ホーム » 登山 » これが理想的な下りの歩き方 | 山登りの姿勢

これが理想的な下りの歩き方 | 山登りの姿勢

基本的に下りの姿勢は重力に対して
垂直に体を保つのが基本


同時に足の裏全体で着地する(フラットフィッティング)


こうするとおのずと姿勢が真っ直ぐになる


歩幅も小さくする
大きくなると体がその分ゆれることにより
足を着くときの衝撃が大きい


はじめはよいのだが
疲労度があがってくるとその衝撃がおっくうになり
腰の引けた、へっぴり腰の姿勢になってしまう


それを防ぐためにも小幅での歩行は大切


足の裏全体で着地するメリットはほかにもある


山の下り・下山は重力の働きによって
足のつき方によってはすべって大けがにつながる
足裏の全体を同時に着地する足運びなら
そういったリスクも減らせる

視線は1,2歩先を見て手はゆっくり振る


また、服装は
下りはあまり汗をかかないので
1枚着用する


足に疲れが少なく余裕があれば
急斜面でもからだを真っ直ぐ垂直に保てる

疲れてくるにしたがって
腰が引けすべってしまう危険性が高まる


関連記事

先頭へ戻る