ホーム » その他日記 » やっと効いた!むずむず脚症候群の薬 | 足がイライラ眠れない

やっと効いた!むずむず脚症候群の薬 | 足がイライラ眠れない

学生の頃、ある日突然に、

「足がイライラして眠れない!」

「夜になると何で股間や足がムズムズするんだ!?何なのこれは!」

という症状に襲われた。

しかし、毎日ではない。

が、
夜中に目が覚めた時に足がムズムズすると最悪で、もう、いてもたってもいられない。

とにかくジっとしていられなく、股間や足がイライラして眠れないのだ。気がおかしくなって叫びたくなる。

「ストレッチ」したり「青竹ふみ」すると、一時的には軽くなるが、横になってジっとすると、またムズムズしてくる。
とにかく何をしてもダメ!

このような症状を「むずむず脚症候群(むずむずあししょうこうぐん)」と言う。
別名:レストレスレッグス症候群(RLS)

妊婦さんや女性、高齢者に多いらしいが、我が家は夫婦でなっている。



■これが、むずむず脚症候群の原因



久留米大学神経精神科、睡眠研究グループの内村教授によると「有力な原因」として挙げられているのは、

  • ドパミン作動性神経の機能低下(運動、ホルモン調節、感情、意欲、学習などに関係する神経の伝達物質が少なくなる)

  • 鉄分が減ってしまうことによるドパミンの低下

  • 遺伝


しかし、
病院で相談しても「精神的なもの」などと言われたり、医者によっては「むずむず脚症候群」を知らない医師までいる。

つまり、知り合いや友達に話しても分かってもらえない事が多いのだ。

「切り落としたい」「発狂しそう!」とまで悩んでいる人がいるにもかかわらず、あまりに認知されていない。

治療法も確立していないし、薬なども決定打にかける。



■みんな!これが効いたぞ!むずむず脚症候群



とにかく、むずむずイライラが始まると
「またか!!なんで!?」と、時に脚をこぶしで殴ったりしてしまう・・・

抗うつ剤や安定剤でも効果なしで、夜になるのが怖くなっていたある日、「あるものが効く」という情報を得た。

他の食材に比べて圧倒的に多い「鉄分」が効くらしいのだ。

普通なら「そんなもので。。。」と思う自分だが”わらにもすがる”というおもいというか、とにかく試してみた。


試したのはコレ(とにかく安い)
 ⇒爽快ドラッグ(楽天)


他の商品と比べて塩と酸化防止剤を一切使っていないところが良い。
むずむず脚症候群に効いた煮干し
「原材料名」を他商品と比べてみてほしい。


結果、

・・・・確かにムズムズが起きない。イヤ、本当に。

まだ1か月だが、どんな薬より効いている。あっけないくらいに。

\ 300程度で治るのなら、こんなにありがたいことはないが・・・・

しかし、本当に、ここ1か月は、あのイライラ感に襲われない。

これは本当にありがたい。助かる。
救われた思いだ。

はじめは「味が無い」と感じるかもしれないが、食べているうちに味わいが出て美味しく感じてくるし、何よりこれでイライラ感むずむず感が出ないなら何と安い事か!


もちろん、今後も検証したいので、このブログで経過を報告していきたい。


■これが効く食べ方


わたしの摂り方としては、

・1日、4~5匹で効果は出ている

・消化を良くし、吸収を促進するため良く噛む

・何も調理せず、そのまま食べる


今のところ、自分の「むずむず脚症候群」には効いているので、むずむずの同志にすすめたい。
 ⇒爽快ドラッグ(楽天)



※私のように鉄分を補って良くなる場合もありますが、むずむず脚症候群は他の病気や薬が原因の症候性(二次性)の場合もあります。



関連記事
タグ /

先頭へ戻る