ホーム » 痛み » 発症後のケア | 中学・高校生のジャンパー膝とオスグッド病

発症後のケア | 中学・高校生のジャンパー膝とオスグッド病

ジャンプやランニングなどで、ひざを使いすぎる事で起きる
10代後半からの「ジャンパーひざ」と
10代前半の「オスグッド・シュラッター病」


症状が出てしまったらどうすればいいか?
解説していきたい


■ ジャンパー膝

たび重なるジャンプやランニングにより
ひざに力がかかり起こるスポーツ障害

お皿の下の部分、膝蓋腱(しつがいけん)が
引きのばされるために炎症が起き痛みが出る

膝蓋骨(お皿)の下が痛むことが多いが
お皿の上が痛むこともある

10代の後半に多い


■ オスグッド・シュラッター病

成長期の子供に多く
ひざの下が痛くなる

走ったりボールを蹴ったりジャンプの繰り返しで
膝蓋腱(しつがいけん)が付いている骨の部分(お皿の下)が痛む

骨が出っ張ってくることが多い

まだ成長期の10代前半に多い



いずれも
バスケットボール・バレーボール・サッカー・陸上などに多い


■ 対策は?

ジャンパー膝・オスグッド病ともに
大腿四頭筋の収縮が関係している


運動を始める前の準備運動の段階で
大腿四頭筋のストレッチで十分に伸ばしておくことが大切


もちろん、予防にもつながるし、
発症後のケアとしても良い


直立した状態で
片方の膝を曲げおしりにつくまで
手で引っ張り上げると良い



関連記事

先頭へ戻る