ホーム » 肌の悩み » 肌の老化予防と日焼け止めと治療

肌の老化予防と日焼け止めと治療

アンチエイジングとよく聞きます。これは「加齢のためおこる状態の治療」のことで
簡単にいえば「老化防止」ですね。
「しみ」「しわ」などのスキンケア、日焼け止めと治療について考えていきます。

では、肌の老化はなぜ起こるのでしょうか?

■紫外線による
■酸化(活性酸素)
■乾燥による

この3つが大きな原因です



【紫外線】
このなかでも一番悪影響があるのが「紫外線」です。
実は肌の老化の8割がこれによる老化です。

普段の生活で浴びる紫外線には2つあります

・UVA:皮膚の深いところに影響があり、肌を黒くします。また、シミ、しわ、たるみの原因ともなります
・UVB:皮膚の表面に影響があり赤くする(サンバーン)働きがあります。

ちなみに、天気が「くもり」の日に家の中にいれば紫外線から守られていると考えてしまいますが、これは大きな間違いです。
「UVA」は曇りの日でも、窓ガラスごしでも皮膚の深くに浸透してきます。要注意です。

これらの紫外線から肌を守るには、やはり定番の「日焼け止め」です。
最近は中学生の女子の間でも「焼きたくない」という考えがあって、サラっとしたスプレータイプが人気のようです。

うちの娘も、朝、シュッシュやってます(笑)

その日焼け止めですが、よくわからない表示がありますよね?
「SPF」「PA]など・・・

SPFは、肌の表面に影響があるUVBをどのくらいガードできるか?の目安です。
PAは、肌の深いところに影響があるUVAをガードする目安となっています。

この数値が大きければ大きいほど良いような気がしますが、
日常生活であれば
SPF:20~30
PA:++~+++

で十分です。

ただ、たった2分間紫外線をあびただけで肌に影響があるようで「ちょっとだけ外に・・・」というときも
マメにシュッシュした方がいいようです。



【酸化(活性酸素)】
紫外線、ストレス、たばこ、不規則な食事などで、カラダに活性酸素が発生します
防止には「決まった時間に食事を」「ビタミンCを摂る」とされていて
ビタミンCは化粧品にも使われていますね。
最近は、お茶のカテキンなどのポリフェノールやビタミンEも良いとされています。



【乾燥】
保湿が大切です
化粧水だけではなく、乳液やクリームも使いましょう。



「20代がお肌の曲がり角」と言われますが本当なのでしょうか?

これは「本当」です。

皮膚の「ターンオーバー」という機能が衰えてくるためです。
ターンオーバーとは、皮膚が生まれ変わるはたらきの事で、これが働くから
若い時は多少日焼けしても、シミにもならずスグもどるのです。
ハリもあるし・・・・

こういった悩みに、最近は病院でもいろいろな方法を用意してくれています。
ざっとあげると、
■レチノイン酸・・・細胞の抵抗性をアップさせる
■ハイドロキノン・・・メラニン色素をつくる酵素の働きを抑える
■ヒアルロン酸・・・乾燥によるたるみに効果的
■ピーリング・・・肌が本来持っている力に手をかけて傷んだ肌を元の状態に戻す

一度「形成外科」「皮膚科」へ問い合わせてみるといいでしょう。



関連記事
タグ /

先頭へ戻る