ホーム » 痛み » 変形性膝関節症とその治療

変形性膝関節症とその治療

中高年の女性で、

「立ち上がる時に膝が痛い」
「歩き出すと大丈夫」
「正座できない」

などのひざの症状があるのなら、
それは変形性膝関節症かもしれない。


まずは整形外科へ行ってレントゲンを執るべきだが、
この症状で受診した人の多数は
膝の骨が変形して、
軟骨が減って
関節のすきまが狭くなってしまっている。


さらに水(関節内浸出液)もたまってしまうと、
さらにやっかいだ。


治療としては
温める温熱療法を基本とし、
大腿部の筋力強化、
簡単な固定装具の装着などがある。


膝にたまった水を抜くか抜かないかは、
ドクターにより異なり、


やたらと水を抜くドクターもいれば、
こちらからお願いしても「抜かない」と
断られるドクターもいる。


どちらにも主張があり、
どちらが正しいとも言えないのが現状。


根本的には、
体重を減らしてあげることが
かなりの効果が出る。


膝への負担を減らすためだ。


膝への負担を減らすと
すぐ痛みがおさまるわけではないが、
徐々に効いてくる。


しかし、
ほとんどの方が
「やせないのよね~」と訴える。


年齢とともに代謝が落ちるので
しかたないが、
やはり、
本気で治そうと思うなら
やはり体重を抑えるべきだ。


関連記事

先頭へ戻る