ホーム » その他日記 » クリスマスイルミネーション取り付け | センスが大切

クリスマスイルミネーション取り付け | センスが大切

そろそろクリスマスのイルミネーションの飾り付けをはじめていく。


「もう!」と思われるかもしれないが、大きなホームセンターへ行くと
入口付近の目立つ所に、すでに燦然と輝いている。


たしかに昔と比べると、クリスマス攻勢はかなり早まっていると思う。
おそらくクリスマスケーキなどのCMもそろそろだろう。


それが終わると「おせち」などお正月のCM・・・・
もう1年が終わってしまうのか・・・と、11月はじめになると考えてしまう。


話がそれたが、
イルミネーションの飾り付けは、毎年職場で行っている。
自宅はやらない。
ちっちゃなツリーをリビングにちょこんと。だけ。


職場のイルミは、毎年毎年増え続け
3~4年もすると、相当な数になっていく。


みんなそうなるらしいが、だんだんと麻痺していく。
最初は、少しの飾りでも「きれいだね」と満足している。
が、
他の飾り付けを見ては
「あれ、いいな~」と?買いたし、
イルミの売り場を見ては
「これいいな~」と買いたしで、


結局、相当な数になっていく。


ここで重要なのが「センス」


つまり、繁華街のネオンみたいにチカチカ下品になっては
台無しである。


数の多いイルミや置物をいかにセンスよく飾るか?
ここが勝負になっていいく。


逆に言えば
たとえ、かなりの数のイルミが付けてあっても
それが品の無い飾り付けになっていれば、内心、
「勝った!」と感じる。


関連記事

先頭へ戻る