ホーム » 痛み » 立ったり座ったりで膝が痛い!

立ったり座ったりで膝が痛い!

ひざを痛めている人は多い。

・歩くとき、または走ると痛い
・膝の曲げ伸ばしで痛い
・階段がつらい。特に下り。
・正座が痛くて出来ない。


あたりが、
代表的な症状である。


40代以上のひとは
変形性膝関節症が疑われる。


10~20代なら、骨の変形は考えにくいので
別の疾患だろう。


体重の重い人にも多い。
膝に体重が「ドスン!」と乗るから、
それがヒザの負担になり痛みが出てくる。


靴で痛める人もいる。


特に、
ヒールの高いくつや、
重くて硬い靴、
安全靴などで多い。


これも原因は
膝の負担が増えるから。


「動き始めに痛い。動きだせば大丈夫」
「立ったり座ったりが痛い」
という症状は、
膝の骨が変形している特徴的な症状。


また、
そのような膝は、
だいたい「軟骨」がすり減り、
ひざのクッションが効かなくなっている。


次回は
膝の軟骨に良いとされるグルコサミンとは?



関連記事

先頭へ戻る