ホーム » 膝の悩み » 【比較実験】膝のテーピング固定は効果あるの?検証した結果は?

【比較実験】膝のテーピング固定は効果あるの?検証した結果は?

膝痛の治療においても、また、スポーツ界においても
テーピングの効果を期待し、
怪我の予防や固定、再発の予防に用いるのは
いまやあたりまえとなっている。


テレビに映るバレーボール選手や、相撲選手のひざに
テーピングが施されているのを
良く見かける人も多いだろう。


では、
ひざの内側、外側へ貼って行くテーピングは
実際に効果があるのだろうか?


一般的に、
テーピング固定を行った直後は
あるていどの効果が得られるが、
1時間経過したのち
再度、効果を確認すると
ほぼ効果が得られなくなっている場合が多い。


海外などでも何度か実験が行われているので、
ざっくりとではあるがまとめてみた。


■膝の内側、外側のテーピング、
前十字靱帯、後十字靭帯のテーピングを行い、
テーピング前と後、運動後の記録を取った。
前方への移動距離をKT-1000を使って計測。

結果


テーピング前と後の比較では
不安定感の制限効果を認めた。

運動後の計測では
10分ほどでテーピング実地前と同じ数値になり、
20分後にはほぼ効果がなくなっていたという。


つまり、まとめると、
運動前のテーピングは効果があるが
そのまま運動を開始しても
はじめの数分だけは効果があるものの、
やがて効果は無くなる。
ということになる。


では、
テーピングはまったく意味がないのか?
というと、そんなことはないようだ。


テーピングの効果について、
こう、結論付けている専門家がいることを
最後に書いておく。


「テーピング固定を行い運動を行った状態で
関節に、怪我を起こすような力が加わった時、
貼ってあるテープが緊張し反射的に筋肉が収縮。
それにより関節や靭帯の異常な進展を防ぐことが出来、
この効果については否定するものではない。
同時に精神的な安心感も無視できない」

としている。


関連記事

先頭へ戻る