ホーム » 水虫 » 幼児と水虫

幼児と水虫

前回に続き、皮膚科の先生の話をもとに「子供の水虫」についての質問をまとめました。

a0001_016394.jpg

幼児の子どもの手と足が黄色くなっています。かゆくはないようですが?
いろいろ考えられますが、多いのは「柑皮症」(かんぴしょう)です。
柑皮症とは、カロチンを多く含む「ほうれん草」「みかん」などをたくさん食べると起こり、以下の特徴があります。
・手のひらや足の裏が黄色くなる
・眼の結膜や舌は黄色くならない
・全身症状はない
・薬をあたえていない(薬によって起きる場合は別の病気が考えられる)
・食事のバランスを整えれば2ヵ月くらいで目立たなくなってくる
※柑皮症と診断されるには皮膚科で診てもらう必要があります。



小学生ですが、手の指に「小さな赤い輪のついたポツポツ」があります。親に水虫はないのですが?
いくつか考えられます。
・たむし(ペットから、たむしの菌が手についた)
・しもやけ
・多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)ウィルスや感染症が原因。熱が出て、手足に輪をかいた斑点が出来る。
正確な診断は、やはり皮膚科へ。



子供の足の裏が硬くなり、その部分が粗くてデコボコになっています。
水虫ではなく、イボ[足蹠疣贅(そくせきゆうぜい)]かと思います。
ウィルスで起こる皮膚病で、良性ですが他人に伝染しやすいです。



学校などで水虫をうつされないようにするには?
感染予防法としては、靴や上履きなどの履物を共有しないこと。帰宅したらすぐに足(特に指のあいだ)を洗い、よく乾かす。これで十分かと思います。


関連記事
タグ /

先頭へ戻る