ホーム » その他日記 » 手首に出っ張りが!?医者直伝のガングリオンを消す方法

手首に出っ張りが!?医者直伝のガングリオンを消す方法

以前から右の手首の甲側に、ぷっくりと出っ張りというか、”できもの”のような膨らみがあり気になっていた。

痛みは無く、押しても痛くない。でも気になる。左側には出来ていない。

整形外科へ行くと「ガングリオンだね」と言われた。

。。。。やはり予想通り

ガングリオンとは、手を使いすぎると手首付近にできる良性の腫瘍。
パソコンやら裁縫やら、手を使う仕事の人がなりやすい。

先生は「気にならないならほうっておいていいよ」と。

「気になるから来たのでお願いします」

「じゃあ、つぶそう」


先生が親指で強く押したとたん、ふくらみはアッというまに消えた。

不思議そうに見ていると、
「ゼリー状の物が袋の中にたまってそんなふうに出っ張ってくるんだよ。でも、また出るかもしれないよ。手を使っていれば」

「出ない方法はあるんですか?」

「かんたんな手術で袋ごと取り除く方法もあるけど、そこまでしなくても今みたいにつぶせばいいよ。やりかた教えるから」


以下、先生から教わった方法。

1:手首から先を下へ曲げる(手首を「く」の字に曲げる)

2:ガングリオンを両方の親指で押すが、上から押すのではなく、横へスライドさせるように押す(これがポイント)

3:プチッという感覚があり(ない時もある)つぶれる


ちなみに、この方法は病院でも使うきちんとしたやり方だが、一人で行うことは難しい。
男性に押してもらうのが理想。押す方の人は指先にかなりの力を要するからだ。

それでも、出っ張り(ガングリオン)が大きければ大きいほど弱い力ではつぶれる。それなら女性でも可能だ。
しかし、小さいガングリオンは難しいという。



※手首の出っ張りが、イコール、全てガングリオンとは限らないので、勝手に自己診断してしまわないように。整形外科で診てもらってくださいね。


関連記事
タグ /

先頭へ戻る