ホーム » ひとりごと » ケーブルテレビJ:COM解約に¥6,300 | 地デジを見るには?

ケーブルテレビJ:COM解約に¥6,300 | 地デジを見るには?

長年J:COMケーブルテレビを使っていたが解約することにした。
料金のやりとりも含めた、その一部始終。

(一番最後で、
知り合いの電気屋さんに聞いた【解約した後、自分で地デジを見る方法】も書いてます。)




■解約の理由(一戸建のテレビのみの契約)

  • チャンネルが面白くない

  • リモコンのチャンネルボタンのレスポンスが悪い(ネットサーフィンならぬチャンネルサーフィンの時にワンテンポ遅れて画面が表示されるのが我慢ならない)



解約後はアンテナを立てて視聴するので、知り合いの電気屋さんに来てもらい地デジの電波の強さを測ったら「かなり強いので大丈夫」とのこと。

さっそく工事をお願いし(J:COMを解約する前に)見られるようにしてもらった。

画面を確認すると、J:COMの装置を通していないためロスがないのだろう、画質が向上している。うれしい誤算♪


■当日までのJ:COMとのやりとり

J:COMへ電話して解約の申し出。

J:COMのサイトを確認すると、
「撤去工事が必要になります。工事が込み合う場合がございますので、ご解約の10日前までにはご連絡ください」とあるが、電話で解約を申し出たら3日後に来てくれるとう。

が、

はじめに出たオペレーターから、地域の営業所(?)へまわされ、
さらに「詳しいもの」にまわされ、
最後に解約手続きの部署へまわされ、
計4人と話すことに・・・


契約の時にこんなことやらないと思うけど「解約」となると手際が悪いのね。電話でも結構な時間待たされたなー。

また、
「月額料金」は日割りにはならず「月末までの料金が発生してしまうので今月末にひと月分¥3360が計上される」と。

まあ、仕方ない。。。。

仕方ないが、
解約に伴い、機器の撤去と電線の処理に¥6,300かかるという。
契約のときならまだしも、解約に¥6,300もかかってしまうのは決して気分が良いものではない。


なぜ、そんなにかかるのか聞くと「機材の撤去と、引いているアンテナの線(電柱の間を這っているあの線)の処理の手数料」とのこと。


う~ん。。。なんかな~ 騙されているような気分だけど・・・
とりあえず工事をお願いして、電話を切る。


■当日

当日の作業を見ていたら、「機器の撤去」は素人の自分でも出来るくらいの作業。

一方、電線の作業は素人ではムリ。やっぱり。

これで、¥6300也。


■自分で地デジを見る方法

後日、知り合いの電気屋さんに聞くと、ケーブルテレビ解約後は室内に置けるこちらの商品 ⇒受信機器(楽天市場)を使えば、地デジが見られるという。
(”窓ぎわ”に置くことが”コツ”らしい)

ただ、設置する住宅によって映りに差がある。

あなたの自宅が以下のような条件を満たしていれば、かなりの確率で地デジが見られる。

  1. 携帯電話などのワンセグを見られる

  2. 木造住宅である


それでも写らなければ、このような方法や
⇒設置ヒント 屋根裏編(アンテナの楽天レビュー)

ベランダのあるお宅はこんな方法もある
⇒設置ヒント ベランダ編(アンテナの楽天レビュー)
配線は、エアコンの穴から通すとラクラク♪

※環境によっては受信できない場合もあり
※集合住宅ではアンテナ等の設置を禁止している場合があるので事前に確認を!



ご参考にどうぞ^ ^



関連記事

先頭へ戻る