ホーム » 高齢者 » 母親が耳が遠く聞こえが悪い。難聴?

母親が耳が遠く聞こえが悪い。難聴?

「最近、母が大音量でテレビを見るからうるさくて。。。」
先日、友人からグチを聞いた。


特に最近 聞こえが悪く、
「おかあさん、最近耳が遠くなったよ?!」
と、本人に伝えたが
当の本人は
「そんなことない」
と、逆にムっとされたという。


おそらく、
本人は気が付いていると思う。


おかあさんご自身が
耳が悪い、難聴
であることを受け入れられないのではないか?


それを認めてしまうと
「自分は年寄りです」と言っているようなものだから。


女性ならなおさら
プライドもあるし、
いつまでも若くいたいと思うもの。


ましてや耳鼻科に行き、検査を受けることさえ
抵抗する方がいる。


老人性難聴や補聴器について
たとえ病院で説明をうけても
スンナリ受け入れる人のほうが少ないもの。


2度聞きや、
会話の度に聞き返されたりするのに
イラっとくる気持ちはわかる。


でも、本人は努力しています。


世間からの偏見というか・・・
これは常にあるので、


たとえば、
「あの人耳が遠いから話すのめんどくさい」
という若い人の言葉を聞いたことあるが、


あるいみ、世間の代弁をしているのかもしれない。


それだけのものを自分の母親が受けてしまうのだ。


そう考えれば
「自分が守ってあげなければ」
という気持ちが起こると思う。


そういう気持ちで接していれば
いづれ、
おかあさんの方から
何か話が出るかもしれない。


そう、
友人に話した。。。。


関連記事

先頭へ戻る