ホーム » 登山 » 2013富士山の山開きに注意!登山低体温症から意識がなくなる危険性も

2013富士山の山開きに注意!登山低体温症から意識がなくなる危険性も

世界文化遺産に登録された富士山が7月1日に山開きとなった


■山開きはいつまで?

平成25年の富士山の山開きは
7月~8月末の2ヶ月間が、一般的な登山時期であり
登山バスや山小屋も営業している


しかし
この時期は山に登る人も大勢で、
特に毎週末は(時間帯にもよるが)山道は大渋滞を起こす


富士山の登山道は、一般的に4ルートあり
特に山梨県の吉田ルートは最も混雑するため
出来るだけ週末を避けた予定を組みたい



■危険な登山

この時期、山小屋は予約が取りにくくなっているため
睡眠不足のまま登る人も多くなってくる


ここで注意したいの が、夏とはいえ「予想以上に寒い」ということだ


富士山の温度は平地と比べ20℃くらい低い
天気が悪いと体感温度はさらに下がる


特に、「ご来光」目当ての場合は
日が昇る前に動きはじめるため真夏でもかなり寒い


冬か?と感じるくらいだ


ここで注意したいのが「低体温症」である


低体温というのは「冬」だけではない
夏山や低山でも起きる症状である



■低体温症の3大要因とは

「低温」「濡れ」「風」である

たとえば、夏であっても
山の気温が低く、雨や汗で体が濡れたまま風に当たれば
低体温症の危険度が増す


このほかに、さらにリスクを高める要因として以下の事があげられる

・体力が落ちている(体の熱生産量が落 ちるため)
・疲労している(疲労が増すと運動による熱生産が出来ない)
・高齢者(体温調節の力が落ちている)
・水分不足(血液のめぐりが悪くなり体温が低下する)
・喫煙



■症状

低体温症の症状は以下のように起きてくる


体のふるえ、思考能力の低下

意識がもうろうとしてきて眠気が襲う

意識がなくなり、呼吸や脈が弱くなる

体の反応がなくなり、まったく動かない

心臓の停止


■予防方法

症状を感じたらスグに対処することだ


震えがあるうつならまだいいが、
それを過ぎると、自分で回復することが
難しくなる


それには、上で書いた
「低温」「濡れ」「風」から、体を守ることだ


衣類、テント、山 小屋などを上手く活用し
頭は熱が奪われやすいため、帽子などをかぶって
保温しておくことも大切だ


関連記事

先頭へ戻る