ホーム » その他日記 » 補聴器の使用年数と注意点

補聴器の使用年数と注意点

補聴器はいったいどのくらいもつのか?
どのくらい使えるのか?


おおむね「5年」というのが
ひとつの目安かと思われる。


どの会社、メーカーでも
「このくらいは使えます」と
ハッキリは決めていないようだ。


しかし、修理に使う部品の保存年数が
製造終了後5年だという。


公表はしなくても
だいたいその辺が目安と考えているのではないか。


使い方や使用環境でも
「もち」は変わってくる。


壊れやすい状況としては、

「海岸部での使用」
補聴器も機器であるが故
当然、潮風は悪い影響がある

「子供が使用」
大人に比べて
どうしても雑な使い方に
なると思われる

他には、
「汗をかきやすい」
「ホコリの多い所での使用」

なども
耐用年数に影響を与える。


逆に、
ていねいに使い、
定期的にクリーニングなどの
ケアを行っていれば
10年はもつという人もいる。


では、
使わないで置いておいた時はどうなのか?


これも
カビがはえたり、部品の接点の汚れなどもあるため、
もし、
長年しまておいた補聴器を
使おうという時は
一度、業者にクリーニングをお願いしてからのほうが良い。


時に日本は
高温多湿の環境にあるため、
1年に2回くらいは
クリーニングに出したい。


雑に使った場合と、
丁寧に使う場合では
使用できる期間が
2倍も違う場合があるので、
決して安い買い物ではないのだから、
マメに出そう。


ちなみに、
補聴器の故障しやすい部分は、
「スイッチ」「電池ボックス」
あたりである。


これは修理代も
それほどかからないが、
「マイク」「イヤホン」
が壊れると
かなり高額になるので
注意したい。


関連記事

先頭へ戻る