ホーム » 痛み » 足がピキーンとつる!痛い!コムレケアより良い“あの”飲み物薬

足がピキーンとつる!痛い!コムレケアより良い“あの”飲み物薬

家内は手足がつりやすい。とくに足がつる (こむら返り )

「ふくらはぎ」や「足の裏」がギュウ~っと引っ張られるようになり。。。「 また来た!つりそう!」

つってしまうと、さすっても伸ばしても治らない。
ジタバタしながら(怒りながら?)激痛に耐えている。

ここでは、いろいろな方法をためした中で見つけた「一番早く治す対策・対処法」をシェア。

さらに、実際の“つる”症状から分かった、

  • 医者に直接聞いてみた。“つる”原因はなに?


  • 予防、防ぐ方法は?


  • 足がつるのは何かの病気?

を書いてゆく。



■「コムレケア」より早い効き目の飲み物はコレ


「手足のつり・こむら返り」には「コムレケア」が有名。
 ⇒コムレケアの【最安値】を楽天で見る


しかし!


いろいろ試す中で「スグ効く即効性のあるもの」を見つけた。

飲んで、2~3分でスグに治った^ ^

これです↓↓(安いな~)
 ⇒アルクラックの【最安値】を楽天で見る

これ、本当にオススメ

“つる”クスリ(漢方薬) で、「ドリンク」って珍しい。

多くの人は、「スポーツ・運動のあと・運動中」に“つる”らしいが、家内は「買い物で歩いただけ」でつってしまうのだから、もう手放せない。



■なぜ?ドラッグストアで売っていない


そういう訳で愛用したかったが、困ったことに、置いてあるドラッグストアがほとんど無い。

なぜだろう?(知名度が低いから?)
外出先でドラッグストアへ入ってもほとんど見つからない。

そこで家内は、
事前にネットで買っておき、バッグに入れて持ち歩いている(外出先でつったり筋肉のけいれんが起きたときにスグ使えるように)


また、
ネットでよく見かける対策・対処法としては、
  • 温タオルを当てて温める
  • 心臓に向かって“さする”

などを見かけるが、こんな事しても治らないときは治らない。。。

しかし、医者に聞くと、
  • つった部位をストレッチ
  • “お湯につけて”温める
  • ゆっくり伸ばす

という方法は比較的効果があるらい。

でも。。。それでもダメなときはダメです!

家内もそうだった。

そんな家内が「これ一番イイ!これ、ベストだよ!」と喜んだ効果の出た飲み物が、この内服液。
同じ悩みの方は試してみてくださいな。

値段もお手頃♪
 ⇒アルクラックの【最安値】を楽天で見る



■これを飲めば予防になる?


事前に飲んでおけば“つる”予防になるのか?

医師に聞くと、
「基本的には症状が出たら飲むもの。毎日飲んでいるものではない。」という。

しかし 、
家内は「つりそうな兆候」を感じたらスグ飲んでいる。
それで効果が出ているし、十分効いているので満足している。



■医師に色々と聞いてみた


仕事柄、医者と接する時が多い。
そこでの一問一答。

質問:「アルクラック」は芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)だが、
芍薬甘草湯の「粉末」と「液体」で、即効性があり早く効くのはどちら?

回答:カラダへの吸収が“早い順”に、
液体(アルクラック) ⇒ ゼリー ⇒ 粉末 ⇒ 一番遅いのが「錠剤」
つまり、液体がもっとも早く吸収されるという。
なるほど、家内が「一番早く効く」と言ったのもうなずける。

質問:芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を摂ってはいけない人は?

回答:以下の病気の方は 医師に要相談を !
原発性アルドステロン症
ミオパチー(ミオパシー)筋肉の疾患
血清中のカリウム濃度が低い人(低カリウム血症)
また、
「妊娠中、授乳中の人」「高齢者」も医師に相談を。

質問:よく効くように、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を連続で飲んでも大丈夫?

回答:1日2回までに(副作用のおそれがあるため)また、間隔は2時間は開けたい。

質問:副作用はどんな状態になる?

回答:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばり感、脱力感、筋肉痛など。

質問:つる原因はなに?

回答:つる原因は、ひとつではない事が多い。
内科的な病気も有り得るので、何度も起きる人は一度病院で診てもらうべき。
主な原因としては、
・発汗によって、「ナトリウム・カリウム」などのバランス が乱れ、神経、筋肉が余計な動きを起こしてしまう。
・運動など(徒歩でも)長時間筋肉を使い続けると、筋肉を動かす神経の伝達がうまくいかなくなり症状が起こる(加齢とも関係する)
・睡眠中の“つり”は、足の神経の伝達が鈍くなる上に、つま先が伸びた状態になりやすいため起こりやすい。

質問:「湿布」や「はり薬」は使ってもよいか?

回答:基本的に湿布などは、ある程度の時間貼っておくことで痛みなどを取るもの。
痛みを取る成分が入っているので良いように思いがちだが、即効性は期待できない。
さらに、冷やすはたらきもあるため、むしろつりやすくなる。
もし、貼るなら「暖かい湿布」を。
 ⇒温かい湿布(温湿布)の一覧(楽天)



■こむら返りの予防。つるのを防ぐ方法は?


  • 足の指やふくらはぎの筋肉を強くする。やり方は、足の指でグーパーしたり、床に立って爪先立ちを繰り返すなど(急にやりすぎると逆効果!「回数少な目を毎日」という意識で)

  • 寝る前や、外出前、運動前にはよく足をのばしてストレッチをしておく

  • つる予防ストレッチ


余談だが、
家内は夏場の水分補給のとき、水にひとつまみの塩を入れて飲んでいる。体内のナトリウムバランスが崩れるとつりやすくなるからだ。
知人で、「寝る前にこれを飲むと朝までグッスリ」という人もいた。



■足がつるのは何かの病気?


以下、“足がつる”ことに関連のある病気

  • 骨粗しょう症(初期の症状としてこむら返りが57%にみられたという報告があります)

  • 閉塞性動脈硬化症(足の血管が硬くなり血の流れが悪くなる病気)

  • 脳梗塞や心筋梗塞(血流が悪いとつりやすくなるし、脳梗塞や心筋梗塞につながることも)

  • 脊椎の椎間板ヘルニア(脊椎の骨と骨の間にある椎間板というクッション剤(軟骨)が横に外に飛び出して脊髄神経を圧迫してしまう。腰でそれが起きると足がつったりシビレたり痛みが出たりする)

  • 腎臓病

  • 糖尿病

  • 甲状腺障害



■次に試したいものはコレ


こういう仕事(医療機関)をしていると、同じ症状に悩む人に出会うことも多い。

マグマイト(マグネシウムとカルシウムの混合サプリメント)で激痛から解放されたという人がいたので 、個人的に購入して試してみようと思っている。

いちおうリンクを張っておきます。
 ⇒マグマイトの【最安値】を楽天で見る





関連記事
タグ /

先頭へ戻る