ホーム » 膝の悩み » 膝の関節がだるい | 軟骨がはがれおちたかも?

膝の関節がだるい | 軟骨がはがれおちたかも?

「関節がだるい」「運動すると痛い」「ひざに水がたまった」
「膝が曲がらない、伸びない」という場合、
膝関節離断性骨軟骨炎(しつかんせつりだんせいこつなんこつえん)
の可能性もあります。


ずいぶんと難しい名前ですが、
その名前のごとく、
ひざ関節の軟骨が離断(はなれて)してしまった状態です。


10代の男性に多い。
成人にも起きるが、
10代が自然になおってしまうこともあるのに比べ、
成長の終わった成人になると
自然に治ることはなく、
ひざの変形性変化お起こす可能性が高い。


スポーツなどの怪我や、そ血、骨端部分の骨化異常などが原因。
ささいなことでは
ゴルフのスイングでなってしまうことさえある。


はなれた軟骨は、
「関節遊離体(かんせつゆうりたい)」と呼ばれ、
ねずみが動くように関節の内を動き回るので
関節ねずみとも呼ばれます。


この「ねずみ」が
関節のなかで動く場所により激痛や関節のロッキングなどが起こります。


初期の段階では
レントゲン検査では分からないことが多い。


MRIでの診断が理想。

治療は
10代であれば自然治癒が期待できるので
保存療法がメインになる。
もちろんスポーツなどは休止する。


成人は手術が中心になり、
骨移植、摘出術、ドリリング、シェービングなど。



関連記事

先頭へ戻る