背中のコリ、張り、痛み、目の痛みなどを感じたことはありませんか?


これはあきらかに姿勢が悪い(頭の位置が悪い)からです。

ディスプレイを覗き込むような姿勢になりますから、ほとんどの方が頭が前方に落ちます。

携帯も同じですね。

いわゆる「猫背(ねこぜ)」も同様です。




上記のような場合、姿勢を改善すればよくなってしまう場合がほとんどです。

これがひどくなると、椎間板が薄くなったり、ヘルニアの状態になったりで、腕にもシビレなどの症状が出始め、やがて排尿障害も引き起こす場合があります。




では「良い姿勢」とは?



頚椎は、横から見ると前方にむかってゆるやかなカーブを描いています。弓なりですね。

頭が前方に出てしまうと、このカーブが失われ頚椎や、その椎間板に大きな負担がかかります。

軽いカーブを描いた理想的な位置は、横から見たときに

「耳の穴」と「肩の一番の尖端部分」が直線で結ばれる位置です。



自分で見ることは難しいので、知り合いにチェックしてもらいましょう。


先頭へ戻る