ホーム » その他日記 » クリスマスイルミネーション飾り付け | 取り付けのコツ

クリスマスイルミネーション飾り付け | 取り付けのコツ

イルミネーション飾り付けは、やればやるほど上手くなる。
なんでもそうだが、コツみたいなものがつかめてくる。


いくつか挙げておきたい。


■下準備

必要な工具などをそろえておく。
飾っている途中で工具を取りに行くのは、かなりのロスになる。
今思いつくもので言うと、
脚立(はしご)、紐やロープ、針がね類、ペンチ、ニッパ、軍手など
必要なら、電源タップ(外に置くなら防水タイプを)、留守時のために電源タイマー。


■助手1人

飾りの全体のバランスを見るため。
せっせと取り付けて、遠くから見てみると、
イメージとかなり違っていることが多いもの。

この辺のバランス、配色をみてくれる人が必要。
まあ、
1人でハシゴを使って行ったり来たりして見比べてもいいが、
かなりの時間がかかってしまうことを覚悟で。


■電源の確保

外にコンセントのある場所ならいいが、
そうもいかない人も多いだろう。

この場合、どこかから電源を外に引っ張ってこないといけない。
今後のことも考えて余裕をもった数を引っ張っておきたい。

オススメなのは、エアコンの配管が通っている穴。
ここが粘土のようなもので埋めてあったらチャンス。
いったん粘土を取り外し、コードを通したら
丁寧に埋めておく。


■配色センス

ご存知のようにイルミは色々な色がある。

色々な色があるがゆえに、センスが問われるところ。
ここを失敗すると、通りがかりの通行人たちに失笑をかうし、
「どこの繁華街?」と嫌味の言われてしまいかねない。

だいたいの人はいきなり取り付けてしまうが
大切なのは事前の「設計図」

このイルミはここに。
この置物はここに。
と、
バランスを整えておくこと。

面倒かもしれないが、これをやるとやらないとでは
雲泥の差になってくる。


関連記事

先頭へ戻る