ホーム » 登山 » 失敗しない登山靴の選び方3つのコツ

失敗しない登山靴の選び方3つのコツ

■ 正しい登山靴の種類を選ぶ

アップダウンのある山道に向く靴は、
・くるぶしまで覆って足首を保護するハイカットの靴
・本格的な登山靴より、丈は低めで軽いものを

ハイキング・山歩きに向く靴は、
・軽量で、足が自由に動かしやすいミドルカットの靴


重装備の登山・本格的な登山は、
・足首が保護されて衝撃による足の負担を軽くするしかりしたソールのハイカット靴



■ 値段の基準は?

・量販店・大型スーパーなどでも、本格的な山用の靴と見た目が変わらないものを
「安く」置いている

しかし、見た目は同じようでも性能は違う

山で安心できる防水性やクッション性、グリップ力など
トータルの性能をみたしている商品は
初心者であればなおさら専門店で購入したい

専門店での相場はだいたい1万円代からとなっている



■ サイズ選び

まずは登山用の靴下をはいてお店に行くこと

人それぞれ顔が違うように
足の形も千差万別

かならず専門の店員さんに自分の足に合ったシューズを
選んでもらう

実際に履いてみたら
かかとに指をのばして1本入るのが目安

指がきつくて入らない場合は購入しない
山で自分の指やつめが靴に当たるし
逆にゆるくても
靴の中で足が動いてしまい踏ん張りがきかない

試着はかならず左右行う
右はちょうど良いがひだりはキツイなど
良くある話だからだ

店内の試着用スロープなどを上り下りして
かかとの浮き、つま先のきつさ、幅、甲の高さを
たっぷり時間かけて確認する



関連記事

先頭へ戻る