ホーム » 膝の悩み » ジョギングでひざに違和感が | 原因と対処方法

ジョギングでひざに違和感が | 原因と対処方法

健康ブームでウォーキングやランニングをはじめ、
膝痛を起こす人が多い。


もともと膝の違和感や痛みがあれば、
多少気遣いながら行うが、
まったく痛みない方は、
ほとんどの人がオーバーユース(運動のやりすぎ)の状態に
なってしまう。


はりきってシューズやウェアも揃えてのスタートなので
気持ちはわかるが、
痛みや違和感が出てしまっては
元も子もない。


また、体重が増えていると、
カロリーを消費しようとするあまり、
ひざの以上を感じながらも
ムリをしてしまう人も多い。


走り終わってひざの腫れ、熱っぽさを感じたら
アイシングをして冷やすと症状が緩和される。


しばらく休みを取って
ふたたび再開する時は、
できるだけひざに負担のかからない運動からはじめること。


ウォーキングなどからはじめ、
最初は距離を短く、
痛みが出ないようであれば、
少しづつ距離を伸ばしていく。


基本的に、跳んだり走ったりするとき、
ひざには体重の数倍の大きな重さが
のってくる。


この負荷は、
膝関節はもちろん、
関節の靭帯や腱にもかかってくるので、
この部分に炎症が起き、
痛みや違和感となってあらわれる。


いわゆる「スポーツ障害」である。


中高年の方もウォーキングなどで痛める人が多く、
健康のためよかれと思って行った運動が
アダとなってしまう。


関連記事

先頭へ戻る