ホーム » 2017年08月

腫瘍マーカーCA19-9が高値!体質で陽性でも【異常なし】だった

人間ドッグを受けた。

腫瘍マーカー「CA19-9(シーエーナインティナイン)」の正常な値(基準)は、37U/ml以下だが、私は軽度上昇しており「再検査が必要」とされた。

しかし、専門医と話した結果「大丈夫!」と言われたので、そのやりとりを残しておきます。


■腫瘍マーカーが怖い!


血液検査で「CA19-9」の数値が40台と、軽度上昇ではあるが引っかかってしまった。
「異常を認めますので再検査が必要です」と書いてある。

家内が“胃がん”で、胃と脾臓を全摘してしまったこともあり、私自身も心配なので、2年に一回「胃と大腸の内視鏡(胃カメラ)検査」を受けている

だから「腫瘍マーカー」という言葉には敏感になる。
正直、怖い!のだ。

幸いにも私は医療機関に勤めているので、CA19-9の高値について「消化器内科の専門医」を訪ねた。


■医者とのやりとり


以下、先生の話そのまま。

先生:
「CA19-9は、体質によって高く出てしまう人はいるんですよ。
この腫瘍マーカーだけで『病気があるかどうか?』を見つけるのは無理なんですね。
本来は、“健康な人”に検査をして調べるものではないんです。
我々(医師)の間では『“がんの治療の経過”をみるために腫瘍マーカーを とる』というのが一般常識です。
よく人間ドッグのオプションでCA19-9検査が入っていますけど、これで病気を発見することは出来ないです。」



私:
「そうなんですか!(ちょっと安心(^^♪)
でも、ネットで調べると『膵臓がんのときに高い数値が出る』と書いてあり心配なんですよね~。」



先生:
まず、CA19-9は“腺がんのマーカー”なので、腺がんができるところを重点的に探していく検査です。
たとえば「肺」「胃」「大腸」ですね。
●さん(私)は、ドッグで“肺のCT”撮ってますし、胃と大腸の内視鏡もやって異常無いんだから大丈夫ですよ~
数値の高さも「軽度上昇」ですから。大丈夫です!


との“お墨付き”をもらった。

まとめると、
  • CA19-9という腫瘍マーカーは、癌ではなくても高 い値が出ることがある
  • 「早期の癌」で高値になることも“まれ”なので「がんの疑いがあるかどうか?」との判断には適していない
  • “がん患者さん”の治療の指標には適している
  • CTや内視鏡(胃・大腸カメラ)を併用していれば安心



■病院に行かなくても自宅でかんたんに腫瘍マーカーが分かる方法とは


「仕事・家事・育児に追われ病院に行く時間がない」という方、健康で安心した毎日のために“自宅で検査”をしてみては?

コレです
⇒腫瘍マーカー自己検査キット(楽天)

自宅で以下の検査ができます。

男性用キット:
 腫瘍マーカーCEA/PSA/AFP

女性用キット:
 腫瘍マーカーCEA/CA125/CA19-9

※がんを確定するものではなく、がんの発見に役立てるためのスクリーニング検査で、がんリスクのひとつの指標としては有効です。


■病院に行くなら何科がいい?


いきなり大きな総合病院へ行くと余計な費用と時間がかかる。

なので、まずは近所のクリニックや診療所。

「消化器内科」または「内科」で良いと。

さらに詳しい検査が必要なら、必ず大きな設備のある病院を紹介されるので。


■バリウム検査がガンの原因に


上記、医者の話の中で「内視鏡(胃・大腸カメラ)」が出てきたが、胃の検査をするなら“バリウム”より“カメラ”を強くすすめます(私も受けています)

バリウム検査(胃部レントゲン)は、胸部X線写真の200倍前後!ものX(エックス)線を使って検査するので、細胞のDNAが損傷しやすい(DNAの傷が、ガンの原因にもなりうる)

つまり、バリウム検査の受けすぎも“がん”の原因となるので注意を!
 ご参考に⇒胃がんを見落とし!胃カメラ検査とバリウム検査どっちがいいの?




胃がんを見落とし!胃カメラ検査とバリウム検査どっちがいいの?

胃がんの検査といえば、検診などでもバリウムを飲んで行う検査がおなじみだが、この検査で「初期の胃がん」はほとんど見つからない。


バリウム検査で行うただのレントゲンでは、初期の胃がんなどの小さな病変は見逃されてしまう事が多い。


たとえば、
道路のトンネルの損傷を見つける時、「トンネルの形の影だけの白黒写真」を見るのと
「カラーのハイビジョンカメラで撮影したトンネルの壁の映像」を見るのではどちらが正確に細かく判断出来るだろう?



「バリウム検査」と「胃カメラ(内視鏡)検査」では、これほどの差がある
(最近は内視鏡もハイビジョン化している)


専門医でも、レントゲンだけで診断するには限界がある。


日本人間ドック学会も、「内視鏡に比べ、エックス線検査は精度が下がる。」と発表している。


これは、大腸がん検診も同じ。


一般的な検診で行われる「大腸がん検診」は「便潜血検査」


これは、
便中の微量な血液の有無を調べ大腸内での出血があるかないかをみる検査だが、やはりこれにも限界があり「初期の大腸がん」は見落とされる事がある。


外科に入院して「手術後の患者さん」と話をすればスグ分かる。


実際に、「検診をちゃんと受けていたのに、ガンが見つかったときはすでに進行していた。今までの検診はなんだったのか」という方とたくさん話した。
 ※胃がんについても、「平坦型早期胃がん」はバリウム検査では発見できない。


さらに、胃バリウム検査には「被爆」というデメリットがある。
X線検査による「放射線を浴びること」だ。


胃バリウム検査のレントゲンは、驚く事に、胸部X線写真の200倍前後もの被爆量がある
(レントゲン線(X線)は人間のDNAを傷つける作用があり、ガンの原因にもなりうる)



もはや、メリットは「安い」(無料の場合も)という事のみだが、無料でこれだけの放射線をあびてガンの原因をつくるのでは本末転倒という気もする


では、
胃の内視鏡検査(胃カメラ)のメリットは何だろう?


  • 「がん」の早期の発見が可能である。
    これが一番のメリットだろう。
    ガンは早期に発見できれば命を失う事はほとんどない上に、
    体に負担の無い内視鏡手術を受けられる時代になっている

  • 胃ばかりではなく「食道がん」の早期発見が可能

  • 内視鏡は「がんのなりやすさ」をも調べられる。
    これが分かればどのくらいの頻度で検査を受ければいいかの目安が分かる

  • 放射線の被爆などはゼロ

  • 最近は麻酔薬の注射などで苦痛を最小限度におさえた状態、
    あるいは、半分眠っているような状態でラクに受けられる



という所だろうか(大腸の内視鏡もほぼ同じ)


日本の国立研究開発法人である「国立がん研究センター」も、検診や人間ドックの胃がん検診に「胃内視鏡検査(胃カメラ)」を推奨するとするガイドラインを公表している。

従来は、エックス線検査(胃バリウム検査)のみを推奨していたガイドラインを見直した形。

やはり、検査による放射線被曝(ひばく)が問題視されたようだ。

放射線検査は「病気の診断確定」や「治療方法の決定」「治療の効果が出ているか?の判定」にすぐれている一方で、
放射線を使うために、どうしても「被ばく」は避けられないものなのだ。


タグ /

先頭へ戻る