ホーム » スポーツ » 山登りの下りで太ももの筋肉が張る | トレーニングで筋肉を鍛えるべき?

山登りの下りで太ももの筋肉が張る | トレーニングで筋肉を鍛えるべき?

登山の上りはスイスイ
下りではガクガクという人が多い


山に詳しい人に聞くと
下りの筋肉は、実際に何度も下山して鍛えるそうだ
数稽古だとも


ポイントはいくつかある


まずは、ゆっくり下る
数を重ねるごとに分かるというが
ひざを痛めないよう、あせらず
下りだからとサッサと歩かないで
時間をかけて下りるのだと


また、
とくに疲れると
膝を伸ばしたままドンと足を着く傾向があり
これがまた良くないと


結局は歩き方によるのか?


筋力が無くても以下のように歩けば
普通は歩けると


・重心を低く。ひざは軽く曲げ余裕を持たせた状態で、やや前傾姿勢
・着地はひざを伸ばさずにゆっくり着く
・大股は厳禁(歩幅を小さく)


ストックについては賛否両論あり


ひざには良いが正しい歩き方が分からなくなる
ダブルストックはコツがいるという


痛い時のみ使うなど
応用のきいた考えが必要


日常、自宅でできる
足あげのトレーニングで筋肉を鍛えることも有効


やり方は

1:床の上にあおむけに寝る
2:片方の足は膝を深く曲げ、もう片方はまっすぐのばす
3:両手は床の上に自然に伸ばす
4:伸ばした足をひざを曲げないようにゆっくり上げる
5:10センチくらいで5秒止める
6:床におろし、2~3秒休んで再びあしを上げる

ポイントはゆっくりと上げること
早くやってしまうと効果が半減する


関連記事

先頭へ戻る