ホーム » 肌の悩み » 私がやってる簡単にあかぎれを治す対処法♪ひび割れ対策にも

私がやってる簡単にあかぎれを治す対処法♪ひび割れ対策にも

寒い季節や仕事によっては手の「ぱっくり割れ」が悩みの種。痛くて気になるしイライラするし。私もそうなので良く分かる。
ハンドクリーム、水絆創膏、ワセリンより簡単で良い対処法を見つけたので参考になれば。



人によって違うと思うが私の場合、手の「親指」「中指」「手の甲(こぶしの所)」がぱっくりいきやすい。不思議と。

仕事柄よく手を洗うせいもあるし、もともと乾燥肌なので「ぱっくり割れ」を早く治す方法は、ないものか!?と、色々な薬などを試した。


ハンドクリーム塗っても洗えば落ちてしまうし、水絆創膏(コロスキ●など)は「しみる!」というか「痛い」^ ^;しかも、半日~1日ではがれてしまう。
「ヒビ●ア軟膏」は手を洗うたびに何度も塗り直さないといけないので面倒だし役不足。


ちなみに私は「めんどくさがり屋」
そんな、めんどくさがり屋にピッタリの方法を見つけた。

これを見つけてから、もう、冬が怖くなくなった。

「あかぎれ用」のものなんかじゃ効かない!
まったく関係ない「あるもの」を使う。


それは「アロンアルファ」
ただし!
「アロンアルファならなんでもいい」って訳じゃない。



■ひび・あかぎれにその場で効くアロンはこれ



アロンアルファと言ってもかなりの種類がある。
そのなかでも、ぱっくり割れにベストなアロンアルファがある。


一見、どこでも買えそうだが、探してみると「ぱっくり割れにベストなアロン」ホームセンターや文具店にはなかなか置いていない事がわかる。


結論から言えば、ベストなアロンアルファはブリスターパックの、【コレ】なのだ(←楽天の最安値で見られます)


なぜ置いていないのかは分からない。。。まあ、一般的な需要がないのだろう。


ネットなら楽々買える。


!注意!
必ず「ブリスターパック中の2つとも」使うこと。両方使わないと効果ない。



■これを見つけてから”パックリあかぎれ”は、もう怖くなくなった



ひび割れた部分に直接つけるだけ。
2つめの液をつけた瞬間に痛みが消えてスッキリ。即効性バツグン。


つねに携帯している。もう離せない。


安いし。


ちなみに、つける量は切れたパックリ部分が隠れるくらいの小さな範囲で十分。
だから目立たない♪恥ずかしくない。



■治れば自然にはがれる



さらに便利なのは、ちょうどパックリが治った頃に自然に消滅してくれること。


ポロンと取れる。


一度つけてしまえば、全自動。
何と言っても”しみない”♪


この方法、他人に話すと「え~~!(゚□゚)大丈夫なのぉ~」と驚かれるが(まあ、ちょっと過激かも)でも、これくらいしないと治らない。


ぜひ、自己責任で^ ^;お試しを!
※アトピーの方はやめておいて下さいな。高齢の方、指先が不自由な方は注意して使用を。


補助的に夜にヴァセリンをつけて綿の手袋をして寝ればさらによし!
ただ、ヴァセリンはベタつくし、服に付くと「油汚れ」のようになってしまうのでご注意を。

また、ヴァセリンなどを塗った後にアロンをつけようとしてもしっかり定着してくれない。
アロンをつけてからのヴァセリンなら大丈夫。



■瞬間接着剤「固まって使えない!」を防ぐ方法



アロンアルファの先端の口が固まって出なくなる、使えなくなる。というのはよくあること。
しかも、上記で紹介したタイプは、あの「黄色い外容器」が付いていないので固まりやすい。

まだ使える量があるのに、ゴミ箱行きは悲しい。

これを回避、防ぐかんたんな方法がある。
かんたんな保存方法で来シーズンも使える。

それは、
しっかりフタをして“冷蔵庫”で保管するということ。


瞬間接着剤は、

    • 低温では固まりにくい

    • 空気中の水分(湿気)と結合して固まる

    ということことから、
    冷蔵庫は、温度も湿度も低く乾燥しているので保管にピッタリ※間違って口に入れないように!

    なお、
    "容器入り"の瞬間接着剤の場合は、
    常温に戻す⇒容器から出す⇒使う
    を守る(湿気がつくため)

    こうすることで、
    1年前に購入した上記のアロンアルファも固まらず、正常に使えました!


    関連記事
    タグ /

    先頭へ戻る