ホーム » 夜泣き » 幼児、乳児の夜泣き

幼児、乳児の夜泣き

「赤ちゃんの夜泣き」

この言葉にはわたし自身、特別の想いがあります。
夜泣きには、さんざん泣かされましたので。。。

「泣きたいのはこっちだよ~~、もう!」
「なんで起きちゃうの!」

の毎日。

夫婦喧嘩の原因にもなりますよね。


でも、ママ友と話していると「うち、毎晩熟睡なんだけど」など、
他の子はみんなスヤスヤ寝ているようでとてもうらやましかった思い出があります。


夜中に泣かれて寝られない夜が2年は続きましたので、当時、わたし自身もおかしくなっていました。
これは、おそらく体験した人にしかわからない悩みではないでしょうか。
a0006_001383.jpg

泣いて何を訴えているのか?
乳幼児は、夜泣きで何を訴えているのでしょうか?
これ、うちの子が、3歳か4歳のころに本人に(笑)聞いたことがあります。
わたし : 「●●は、夜、何回も泣きながら起きてたんだよ~」
本人 : 「・・・・夢見てたのかな~?」

まあ、本当かどうかは疑わしいですが(笑)
でも、まんざらウソでもないと思います。



専門家によると、乳児は夜泣きで以下のどれかを訴えているといいます。

「まだ眠たくないよ~」(無理な寝かしつけ)
これは、生活のリズムを計算して、眠たくなるタイミングをその時間に持ってくることで改善することがあります。

「怖いよ~」(睡眠への不安)
赤ちゃんは「睡眠への恐怖心」があり、安心感をあたえることが大切といわれています。つまり、「安心できる空間」をつくってあげる事だと。

「どうやって寝るの~?」(寝方がわからない)
寝付きにも「上手い」「下手」の個人差がある。根気よく教えてあげましょう。
。。。とは言われても「根気よく」って難しいな・・・



いったい、いつまで続くの?
個人差がありますが、1歳半~2歳くらいになると、だいぶ落ち着いてくるようです。
1歳半~2歳くらいで、お昼寝が1回になりますので夜も寝てくれるようになります。
※「個人差」はあります。3歳くらいまで続く子もいますので、「なんでこの子は他と違うの?!」と思わないで下さいね。「親」と同じで「赤ちゃん」にもそれぞれ個性があるのです。




人間、そんなに強いものではありません。
精神的に追い詰められているところに、みんな平気でポンポン言うんですよね~(>_<。)

そのたびに”グサ”っと刺さるんです。心に。
「あなたはダメなお母さんね!」と言われているようで。。。。


関連記事
タグ /

先頭へ戻る