ホーム » 膝の悩み » 膝痛がやわらぐひざのお皿ストレッチ

膝痛がやわらぐひざのお皿ストレッチ

このお皿ストレッチは
膝関節の柔軟性をとりもどし
関節が本来持っている動きを
維持、回復させる効果がある


続けていれば
徐々に痛みが軽く動きもスムーズになっていく


ただ、
関節炎がおこっている場合は
安静と投薬で
熱と腫れを引かせることが大切


朝晩2回を目安に
朝は起きた直後に
夜は入浴後におこなう


無理をしてしまった時や
調子が悪い時は
昼間にもう一回行うと良い


ひざのお皿を動かすストレッチは
日常生活で最も負担のかかる
お皿のつなぎめの組織の固さをとり
動きを良くする目的がある


お皿の外側と下側は
とくに固くなりがちなので
痛みが感じやすい場所だが
少しがまんしてゆっくりと行う


1:床に腰をおろし足を前方に伸ばす

2:両手を片方のひざの内側と外側にあてる

3:親指でひざの前をさわり
お皿をみつける

4:確認できたらお皿を上から下、下から上、右から左、左から右と動かすように5秒ずつゆっくりと抑える

5:以上を3回繰り返す

6:反対のひざも同じように行う


こうしたストレッチ体操を繰り返し
ひざにムリをかけない生活を行えば
1か月~3か月で楽になってくる人が多い


ただし、
良くなってもやめてしまうと
また痛みが出てくることが多い


痛みが引いても継続することが大切だ


関連記事

先頭へ戻る