ホーム » 膝の悩み » O脚とひざ痛の関係 | 整形外科病院での矯正は?

O脚とひざ痛の関係 | 整形外科病院での矯正は?

膝痛に悩む人は全国で 500万人以上いると言われている。

それほど多くの人を悩ませるひざ痛だが、
そのうちの多くは
ひざの内側の関節軟骨に損傷がみられる
変形性膝関節症だ。


関節軟骨の生成にはホルモンが完成していることから
どうしても「閉経後の女性」に多く発症する


ひざの内側の軟骨がすり減ってくると
関節や筋肉が外側に湾曲する「O脚」になりやすくなる


実際に変形性膝関節症を患っている人の
約80%にO脚変形がみられるといわれており


痛みの改善にはO脚を矯正して、
ひざ内側への負担を減らすことが大切になってくる


O脚の矯正によくつかわれるのは
いわゆる「足底板」である


足部の外側を高くして内側を低くする


靴の中敷きタイプや靴下タイプなどがある


整形外科などでもこの方法をすすめられるのが一般的


一方、こうした足底板だけでは
足首が内側に入るだけで、足全体の湾曲の矯正にはならないのでは?
との疑問も残る


また、
実際に足底板をつけて生活していくと
腰痛やひざのウラの痛みなどが出てくることもある


これはいずれも軽度ではあるが
おそらくは急激に矯正しようとすればするほど
こういった副作用はまぬがれないのではないかとの見方もある


関連記事

先頭へ戻る