ホーム » 膝の悩み » O脚と膝痛は関係あるの?

O脚と膝痛は関係あるの?

日本人に多いO脚。

テレビを見ていると
芸能人でも多く見かける。


いったい、
ひざの痛みとO脚は関係あるのだろうか?


膝の関節は
大腿骨と脛骨(すねの骨)と膝蓋骨(お皿の骨)から出来ている。


ここで問題になるのは
大腿骨と脛骨の関係である。


立った姿勢で正面から見て
大腿骨~脛骨のラインが
真っすぐか
外反か
内反か

3種類である。


軽く外反が正常であり、
各関節にかかる負担は一番少ない。


日本人に多いO脚は内反が強くなったもので、
ひざの内側に負担がかかる。


立った状態で
内くるぶしを付け、
膝と膝の間が2cm以上開いていたら
O脚とされている。


手をグーにした状態で、
このひざの隙間に入るようであれば
かなりのO脚である。


逆にX脚だと膝の外側に負担がかかる。
これは欧米人に多い。


これが、繰り返し繰り返し負荷がかかり続けると
軟骨がすり減り、
変形性膝関節症を起こすことが多い。
(内側型変形性膝関節症)


O脚は男性よりも女性に多く、
若い女性に脚の悩みのタネになっている。


美容的にも悩むだろうが、
将来的に痛みも出やすいので、
立ったり座ったりの繰り返しや、
長時間の歩行、
頻繁な階段の上がり降りには
注意しておくべきである。


もちろん重いものを長時間持ったり
それを持ったままの歩行も同じである。


関連記事
タグ / O脚膝痛

先頭へ戻る