ホーム » ひとりごと » 一風堂のラーメン食べてみた

一風堂のラーメン食べてみた

近所の「一風堂」でラーメンを食べた。

基本、あまり外食をしない自分にとって、かなり珍しいことなのだ。
独身の時は色々食べたけど、結婚してからはもっぱら「家カフェ派」(ちょっと違う(^_^;)


というか、こういう有名なラーメン店って、何年ぶりなんだろう・・・
ラーメン自体は好きなのだけど、やっぱり「高い」でしょ?こういうお店って。
ラーメン一杯に千円近く出すのは・・・


まあ、それだけ手間がかかっているのは分かりますケド~


ちなみに一風堂は博多ラーメンです。


この日は数人で入ったので4つのメニューをとっかえひっかえ食べた。


一風堂原点の味。まろやか豚骨スープの
「白丸元味」

と、

その白丸をベースにコクと風味を追求した香油と辛みそスープの
「赤丸新味」

と、

中太麺で豚骨スープに魚介エキスを加えたつけダレの
「博多つけ麺」

あとは、

「博多ひとくち餃子」


一言でいえば「おいしかった」


自分の中での一番は「赤丸新味」かな。
濃厚なスープは全部飲み干したくなってしまう。
入っていたチャーシューは普通かな~


チャーシュー、もっとボリューム欲しい。
厚み、大きさ共に。
味は良い。


赤丸新味のあとに「白丸元味」を食べるとあっさりしすぎていて
ちょっと物足りない。。。


一方、
「博多つけ麺」であるが、期待しすぎたせいか、
これもわりと普通。


まあ、最近はスーパーなどで売っているつけ麺なども
かなり良い味出しているから、このような「魚介エキスダレ」はちょっと飽きたかな~


餃子は・・・・普通。
イヤ、おいしいけど。
でも、こういうお店で食べると、
口に入れる前にどうしても期待が大きくなってしまう。
だからかな。


なんか「普通」ばっかりだが、
正直、そういう感想だった。


でも、
テーブルに置いてある飲み放題の「ルイボスティー」が豚骨スープに非常に合う!
豚骨スープの味をスキッと消してくれ、次に食べるもののために
口中をリセットしてくれる。


これは意外な発見。


思わずレジで自宅用に買ってしまった。


でも「赤丸新味」はまた食べたい。


やっぱりラーメンは豚骨が一番好きだな~


次は「チャーハン」食べてみよ。



関連記事
タグ / 一風堂

先頭へ戻る