ホーム » その他日記 » 染め出しのとき歯垢(プラーク)を目立たなくする方法

染め出しのとき歯垢(プラーク)を目立たなくする方法

歯科に通院中だが、
やっと治療は終わり、あとは
「染め出し」というプラーク(歯垢)のチェックだそうな。


以前にも書いたこちらの歯医者。


先日、はじめてやって来た。


歯磨きは、さっぱり感はあるが、
いったいどれくらい、虫歯のもとである歯垢(プラーク)が取れたのか?
が分かりにくい。


染め出しは、プラークを赤く(というかショッキングピンク?)染めて、
一見してプラークの付着具合がわかる。


いかに磨けていないかを
まざまざと見せつけられるのだが、
それもなんかくやしいので、
いつになく丁寧に時間をかけて磨いた後に
染め出しをやってもらった。


結果は悪くなかったが、
やはりどうしても歯と歯の間の歯垢が
目立つ。


歯ブラシ+歯間ブラシで行ったにも関わらずだ。


さらにフロスも加えてやるようにとの
指導をうけた。


しかし、
フロス抜きで、染め出しの好成績を出す方法がわかった。


丁寧なブラッシングはもちろんだが、
そのあと、
歯間ブラシを、
隣り合う歯と歯茎の境目に「そわすように」動かす。


ここが、ブラッシングでも
取りにくい部分なので
かなり効果的である。


案の定、
この方法で磨いた後
染め出しを行うと
ほぼ完璧な仕上がりである。


ただ、染め出しではよくても、
実際の虫歯予防からすると、
どうしてもフロスは必要のようだ。


歯の付け根は歯間ブラシできれいになっても、
上の方の歯間はムリなので、
やはりここに
フロスを通すしかない。


関連記事

先頭へ戻る