ホーム » 離婚・夫婦関係 » 夫婦関係、夫婦喧嘩でうつ病になり離婚

夫婦関係、夫婦喧嘩でうつ病になり離婚

離婚が具体的になっていく前に夫婦間の問題で、精神的な病気、
たとえば「うつ病」であったり「摂食障害」であったり、または「頭痛」から「不眠」まで心が不安定になってしまうことがあります。

大きなストレスがかかると人間のカラダはバランスを崩してしまいます。


原因はさまざまでしょう。

「浮気」「姑(しゅうとめ)と、うまくいかない」「借金」「アルコール依存」などなど・・・・

このような生活の悩みから以下のような症状がでたら「精神的な疾患かも?」と考えてみてください。

・不安になったり憂鬱になることが多い
・眠れない、食欲がない
・人と会いたくない
・息苦しくなったり、ドキドキしたり
・大好きだった趣味などにまったく興味がなくなった
・人が自分のことをどう思っているのか気になってしょうがない
・電車に乗れない


「まさか自分が・・・?」
と思う方がほとんどでしょうが、なるべく初期段階で治療を開始したほうがいいです。

知人で「うつ」の人がいますが「本当につらくて孤独だ」と聞かされます。
決して「自分以外の人がなる病気」「他人の話」ではないのです。
誰にも理解されない苦しみ、自分でもなんなのか説明のしようがない。孤独で壮絶な闘いになってしまいます。

ですから早く受診してください。



少し話がそれましたが、

いずれにしても、そういったことで「離婚」を考えているならば
まずは受診して治療をしてから離婚に臨みましょう。

通常の人でも、離婚というのは、かなりの精神的なダメージを受けます。
ある専門家は「本当に寿命が10年縮まる」と言っているくらいです。



それでも、あくまで離婚を中心に考えるならば
まずは受診して「診断書」などを書いてもらいましょう(通常¥3,000前後)
なぜなら、
申し立てのときに「こんな症状が出てしまった」と、言葉で言うだけでは「ウソ」ともとられてしまいます。
正式な診断書があればそんなこともなく「事実」として扱ってもらえます。

いきなり「心療内科」などを受診するのに抵抗があるのならば、いつも受診しているお医者さんに相談して紹介してもらうとスムーズに進みますよ。


関連記事

先頭へ戻る