ホーム » 離婚・夫婦関係 » 夫婦仲を改善する方法 その2

夫婦仲を改善する方法 その2

前回、夫のタイプ別に夫婦関係を良くする方法を考えました。

今回は残りの2つです。まずは、



■何も協力してくれない夫

とにかく家事、子育て、さらに人によっては仕事までこなさなきゃいけない奥さんは
「少しでいいから協力して」と思いますよね。
知り合いのパパを見ると、とても協力的でやさしく見え「なんでウチは・・」と落ち込む。


わたしの知り合いで、子育てにかなり積極的なパパさんがいました。
母親より母親らしいかも?と見えることもチラホラ・・・
「なんでそんなに子供のことできるの?」と聞いたことがあります。
「手をかけただけ可愛く思えるから」と言っていました。
なるほどね~と思いましたが、人によっては
「奥さんに怒られるからしょうがない」という考えで育児をしている旦那さんも多いようです。



いずれにしても、子どものことを色々とやってくれる訳ですが、
ここはひとつ、こう考えてはいかがでしょうか。
「一生懸命育てた分、大きくなったらパパよりわたしのことを信頼して慕ってくれる」
「子育てによって、自分も成長できている。一緒に育っていこうね♪」




一見、よさそうに見える他人の家も、実は色々な問題をかかえているものです。
悩みのない家庭など、おそらく一軒もないでしょう。なぜなら「人間」の集合体が「家庭」なのですから。
悩みのない生活をおくることは残念ながらムリなことです。受け入れながら生活していかなければならない生き物なのですね。人間は。



ただ、「ウソをつく」ことに関しては提案があります。
大事なのは「なぜウソをついたのか?」を考えてることです。



愛情が無くなったからウソをついたのでしょうか?
妻を裏切ろうと思ってウソをついたのでしょうか?



ウソをつかなくちゃいけない「理由」があったはずです。
感情的になっているときは、この「理由」を聞き入れる耳が持てません。
「思い込み」という感情に支配されてしまいます。
思い込まずに、事実を客観的に見て下さい。



たとえば、同じ出来ごとを友人から、あるいは、同僚から相談されたらどうでしょうか?
おそらく、今ほど感情的にはなっていないはずです。
客観的に、悪く言えば「人ごと」として聞けるはずです。



自分に起きた出来事も客観的に見られるようになると
今まで見えなかった「なにか」が見えてきます。
そうすると「視野」が広くなってきます。そして、心の「うつわ」が大きくなってきます。
そうなれば「人を許す」ことが自然とできるようになっていくものです。



■手が掛かり、自己中

これは、いわゆる威張りん坊ですね。

このタイプの男性は「精神的に大人になりきれていない」といえます。
もっと言えば、
自分の劣等感や思いどおりにならない気持ちを、自分より立場の弱い(夫の立場で)人に暴言などをぶつけて強がります。


おおむね社会的なコミニュケーション力に欠けている人も多いです。
いわゆる「家庭内暴力」へと発展してしまうこともあります。


このような夫は、精神的に奥さんに甘えている側面もかなりあります。
ですから、自分で判断させましょう。



どういう事かと言いますと、たとえば暴言を吐かれた時に
「いくら言ってもいいです。それはあなたの自由です。でも、今度言われたらわたしは部屋からでていきますね。」
つまり、言うか言わないかはまかせます。でも言ったら出ていくよ。
ということですね。



こうなると、夫は考えます。結局、奥さんがいなければ困ってしまいますので言い方を考えます。
そこが第一歩です。



ただし、言い方には気をつけて下さい。
上から「今度言ったら出てくよ!!」なんて怒りながら言ったら意味がありません。
逆切れされて終わりでしょう。
ここはグっとこらえて、努めて冷静に話してください。その方が効果があります。



関連記事
タグ /

先頭へ戻る