ホーム » その他日記 » クリスマスイルミネーションを長持ちさせる

クリスマスイルミネーションを長持ちさせる

イルミネーションの電源部分を外に露出させている場合、

防水加工されているとはいえ、
どうしても2年目、3年目になると
おそらくは、雨によるものだと思うが、
何かしらの不調がみられる。


「イルミのパターンが変わらなくなった」
「光がつかない」


など、
やはり毎日雨ざらしでは
仕方ない。


ただ、いくつか
防止策はある。


まずは雨対策。


うちの場合、
電源部分は相当な数になるので、
一か所に集めて

ガーデニング用の
ボールプランター(丸型)を
アイアンスタンドに置き
その中に電源コンセント類をまとめる。


その上から同じボールプランターをかぶせ
ふたをする感じに。


こうすると、
上からの雨もかなり防げるし、
雨水も穴からにげる。

さらに地上からも浮いているので
泥水まみれになることもない。


次に、
その電源ボールプランターのすぐわきに
人間が使うカサを立て、
雨よけに。


全て100均でそろうので、
予算的にもOK.


こうすることで、
寿命はかなり変わってくる。


関連記事

先頭へ戻る