ホーム » 痛み » 頚腕症候群と肩こり

頚腕症候群と肩こり

頚腕症候群とは、首、肩、手にかけての痛みやしびれを引き起こす症候群のことで、さらに細かく分類できます。



■頚椎変形性脊椎症(けいついへんけいせいせきついしょう)
いわゆる”老化”による退行性の疾患。
首の骨の関節の間がせまくなることで神経の通るトンネルである椎間孔も変形で狭くなり、いわゆる狭窄状態がおきる。

頚椎の4~7番目に多く、肩甲部から上肢に放散性の神経痛、感覚がない、知覚麻痺、力がはいらないなどのほか、
めまい、耳鳴り 頭痛 視力低下なども引き起こす。



■前斜角筋症候群(ぜんしゃかくきんしょうこうぐん)
腕の神経は首(頚椎)から出ているが、この神経は束になって、前斜角筋のうしろを通り腕に行っている。
この通り道である第一肋骨付近で炎症がおこると、上肢のしびれや肩こりが起こってくる。



■肋骨鎖骨症候群(ろっこつさこつしょうこうぐん)
首から出て腕につながる神経の通り道が肋骨と鎖骨に挟まれるようにあるが、
ここは普通であれば圧迫などはない。
しかし、急に太ったり妊娠などで圧迫されて、肩こり、しびれ、冷感などが起こる。
時に疲れからくることもある。



■肩こり
筋肉の緊張、疲労からくるもので、細かい仕事、読書、パソコン、緊張状態が続く、などの時に肩こりを起こす。
また、以外に知られていないが、
動脈硬化症、高血圧、低血圧も原因となる。
枕の高さが原因という説もある。

さらに、寒い時は縮こまっって背中を丸めた姿勢になりがちで、これも血行が悪くなる。
意識して肩や首のストレッチを行いましょう。

頭痛の原因になるときも多く(筋収縮性頭痛)精神的なことも含めて疲れがたまると、
頭部の筋肉の血行も悪くなり、頭痛、目の痛みにあらわれてくる。

温めたり、マッサージ、電気治療、投薬(鎮静、鎮痛剤など)の治療がある。また鍼灸療法なども視野にいれたい。



関連記事

先頭へ戻る