ホーム » 痛み » 腕が上がらないのは五十肩?

腕が上がらないのは五十肩?

五十肩、四十肩とは、正式には「肩関節周囲炎」といい、突然の肩関節の激痛、違和感、が発生し、年齢的な変性や外傷などにより関節に炎症が起きる病気です。

五十肩(四十肩)の症状としては、腕を上げると肩が痛い・腕が上げられない・後にまわせない(エプロンのヒモを結ぶ動き)・肩が痛む、違和感があるという具合です。

他に腕や手が上がらないといった症状では
・結核性肩関節炎
・リウマチ性肩関節炎
・淋菌性肩関節炎
・変形性関節症
などが考えられます。




ちなみに、五十肩も四十肩も同じ意味で、別に「50代だから五十肩になる」という訳ではありません。50代に多いため総称してこう呼んでいるだけです。

ですから当然20代でもなります(少ないですが)

加齢による肩の組織の変化であったり、アレルギー性炎症や、肩に負荷をかけると発症しやすいといわれていますが、ハッキリとした原因は不明で、
レントゲン診断では、骨自体には以上はなく、まれに石灰沈着がみられます。

五十肩の決定的な治療方法はなく、とはいっても「治らない」というわけでもありません。

完治までに多少の時間はかかります(半年や一年はかかる方も多いです)が、基本的には時間がたてば自然に痛みはひいていきます。

また、初期の痛みの激しいときはステロイドとキシロカインの混合注射で劇的に良くなる場合があるので
整形外科で相談してみるといいです。

初期の急性期は痛みが激しく、腕をかかえこんでしまい、ちょってでも動くと激痛がともないます。安静を保ちます。
やがて、慢性期に入ると、痛みは引きますが肩の動きはまだ戻っていません。ですから、運動や体操などを行うのは、この時期で、むしろ積極的に動かしていきます。

腕や肩に痛みが出る似たような症状では、
腱板断裂(けんばんだんれつ)や、石灰腱炎(せっかいけんえん)などがあり、
どれも、突然の激痛、動かせない、痛んで眠れない。などの症状を訴えます。

たとえ似ていても、原因や治療方法は変わってきますから、整形外科などを受診して、診断を受け、
それにそった正しい治療を受けることが大切です。



関連記事

先頭へ戻る