ホーム » 高齢者 » お母さんが膝の痛みであるくのが大変だが手術は?

お母さんが膝の痛みであるくのが大変だが手術は?

80代のお母さんが、
膝痛で歩けないほど痛みが強く
手術をするかしないか悩んでいる相談を受けた。
立つと足がO脚になっているそうだ。


どこぞの整形外科では、
「膝の深層神経が関係している」と言われたそうで、
手術を勧められたわけではないが、
本人(母)が手術にかなり興味があると。


たしかに、
80代の高齢でもあるし、
まったく歩けない訳でもない。


おそらく、
手術好きな大学病院などでないかぎり
手術は勧めないだろう。


しかし、


ここで重要なのは、
お母さん自身の気持ちである。


O脚でもあるし、
膝の内側が磨り減った変形性膝関節症なのかと推測するが、
よくわからないのが、
「深層神経」という言葉。


西洋医学ではあまり使わないい方だ。


これは医師ではなく、
整体など、
あるいは東洋医学の先生かと思う。


まあ、
いづれにしても
痛みが強くて本人が困っているわけで、


身内であればあるほど、
本人の気持ちが見えなくなっていることが多い。


つまり、
お母さん自身は、
「毎日がつらい」のである。


毎日毎日、
ひざのせいでつらいから、
そこからなんとかしたいという気持ちが、
手術を考えさせているのではないか?


そうであれば、
もちろん担当医との相談ではあるが、
「どうしても手術したい!」
という強い気持ちがあるのなら、
そうしてみるのもありではないかと思う。


悔いのない人生を送ってもらいたいからだ。


あのとき手術していればもしかしたら治ったかも・・・


という思いのまま、
のこりの人生を送るのもせつない。。。


その気持ちの深い所を考えた上で
決断してほしい。


関連記事

先頭へ戻る